363件中 81 - 90件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見たルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

    村上は自身が特に影響を受けた作家として、スコット・フィッツジェラルド、トルーマン・カポーティ、リチャード・ブローティガン、カート・ヴォネガット、レイモンド・チャンドラーらを挙げている。このほかにフランツ・カフカ、ドストエフスキーらの作家も加わる。「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本」としてフィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、そしてチャンドラーの『ロング・グッドバイ』の3冊を挙げている。読売新聞で『1Q84』をめぐる記者との対談に於いて、後期ヴィトゲンシュタインの「私的言語」概念に影響を受けていたことを明かした。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た都甲幸治

    都甲幸治は、『風の歌を聴け』を「最も愛する小説の一つ」としつつも、「村上がどんなに政治的に正しい演説をし、リベラルな意見をエッセイで述べていても関係がない。村上の作品が性差別的であることは明白な事実だ」と指摘する。都甲は『女のいない男たち』の書評において「どうして村上作品は性差別的であるにもかかわらず、女性や、おそらく同性愛者たちからさえこれほどまでに愛されているのか」その謎を解明しようとする。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た島田裕巳

    島田裕巳は、『1Q84』の書評で、主人公・青豆が重要な場面にさしかかると証人会のお祈りをする点を取り上げ、「からだの方は組織から離れていても、こころの方はそうではない。そういう点まで踏み込んで、宗教のことを描いた小説というのは今まであまりなかったように思います」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たジョアン・チェン

    神の子どもたちはみな踊る - 出演:ジェイソン・リュウ、ジョアン・チェン、ソニア・キンスキー、監督:ロバート・ログヴァル(2008年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たブライアン・ジェラティ

    パン屋再襲撃 - 出演:キルスティン・ダンスト、ブライアン・ジェラティ、監督:カルロス・キュアロン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たアルフレッド・バーンバウム

    日本文学研究者、翻訳家(1941年 - )。村上の作品の主たる英訳者、アルフレッド・バーンバウム、ジェイ・ルービン、フィリップ・ガブリエルの3人のうちで、個人的にもとりわけ交流が深いのがルービンである。『ねじまき鳥クロニクル』の翻訳を、同作品がまだ『新潮』に連載中のときに村上本人から依頼を受けて行う。これまでに長編小説を4編(『1Q84』はBOOK1とBOOK2のみ)、短編小説を24編訳している。また2009年2月にイスラエルで行われたエルサレム賞授賞式の英文スピーチの英訳も行った。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た鴻巣友季子

    鴻巣友季子は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の書評で、「かつて村上の小説にうっすらあった自己批評性としたたかなユーモアはどこへ行ったんだろう? その謎の方が気になる」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た畑中佳樹

    and Other Stories―とっておきのアメリカ小説12篇(1988年9月 文藝春秋、共訳:川本三郎、柴田元幸、畑中佳樹、斎藤英治)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た柘植光彦

    柘植光彦は、『村上春樹の秘密 ゼロからわかる作品と人生』(アスキー・メディアワークス、2010年)という著書がある。肯定派として知られる。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たジム・モリソン

    「用意された犠牲者の伝説 --ジム・モリソン/ザ・ドアーズ」(同1982年7月号)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

363件中 81 - 90件表示

「村上春樹」のニューストピックワード