26件中 11 - 20件表示
  • 水野祐希

    水野祐希から見た村中恭兵村中恭兵

    チームメイトでドラフト同期の村中恭兵と仲が良く、ヤクルト公式ホームページのプロフィールでは「好きなタイプ・タレント」の項目に冗談でお互いの名前を記入している。水野祐希 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見た村中恭兵村中恭兵

    10月25日 - 村中恭兵(神奈川県、野球)1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見た村中恭兵村中恭兵

    の開幕直後は中日と首位を争うが、5月に6勝15敗と大きく負け越す。交流戦では10連敗を記録、交流戦最下位となった。後半戦では2位の中日に9.5ゲーム差ながらも広島との3位争いを制する。CSでは毎試合1点しか取れず、中日に1勝2敗と敗退。特に第3戦では先発の村中恭兵を無失点にもかかわらず5回途中で降板させた采配がOBの評論家から酷評された。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た村中恭兵村中恭兵

    は外野手登録となったが、狩野自身は捕手と両立することを希望し、実際にブルペンに入って投手陣の投球を受けることもあった。手術明けのため春季キャンプは二軍スタートながらオープン戦から一軍に昇格していたが、程なくしてヘルニアが再発し、チームを離脱したが8月26日に1軍シーズン初登録された。さらにその日の対ヤクルト戦で5回裏に村中恭兵からシーズン初安打・初打点となる2点勝ち越し打を放ち甲子園球場でのお立ち台に立ったものも、シーズンを通した1軍出場数は10試合にとどまった。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県営あづま球場

    福島県営あづま球場から見た村中恭兵村中恭兵

    2011年7月29日にもヤクルト対巨人15回戦が開催された。試合は青木宣親が1号本塁打を放ち、投げてはヤクルト先発の村中恭兵がプロ入り初完投を初完封で飾る好投を見せ、ヤクルトが2-0で勝利した。なお同年は前述の開成山球場でも6月に巨人主催で2試合が開催され、結局同年シーズンは福島県内で同カードが計3試合開催された。福島県営あづま球場 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見た村中恭兵村中恭兵

    2012年5月に構想8年、製作2日のシングルCD『つば九郎音頭?おとなのじじょう?』でCDデビューを果たした。ただし、「おとなのじじょう」から本人は歌わず、歌:つば九郎の仲間たちとクレジットされている。また、村中恭兵、増渕竜義、由規、赤川克紀の「ドラ1四兄弟」が友情出演として合いの手を担当した。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 10月25日

    10月25日から見た村中恭兵村中恭兵

    1987年 - 村中恭兵、プロ野球選手10月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た村中恭兵村中恭兵

    【NPB】DeNA外野手の金城龍彦が対ヤクルト20回戦(神宮球場)7回表、村中恭兵から中前打を放ち、プロ野球史上112人目となる通算1500安打を達成した。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た村中恭兵村中恭兵

    2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、飯原誉士、青木宣親、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵、押本健彦、松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ・広島東洋カープとクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た村中恭兵村中恭兵

    ロッテは1点ビハインドのこの回、一死無走者から里崎が四球を選んで出塁したのを皮切りに、南竜介の左前安打から連打攻勢がスタート。代打青野毅が中前安打で満塁とすると、西岡剛の遊撃と左翼の間に落ちる2点適時打で逆転に成功、ヤクルト先発の村中恭兵をKOした。さらに今江も安打で続き、井口の内野適時打で1点を追加。続けて金泰均が15号満塁、サブローも10号ソロと2者連続で本塁打を放ち、再び打順が回ったフアン・ムニスが二塁打で出塁すると、里崎も8号2ラン本塁打を放ち前年に続いて10連続得点を達成。そして南がこの回2本目の中前安打を放って10者連続安打の新記録を達成した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示