前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 金城龍彦

    金城龍彦から見た村中恭兵村中恭兵

    は開幕スタメンに名を連ね、4月1日の開幕第3戦となる対阪神戦で横浜DeNAベイスターズとしてのチーム第1号本塁打を放つ。9月14日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)にて村中恭兵からこの日2安打目となるヒットをセンター前へ放ち、通算1500本安打を達成。スタメンの機会は多かったが、代打での打率が3割越えを記録するなど、代打で結果を残すことが多かった。一方得点圏打率が.132に終わるなど、チャンスには極端に弱かった。結局、オフには40%ダウンの3000万円プラス出来高で契約更改を行った。金城龍彦 フレッシュアイペディアより)

  • 赤堀大智

    赤堀大智から見た村中恭兵村中恭兵

    には、イースタン・リーグ公式戦105試合に出場。打率は.230ながら、8本塁打、37打点を記録した。また、9月下旬からは一軍に昇格。同月30日の対東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)では、6回表に代打に起用されると、左腕投手の村中恭兵から二塁打を放って一軍初安打を記録した。赤堀大智 フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た村中恭兵村中恭兵

    4月18日の広島戦から同月23日の巨人戦まで5試合連続本塁打を放った。4月30日の対ヤクルト戦で、村中恭兵から横浜スタジアムのセンターバックスクリーンに本塁打を放つ。これが月間14本目の本塁打となり、1954年8月に青田昇が記録した月間13本塁打の球団記録を59年ぶりに塗り替えた。最終的には打率.333、41本塁打、136打点といずれも自己最高の成績を達成し、自身初の首位打者と2度目の打点王を獲得した。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 村中秀人

    村中秀人から見た村中恭兵村中恭兵

    高校時代の教え子であり東京ヤクルトスワローズの投手である村中恭兵とは苗字もさることながら左腕エースという共通点があるが、血縁関係は一切ない。村中秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山拓巳

    秋山拓巳から見た村中恭兵村中恭兵

    高校時代に通算48本塁打を記録したほどの強打者で、「伊予ゴジラ」と呼ばれていた。2年生の冬に腰を痛めてからは打撃が振るわず、本人が投手にこだわったことから、投手として阪神へ入団した。2年目からは、投手としての結果が出ないたびに、周囲から野手への転向を勧められていたという。阪神の投手として臨んだ一軍公式戦では、2010年9月12日の対ヤクルト戦で、先発投手の村中恭兵から7回裏に左前適時打を記録している他、2017年8月18日の対中日戦において伊藤準規からプロ初となる2ランホームランを放っている。秋山拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • 中西健太

    中西健太から見た村中恭兵村中恭兵

    、打力を生かすため捕手から外野手に転向した。外野手転向後は二軍で高い打率を残し、5月28日に初の一軍昇格を果たす。6月3日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、村中恭兵から第1打席で初安打、第2打席で初本塁打を記録した。第3打席でも適時二塁打を放ち、初猛打賞。その後も下位打線で一軍出場を続け、出塁率、長打率ともにチーム内では上位に入った。中西健太 フレッシュアイペディアより)

  • ら・ふらんす

    ら・ふらんすから見た村中恭兵村中恭兵

    ら・ふらんす フレッシュアイペディアより)

  • らふらんす

    らふらんすから見た村中恭兵村中恭兵

    らふらんす フレッシュアイペディアより)

  • ともちゃん家の5時

    ともちゃん家の5時から見た村中恭兵村中恭兵

    番組冒頭に行われていたコーナーで、県内の幼稚園や保育園の紹介と園児たち(クラス単位)に「ともちゃん家の5時、始まるよ!」と言ってもらっていた。2007年10月のリニューアル以前のタイトルコールをそのまま引き継いだコーナー。リニューアル前の2005年10月22日放送分では、東海大甲府高の村中恭兵投手(同年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズに1巡目指名された)など、園児以外がタイトルコールをする場合もあった。ともちゃん家の5時 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見た村中恭兵村中恭兵

    10月25日 - 村中恭兵(神奈川県、野球)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示