363件中 61 - 70件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た田中康夫

    田中康夫は、村上の小説には「『女の子は顔じゃないよ。心なんだよ』といった小説好きの女の子を安心させる縦文字感覚」があると述べ、エッセイに関しても「常に『道にポンコツ車が捨ててあったから、拾ってこようかと思った』という内容」 だと批判している。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た京都市

    村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た神の子どもたちはみな踊る

    1996年6月、「村上朝日堂ホームページ」を開設。1997年3月、地下鉄サリン事件の被害者へのインタビューをまとめたノンフィクション『アンダーグラウンド』刊行。それまではむしろ内向的な作風で社会に無関心な青年を描いてきた村上が、社会問題を真正面から題材にしたことで周囲を驚かせた。1999年、『アンダーグラウンド』の続編で、オウム真理教信者へのインタビューをまとめた『約束された場所で』により第2回桑原武夫学芸賞受賞。2000年2月、阪神・淡路大震災をテーマにした連作集『神の子どもたちはみな踊る』刊行。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た中央公論新社

    1981年5月、中央公論社より初めての翻訳書『マイ・ロスト・シティー フィッツジェラルド作品集』を刊行。1983年7月、レイモンド・カーヴァーの作品集『ぼくが電話をかけている場所』(中央公論社)を刊行。2004年7月、『レイモンド・カーヴァー全集』全8巻の翻訳を成し遂げた。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た真行寺君枝

    風の歌を聴け - 出演:小林薫、真行寺君枝、巻上公一、監督:大森一樹(1981年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た小林薫

    風の歌を聴け - 出演:小林薫、真行寺君枝、巻上公一、監督:大森一樹(1981年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た中公文庫

    熊を放つ(1986年5月 中央公論社、1989年・新版1996年 中公文庫 全2巻)*村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たザ・ドアーズ

    「用意された犠牲者の伝説 --ジム・モリソン/ザ・ドアーズ」(同1982年7月号)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た越川芳明

    越川芳明は、『1Q84』の書評で、「私にはこの小説は冗漫に感じられる。(中略)比喩やアナロジーやメタファーがばらばらに一人歩きしていて、有機的な機能を果たしていない」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たスコット・フィッツジェラルド

    村上は自身が特に影響を受けた作家として、スコット・フィッツジェラルド、トルーマン・カポーティ、リチャード・ブローティガン、カート・ヴォネガット、レイモンド・チャンドラーらを挙げている。このほかにフランツ・カフカ、ドストエフスキーらの作家も加わる。「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本」としてフィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、そしてチャンドラーの『ロング・グッドバイ』の3冊を挙げている。読売新聞で『1Q84』をめぐる記者との対談に於いて、後期ヴィトゲンシュタインの「私的言語」概念に影響を受けていたことを明かした。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

363件中 61 - 70件表示

「村上春樹」のニューストピックワード