前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 星稜高等学校

    星稜高等学校から見た村松有人村松有人

    年末の終業式にはプロ野球選手を中心に、その年に活躍(所属チームの優勝や個人タイトルの獲得)したOBが来校し後輩を激励する。(松井秀喜は1996年、1998年、2000年に来校。村松有人は1996年、1999年に来校。)この模様は石川県のみならず全国のニュースで放送されるときもある。星稜高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た村松有人村松有人

    序盤からチームが低迷し、4月23日に石毛は解任された。代わってコーチを務めていたレオン・リーが監督に就任したが、前年とは対照的に打撃陣は好調であったが投手陣が大きく崩壊し、対ダイエー戦では20失点以上を6月から9月にかけて毎月に計4度記録するなど、日本プロ野球史上最多の927失点(自責点818点)、チーム防御率も5.95を記録。48勝88敗4分、最終的な借金が40と大惨敗であった。球団史上初の連続最下位となり、レオンが引責辞任。レオンの後任監督にはこの年まで西武の監督だった伊原春樹。このオフ、ダイエーからFAで村松有人を、阪神からムーアを獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 柴原洋

    柴原洋から見た村松有人村松有人

    、:脇腹痛で開幕に間に合わず、1番・センターには打撃改造で復活した村松有人が定着していたため、8番・ライトに回る。しかし腐ることなく存在感を発揮し、8月には骨折した村松に替わって1番に復帰。自己最高の打率.333、53打点を記録。ダイハード打線の脇を固め、リーグ優勝、日本一に貢献。3度目のゴールデングラブ賞に選ばれた。柴原洋 フレッシュアイペディアより)

  • ミックスモダン打線

    ミックスモダン打線から見た村松有人村松有人

    基本的には、2005年に監督を務めた仰木彬の「猫の目打線」の流れを引き継いでいるが、清原・中村紀洋・外国人を中心にして、前年規定打席不足に終った北川・谷佳知や塩崎真・村松有人による固定オーダーを組み、さらに水口栄二・後藤光尊・阿部真宏・日高剛・的山哲也などが脇を固めるという構想であった。ミックスモダン打線 フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニコースキー

    クリストファー・ニコースキーから見た村松有人村松有人

    初登板:2007年3月24日、対オリックス・バファローズ1回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、9回表1死に5番手で救援登板、村松有人に適時内野安打を許し降板クリストファー・ニコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 桐村萌絵

    桐村萌絵から見た村松有人村松有人

    ダイエー選手の中では村松有人のファンであった(2002年当時)。桐村萌絵 フレッシュアイペディアより)

  • 第72回全国高等学校野球選手権大会

    第72回全国高等学校野球選手権大会から見た村松有人村松有人

    村松有人(星稜?ダイエー?オリックス?ソフトバンク)第72回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た村松有人村松有人

    はそれまで打撃に関してはやや非力だった村松有人が打ち出したため、レギュラーの座は明け渡したものの、左投手用の代打や守備要員として一軍に定着する。後半戦は村松が怪我のためその間の代役も果たした。阪神タイガースとの日本シリーズでも、1番・ライトとして先発出場した。持病のヘルニアに悩まされ、満足にバットを振れない中、それなりに自分の地位を獲得してきたが、には大村直之のFA入団、同期の宮地克彦の活躍により、開幕ベンチを失う。5月に一度一軍に上がったものの、5月19日の福岡ドームでの古巣・巨人戦における右翼守備で、二岡智宏の打球にダイビングキャッチを試みた際、ボールを蹴ってランニングホームランにしてしまうという失態を犯してしまい、9月まで一軍には呼ばれなかった。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た村松有人村松有人

    12月12日 - 村松有人(石川県、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 寺村友和

    寺村友和から見た村松有人村松有人

    ロッテ時代の1999年8月31日(対ダイエー戦)で、村松有人の強烈なピッチャー返しを捕球した際にボールがグラブに挟まって取れなくなったため、グラブごとそのまま一塁手の初芝清に投げ、打者をアウトにするという好プレーを見せた。寺村の好判断もさることながら、投げたグラブを抱きかかえるようにキャッチした初芝も素晴らしかったと言える。寺村友和 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示