47件中 11 - 20件表示
  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た中日ドラゴンズ

    、手薄な先発左腕を担うことを期待され、2年ぶりの一軍キャンプスタートとなった。キャンプでは前年のプレ日本代表時に目をかけていた星野仙一からも「後は精神面」だけ、と激励を受けている。期待に応えて先発ローテーション入りし、初の開幕一軍を勝ち取った。4月4日の中日戦で7回1失点8奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた。5月3日巨人戦で9回1死まで無安打に抑える好投をしたが、亀井義行に二塁打を打たれ、快挙達成はならなかった。8月末に検査を受け左ひじ内側側副靱帯損傷と診断、しばらく投球を禁止し静養、患部の回復経過を見て手術は回避となった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た東京ヤクルトスワローズ

    村中 恭兵(むらなか きょうへい、1987年10月25日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た阪神タイガース

    、3月28日、東京ドームで行われた巨人との開幕3戦目に先発し、巨人打線から11奪三振を記録し、巨人戦勝利を収めた。そして、4月18日、坊っちゃんスタジアムで行われた巨人との5回戦にも先発登板。巨人打線から12個の三振を含め、7回まで無安打に抑えた。そのため、チームから新巨人キラーに任命された。巨人戦では3勝1敗、中日戦では4勝1敗と相性が良かった反面、阪神戦では0勝3敗と相性が悪かった。11勝を挙げ防御率3.44、奪三振は前田健太に次ぐリーグ2位と飛躍のシーズンになったが、与四球数はワースト2位、暴投数はリーグ最多と制球力は改善されておらず好不調の波があり10敗を喫し完投も0と課題も残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た辻内崇伸

    2005年高校生ドラフト1巡目で、東京ヤクルトスワローズに指名された。結果としては単独指名となったが、プロ全12球団から調査書が届いていた。担当スカウトの鳥原公二が「辻内が『剛』なら、村中は『柔』。器用でコントロールが良く、将来性は十分」と評するなど、即戦力ではなく素材として高評価が集まっていた。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見たGENERATIONS from EXILE TRIBE

    「ANIMAL」GENERATIONS from EXILE TRIBE(2013年)村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た村中秀人

    2003年に東海大甲府高校に進学、村中秀人監督の下でプレー。その年の夏に、夏の甲子園に出場したが、村中はベンチ入りしたのみで登板はなかった。同校は2004年にも甲子園に出場しているが、村中は高校2年時の夏は故障明けで、ベンチからも外れている。2年秋からエースを務めたが、3年夏の山梨県大会では三回戦でその年県代表となった日本航空高校に敗れた。結果として村中本人は、甲子園での登板はならなかった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た鳥原公二

    2005年高校生ドラフト1巡目で、東京ヤクルトスワローズに指名された。結果としては単独指名となったが、プロ全12球団から調査書が届いていた。担当スカウトの鳥原公二が「辻内が『剛』なら、村中は『柔』。器用でコントロールが良く、将来性は十分」と評するなど、即戦力ではなく素材として高評価が集まっていた。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見たパティシエ

    父村中昭文は相模原市内に洋菓子店「ら・ふらんす」を2店舗構える有名なパティシエである。そのため村中本人もプリンが大好物で、初勝利の際にコメントを求められた父が「オフに特別なプリンを作る」ことを約束している。また2010年のファン感謝デーでは父の店のプリンを600本限定で販売した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た全国高等学校野球選手権山梨大会

    2003年に東海大甲府高校に進学、村中秀人監督の下でプレー。その年の夏に、夏の甲子園に出場したが、村中はベンチ入りしたのみで登板はなかった。同校は2004年にも甲子園に出場しているが、村中は高校2年時の夏は故障明けで、ベンチからも外れている。2年秋からエースを務めたが、3年夏の山梨県大会では三回戦でその年県代表となった日本航空高校に敗れた。結果として村中本人は、甲子園での登板はならなかった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た広島東洋カープ

    、開幕から1軍メンバーとなり、中継ぎを務める。ケガなどで先発投手が手薄の中、6月30日の広島戦(マツダ)で今季初の先発投手を務め、5回2失点で自身2年ぶりの先発での勝利投手となる。なお、この勝ち星で、交流戦から続いていた広島の連勝を11でストップさせた。この年は52試合に登板し、7勝3敗6ホールド、防御率3.90という成績を残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示