63件中 11 - 20件表示
  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た村松有人村松有人

    12月12日 - 村松有人(石川県、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷部健一

    鳥谷部健一から見た村松有人村松有人

    初奪三振:2002年4月13日、対福岡ダイエーホークス2回戦(西武ドーム)、10回表に村松有人から鳥谷部健一 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀英彦

    古賀英彦から見た村松有人村松有人

    帰国後は叔母のツテを頼って大洋ホエールズの打撃投手兼通訳(1973年 - )を務める。に太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だったから3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。ハワイ・ウィンターリーグ球団のコーチ・監督を経て、からは旧知の仲である専務の根本陸夫の要請で福岡ダイエーホークスに復帰。ヘッドコーチ、二軍監督を務め、松中信彦や吉武真太郎らを育てたほか、外国人選手の通訳、外国人の世話係を兼務した(まで)。にはアメリカ独立リーグのウエスタン・ベースボール・リーグに加盟するソノマカウンティ・クラッシャーズでティム・アイルランドが監督の下、ケビン・ミッチェルと共にベンチコーチを務めた。なお、ホークス時代一緒に在籍していた佐々木誠も選手としてプレーしていた。からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務めて同年オフ、ボビー・バレンタイン監督の退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た村松有人村松有人

    10月31日 - ソフトバンクの大村直之とオリックスの村松有人の交換トレードの合意を発表2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た村松有人村松有人

    7月7日 - オリックスの村松有人が対楽天戦でNPB史上153人目の通算1500試合出場2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た村松有人村松有人

    9月28日 - ソフトバンクは村松有人の今季限りでの現役引退を発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た村松有人村松有人

    10月28日 - ソフトバンクは来季のコーチ陣を発表。二軍監督に石渡茂、二軍内野守備走塁コーチに稲嶺誉、三軍外野守備走塁コーチに村松有人が就任2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 肉体的援助

    肉体的援助から見た村松有人村松有人

    2017年5月19日、埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークス戦(メットライフドーム) - 4回表ソフトバンクの攻撃、二死二塁の場面。打者の中村晃がライト前ヒットを放った際、二塁走者アルフレド・デスパイネは三塁を蹴って一気に本塁に向かおうとしたが、三塁コーチの村松有人はストップの指示を出す。そして村松は走ってくるデスパイネをよけようとしたが、結果的に三塁線上で2人は接触してしまった。この際の村松の行為が肉体的援助と判断され、デスパイネにアウトが宣告された。肉体的援助 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た村松有人村松有人

    10月15日 - 【国際】NPBは代表チームのコーチ陣を発表。ヘッドコーチに奈良原浩、投手コーチに鹿取義隆、打撃コーチに稲葉篤紀とアマチュア日本代表の小島啓民、バッテリーコーチに矢野燿大、内野守備走塁コーチに仁志敏久、外野守備走塁コーチに村松有人がそれぞれ就任。2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た村松有人村松有人

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「村松有人」のニューストピックワード