1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示
  • 村中恭兵

    村中恭兵から見たセーブ

    、キャンプから二軍スタート。徐々に球威を増し、8月には北京プレオリンピック野球日本代表に選ばれた。一軍登板はならなかったが、オフにはハワイ・ウィンターリーグへ派遣され、リーグでは3勝1敗2セーブ 防御率2.00という好成績を残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た東京ドーム

    、3月28日、東京ドームで行われた巨人との開幕3戦目に先発し、巨人打線から11奪三振を記録し、巨人戦勝利を収めた。そして、4月18日、坊っちゃんスタジアムで行われた巨人との5回戦にも先発登板。巨人打線から12個の三振を含め、7回まで無安打に抑えた。そのため、チームから新巨人キラーに任命された。巨人戦では3勝1敗、中日戦では4勝1敗と相性が良かった反面、阪神戦では0勝3敗と相性が悪かった。11勝を挙げ防御率3.44、奪三振は前田健太に次ぐリーグ2位と飛躍のシーズンになったが、与四球数はワースト2位、暴投数はリーグ最多と制球力は改善されておらず好不調の波があり10敗を喫し完投も0と課題も残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見たマツダZoom-Zoomスタジアム広島

    、開幕から1軍メンバーとなり、中継ぎを務める。ケガなどで先発投手が手薄の中、6月30日の広島戦(マツダ)で今季初の先発投手を務め、5回2失点で自身2年ぶりの先発での勝利投手となる。なお、この勝ち星で、交流戦から続いていた広島の連勝を11でストップさせた。この年は52試合に登板し、7勝3敗6ホールド、防御率3.90という成績を残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た松山中央公園野球場

    、3月28日、東京ドームで行われた巨人との開幕3戦目に先発し、巨人打線から11奪三振を記録し、巨人戦勝利を収めた。そして、4月18日、坊っちゃんスタジアムで行われた巨人との5回戦にも先発登板。巨人打線から12個の三振を含め、7回まで無安打に抑えた。そのため、チームから新巨人キラーに任命された。巨人戦では3勝1敗、中日戦では4勝1敗と相性が良かった反面、阪神戦では0勝3敗と相性が悪かった。11勝を挙げ防御率3.44、奪三振は前田健太に次ぐリーグ2位と飛躍のシーズンになったが、与四球数はワースト2位、暴投数はリーグ最多と制球力は改善されておらず好不調の波があり10敗を喫し完投も0と課題も残した。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た福島県営あづま球場

    初完投勝利・初完封勝利:2011年7月29日、対読売ジャイアンツ15回戦(福島県営あづま球場)、3安打2与四球3奪三振村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」

    、4月に3勝をマークするなど好調な滑り出しで2010年以来となる二桁勝利と規定投球回数に到達し、リーグ最多タイの2完封をマークした。規定投球回数到達者の中では両リーグワーストとなる防御率3.88を記録したが先発ローテーションを守り、WHIP1.49を記録。先発登板で勝利投手となった成績が防御率1.30・WHIP1.11に対し、同じく敗戦投手となった成績が防御率9.17・WHIP2.27と、投球の不安定さが目立ったシーズンとなった。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た第85回全国高等学校野球選手権大会

    2003年に東海大甲府高校に進学、村中秀人監督の下でプレー。その年の夏に、夏の甲子園に出場したが、村中はベンチ入りしたのみで登板はなかった。同校は2004年にも甲子園に出場しているが、村中は高校2年時の夏は故障明けで、ベンチからも外れている。2年秋からエースを務めたが、3年夏の山梨県大会では三回戦でその年県代表となった日本航空高校に敗れた。結果として村中本人は、甲子園での登板はならなかった。村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
47件中 41 - 47件表示