298件中 81 - 90件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た畑中佳樹

    共訳:川本三郎、柴田元幸、畑中佳樹、斎藤英治村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た柘植光彦

    加藤典洋、川本三郎、清水良典らは村上を高く評価、それぞれ自著で村上の各作品を詳細に論じており、福田和也は『「内なる近代」の超克』で称賛し、『作家の値うち』では夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけ、『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた。内田樹は、多数の批判者を「村上春樹に対する集団的憎悪」と呼び、自著『村上春樹にご用心』の中で、村上を高く評価する一方で、蓮實重彦らに反論している。ほかに肯定派として竹田青嗣、柘植光彦らがいる。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た小谷野敦

    小谷野敦は、『ノルウェイの森』の「徹底批判」と称して、「巷間あたかも春樹作品の主題であるかのように言われている『喪失』だの『孤独』だの、そんなことはどうでもいいのだ。(…)美人ばかり、あるいは主人公の好みの女ばかり出てきて、しかもそれが簡単に主人公と『寝て』くれて、かつ二十代の間に『何人かの女の子と寝た』なぞと言うやつに、どうして感情移入できるか」 と述べている。小谷は、『ノルウェイの森』と村上春樹について、そのどちらかが2002年に東京大学で配布されたビラ「反白色テロル大連帯」におけるクリスマス、バレンタイン、ホワイトデーの「三大白色テロル」に加わえるべき「白色テロル」であると評している。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たドストエフスキー

    村上は1990年代後半より、しきりに「総合小説を書きたい」ということを口にしている。「総合小説」として村上はドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』を引き合いに出しているが、それは「いろいろな世界観、いろいろなパースペクティブをひとつの中に詰め込んでそれらを絡み合わせることによって、何か新しい世界観が浮かび上がってくる」 ような小説のことを言う。そして「パースペクティブをいくつか分けるためには、人称の変化ということはどうしても必要になってくる」 という意識のもとで、村上は「私」と「僕」の物語が交互に語られる『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、一人称の中に手紙や回想が挿入される『ねじまき鳥クロニクル』、すべて三人称で書かれた『神の子どもたちはみな踊る』、一人称と三人称が交互に現れる『海辺のカフカ』、三人称に「私たち」という一人称複数が加わる『アフターダーク』と、作品で人称の変化について様々な試みを行なっている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たトラン・アン・ユン

    ノルウェイの森 - 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、監督:トラン・アン・ユン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た竹田青嗣

    加藤典洋、川本三郎、清水良典らは村上を高く評価、それぞれ自著で村上の各作品を詳細に論じており、福田和也は『「内なる近代」の超克』で称賛し、『作家の値うち』では夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけ、『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた。内田樹は、多数の批判者を「村上春樹に対する集団的憎悪」と呼び、自著『村上春樹にご用心』の中で、村上を高く評価する一方で、蓮實重彦らに反論している。ほかに肯定派として竹田青嗣、柘植光彦らがいる。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た和田誠

    ポートレイト・イン・ジャズ (1997年12月 新潮社より書き下ろし)共著:和田誠村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た巻上公一

    風の歌を聴け - 出演:小林薫、真行寺君枝、巻上公一、監督:大森一樹(1980年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た小倉千加子

    上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子らは、『男流文学論』という文学批評において、村上の小説『ノルウェイの森』の主人公である男子大学生の人物像に否定的な見解を示している。渡辺みえこは、『ノルウェイの森』に登場するレズビアンの少女について、その描き方が差別的であると論じている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た加藤典洋

    加藤典洋、川本三郎、清水良典らは村上を高く評価、それぞれ自著で村上の各作品を詳細に論じており、福田和也は『「内なる近代」の超克』で称賛し、『作家の値うち』では夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけ、『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた。内田樹は、多数の批判者を「村上春樹に対する集団的憎悪」と呼び、自著『村上春樹にご用心』の中で、村上を高く評価する一方で、蓮實重彦らに反論している。ほかに肯定派として竹田青嗣、柘植光彦らがいる。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

298件中 81 - 90件表示

「村上春樹」のニューストピックワード