52件中 11 - 20件表示
  • 宮地克彦

    宮地克彦から見た村松有人村松有人

    はひざの故障が原因で出場機会が激減。オフには若返りを図るチームの構想から外れ、戦力外通告を受ける。現役続行を目指して、横浜ベイスターズ・大阪近鉄バファローズ・千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けるも不合格。12球団合同トライアウトにも参加したが、獲得球団はなかった。台湾行きの意思を固めていたが、主力外野手・村松有人をFA移籍で失った福岡ダイエーホークスが獲得に名乗りを上げ、ダイエーにテスト入団。シーズン途中からライトのレギュラーに定着。規定打席未到達ながら打率.310の好成績を残し、プレーオフでも先発出場を果たした。宮地克彦 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハード打線

    ダイハード打線から見た村松有人村松有人

    2003年シーズン直前、長年4番を務めていた小久保裕紀が右膝靭帯を断裂し、全治1年の大怪我で離脱をしたことが思わぬ効果を呼ぶ。5番を打っていた松中信彦が4番となり、走力を備えた井口資仁がその前を打ち、城島健司が5番、2番を打っていた中距離打者ペドロ・バルデスが6番に下がる事で理想的なジグザグ打線が完成する。村松有人と川?宗則が1、2番に固定され、3番井口と共にいずれも30盗塁(村松が32盗塁、川崎が30盗塁、井口が42盗塁)を達成しパ・リーグの上位を独占するなど、理想的な上位打線が出来上がる。その結果3?6番の井口、松中、城島、バルデスは揃って100打点以上を記録し、プロ野球史上初の100打点カルテットを形成。この4人に加えて村松と柴原洋が打率3割を超えたことで、プロ野球史上初めて一チームから6人の3割打者を出した。ダイハード打線 フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た村松有人村松有人

    2004年、村松有人の退団に伴い、出場機会が増加。6月22日の対日本ハム戦では、1点を勝ち越された10回裏2死に横山道哉から、プロ入り初のサヨナラ打を逆転サヨナラ適時打で飾った。夏場には主に1番センターを任され、74試合に出場。打率こそ.213と振るわなかったが、3本塁打を記録。この内訳は、2本塁打は大阪ドームの近鉄戦で記録したものであり、7月22日の対西武戦では初回先頭打者本塁打を放っている。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 松本市野球場

    松本市野球場から見た村松有人村松有人

    2003年7月1日に開催された横浜ベイスターズ対ヤクルトスワローズ15回戦でヤクルト・稲葉篤紀が史上56人目のサイクルヒットを達成した。5回まででの達成(4打席)は史上最速で、降雨コールドゲームでの達成も史上初。稲葉は「信じられない。狙って打てるもんじゃないから」と笑顔を見せ、打撃コーチの八重樫幸雄は「リーチ一発ツモ、それも四暗刻単騎待ちだな」と麻雀になぞらえて喜んだ。また同日、大阪ドームで開催された大阪近鉄バファローズ対福岡ダイエーホークス16回戦でも福岡ダイエー・村松有人がサイクル安打を達成した(史上57人目)。同日に2選手がサイクル安打を達成したのも史上初めてのことだった。松本市野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た村松有人村松有人

    はバットを投手方向に極端に傾ける打撃フォームに改造して簡単に三振せず出塁率が向上し、6月まで後藤が務めていた遊撃手のポジションを取り返した。前半戦は打率4割を維持し、後半戦になるとオリンピックや主力選手の故障などもあり村松有人と3番・4番を打ち、規定打席には届かなかったものの打率.341を記録。得点圏打率は4割を超えた。チーム事情で頻繁に守備位置が変わり遊撃手43試合、二塁手17試合、三塁手11試合、指名打者3試合でスタメン出場した。また、球団合併によりブルーウェーブとして最後の一軍公式戦で4番に座り、「ブルーウェーブ最後の4番打者」となった。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿取義隆

    鹿取義隆から見た村松有人村松有人

    5月6日の対ロッテ戦で救援勝利を挙げて通算80勝130Sとなり、当時の日本記録だった江夏豊の210SPに並び、5月16日の対日本ハム戦で通算81勝目を挙げて新記録を樹立した。は開幕を二軍で迎え、ヒザの悪化などもあって本来の球威が戻らなかった。同年の西武球場最終戦となる10月5日の対ダイエー戦の先発が引退登板となり、同じく引退する郭泰源に続く二番手としてマウンドに上がった。この試合では二番・村松有人に三塁打を打たれてそのまま降板している。最終的に西武では、巨人時代の45勝29敗58セーブを上回る46勝17敗73セーブの記録を残した。現役通算では19年間で755試合に登板し、延べ5,282人の打者と対戦して91勝46敗131セーブ、防御率2.76の成績だった。鹿取義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀聡

    高橋秀聡から見た村松有人村松有人

    初奪三振:同上、1回表に村松有人から高橋秀聡 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た村松有人村松有人

    この分配ドラフトで川越英隆、谷佳知、村松有人、塩谷和彦 (以上オリックス)、岩隈久志、中村紀洋、水口栄二、北川博敏(以上旧近鉄)らのオリックスへの入団、川尻哲郎、小池秀郎、高村祐、吉田豊彦、星野おさむ、礒部公一(以上旧近鉄)、金田政彦、谷中真二、小林宏、大島公一(以上オリックス)らの楽天への入団が決定した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 迎祐一郎

    迎祐一郎から見た村松有人村松有人

    には外野手のレギュラーである谷佳知、村松有人がアテネオリンピック野球日本代表としてチームを離れた際に出場機会が大幅に増えて44試合に出場。プロ初本塁打を含む打率.267、5本塁打、4盗塁を記録してレギュラー候補に名を連ねる活躍を見せた。迎祐一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 竹岡和宏

    竹岡和宏から見た村松有人村松有人

    初奪三振:同上、9回表に村松有人から竹岡和宏 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示