前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た村山弘義村山弘義

    6月21日、相撲協会は外部の第三者による特別調査委員会(委員長は伊藤滋・東大名誉教授(日本相撲協会外部理事)、委員に吉野準・元警視総監(日本相撲協会監事)、村山弘義・元東京高等検察庁検事長(日本相撲協会外部理事)が就任。さらに、野呂田芳成前衆議院議員(元農林水産大臣)ほか外部有識者を委員に招聘)を設置、一連の処分内容を判断する権限を与えることを発表する。これを受け、武蔵川理事長が会見にのぞみ、名古屋場所の開催中止の可能性を示唆しており、開催については特別調査委員会の報告が7月4日に行われる理事会ではかられることになった(のちに前倒しになっている。後述)。自己申告すれば厳重注意で済ませるとした方針を変更したことも述べており、理由として、これほど大勢の人間が賭博に関わっていたのは想定外だったとしている。なお、理事長の進退問題についてはその時点では取らないとしていた。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 堀口勝正

    堀口勝正から見た村山弘義村山弘義

    堀口は、則定の後任の東京高検検事長に擬されたが、上記の発言が報じられたために、小渕内閣の官房長官として絶大な政治力を有していた野中広務らが反対し、堀口の東京高検検事長就任は実現せず、名古屋高検検事長の村山弘義がワンポイントで就任した。村山が、1998年4月から同年12月まで東京高検検事長を8ヶ月務めた後、原田明夫が後任となった。原田は、同職を7ヶ月務めて、1999年7月に検事総長に就任した。堀口勝正 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌高等検察庁

    札幌高等検察庁から見た村山弘義村山弘義

    村山弘義(1997年6月〜1998年6月 名古屋高等検察庁検事長)札幌高等検察庁 フレッシュアイペディアより)

  • 東京高等検察庁

    東京高等検察庁から見た村山弘義村山弘義

    村山弘義 (1999年4月?1999年12月、名古屋高等検察庁検事長、退官)東京高等検察庁 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の相撲

    2012年の相撲から見た村山弘義村山弘義

    1月31日 - 日本相撲協会の伊藤滋、村山弘義外部理事、吉野準外部監事が任期満了により退任。2012年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲八百長問題

    大相撲八百長問題から見た村山弘義村山弘義

    2011年3月9日、協会は大相撲八百長問題の再発防止策を協議するため、元文相の島村宜伸を委員長、協会副理事長の村山弘義を座長とする8名の構成による大相撲新生委員会くを設置した。八百長再発防止策として、(1)監察委員会の強化、(2)支度部屋の秩序、規律保持の強化、(3)内部告発の窓口としてのホットライン設置、(4)故意による無気力相撲懲罰規定の適用拡大(5)親方衆への指導・研修、(6)力士への指導・教育の6項目の基本対策をまとめ、再発防止への具体的な検討を行うことにした。大相撲八百長問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た村山弘義村山弘義

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では執行部(事業部長)として、また弟子の野球賭博関与の監督責任で、名古屋場所謹慎の処分となる。場所中に入院した武蔵川理事長から場所後の理事長代行の指名を受けていたが、賭博問題を受けて発足した特別調査委員会の山口弘典の暴力団への維持員席のチケットが渡ったとされる問題で、山口の委員就任前に報告を受けながら黙認したことが問題となり、代行は場所中に努めた外部理事の村山弘義がそのまま務めることになった。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

  • 原田明夫

    原田明夫から見た村山弘義村山弘義

    盛岡地方検察庁勤務時に新渡戸稲造の思想にふれ感銘を受け、司法、検察の中枢に身をおきながら、新渡戸研究を続けてきた。則定衛が東京高検検事長を任期途中で辞任したことにより、堀口勝正の代替として名古屋高検検事長から村山弘義がそのイスに座ったが、検事長定年制により、予想より早く原田に東京高検検事長の座が回って来た。そのため、検事総長在任も異例の3年に及んだ。また法務事務次官当時、政党行脚に出て、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の成立に尽力した。原田明夫 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た村山弘義村山弘義

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では、弟子の雅山が野球賭博に関与したために特別調査委員会から謹慎処分を受け、本人もその監督責任として特別調査委員会から同年7月4日から25日までの謹慎を勧告されたため、村山弘義に謹慎期間中における理事長代行を委嘱した。同年7月19日には高血圧で入院していたことが判明し、その後も胃癌の手術を受けて理事長職への復帰の見通しが立たなかったため、当初の委嘱期間が終了して以降も村山がそのまま理事長代行を務めた。同年8月5日に理事長職へ復帰したものの、同年8月12日に行われた臨時理事会で正式に理事長辞任を表明し、後任には放駒親方(元大関・魁傑)が選出された。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た村山弘義村山弘義

    2010年(平成22年) - 2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍時代が暴行事件の責任で朝青龍が引退したことで終わる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、さらに7場所連続優勝などの記録を更新した。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1046勝目をあげた。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象がおきて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本人力士の幕内最高優勝が長らく途切れていて、2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退して以来日本人横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計8人の中で日本人横綱が3人(旭富士正也・貴乃花光司・若乃花勝)と、5人(曙太郎・武蔵丸光洋・朝青龍明徳・白鵬翔・日馬富士公平)が外国出身の外国人横綱である。平成 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示

「村山弘義」のニューストピックワード