63件中 21 - 30件表示
  • 大村直之

    大村直之から見た村松有人村松有人

    は開幕から足の故障で出遅れ、その後の回復も万全ではなく、指名打者や代打としての起用が多かった。試合終盤には戦況に関わらず代走や守備要員を送られることも多くなった。打順も2番や9番まで流動的で、6年ぶりに右翼手として出場することもあった。同年10月31日に、村松有人との交換トレードでオリックス・バファローズへ移籍。(交換相手となった村松は元ダイエー(現・ソフトバンク)所属選手で、「互いにFA移籍時の古巣球団(移籍元の球団)へのトレード」とも報道されたが、オリックス・バファローズの球団史においてはオリックス・ブルーウェーブが直系前身球団とされており、大阪近鉄バファローズは傍系前身球団という扱いとなっているため、大村に関しては正確には古巣球団へのトレードではないことになる)大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 松本市野球場

    松本市野球場から見た村松有人村松有人

    2003年7月1日に開催された横浜ベイスターズ対ヤクルトスワローズ15回戦でヤクルト・稲葉篤紀が史上56人目のサイクルヒットを達成した。5回まででの達成(4打席)は史上最速で、降雨コールドゲームでの達成も史上初。稲葉は「信じられない。狙って打てるもんじゃないから」と笑顔を見せ、打撃コーチの八重樫幸雄は「リーチ一発ツモ、それも四暗刻単騎待ちだな」と麻雀になぞらえて喜んだ。また同日、大阪ドームで開催された大阪近鉄バファローズ対福岡ダイエーホークス16回戦でも福岡ダイエー・村松有人がサイクル安打を達成した(史上57人目)。同日に2選手がサイクル安打を達成したのも史上初めてのことだった。松本市野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た村松有人村松有人

    よりダイエーの一軍外野守備走塁コーチに就任。6月6日のオリックス戦終了後二軍降格となった。からは再び一軍コーチを務め、井口資仁に二度盗塁王取らせて、二軍コーチの時ルーキーだった川崎宗則には徹底的にプロの走塁を仕込み、チームがリーグ優勝・日本一になったは147盗塁、12球団トップで井口、2位の村松有人、3位の川崎と盗塁ランキングを独占し日本一の原動力になった。しかし、以降3年連続でリーグ優勝を逃し、特に親会社がダイエーからソフトバンクに変わったから2年続けて、プレーオフに進出しながら敗退したため、チーム編成の抜本的見直しが行われることとなり、限りで退団した。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 竹岡和宏

    竹岡和宏から見た村松有人村松有人

    初奪三振:同上、9回表に村松有人から空振り三振竹岡和宏 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和幸

    高橋和幸から見た村松有人村松有人

    2003年は村松有人・ペドロ・バルデス・柴原洋ら外野陣が軒並み好調であり、なかなか出番が得られなかった。高橋和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た村松有人村松有人

    1回表、阪神はダイエー先発の斉藤から先頭の今岡誠が中前打を放ち、桧山進次郎が四球で続き不安定な立ち上がりを見せる斉藤を攻めたが、広澤克実が三振に倒れ先取点はならず。2回裏、ダイエーがペドロ・バルデスの四球とフリオ・ズレータの安打で先制のチャンスを迎え、村松有人のタイムリーで1点を先制する。3回裏川?宗則の内野安打と井口資仁の二塁打で追加点のチャンスを作るも、松中信彦のサードライナーの時に川崎が塁を飛び出してしまいダブルプレーで無得点。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピック

    2004年アテネオリンピックから見た村松有人村松有人

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)2004年アテネオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た村松有人村松有人

    は左打ちに専念して一軍に定着。アテネオリンピック代表の村松有人不在時は1番・中堅手として活躍し、規定打席未満ながらも打率3割、2桁盗塁、プロ初本塁打を記録した。ブルーウェーブ最終戦となった9月27日の対近鉄戦では、6回裏に安打を放ったが、これがブルーウェーブ最後の安打となった。同年秋の分配ドラフトにより、オリックス・バファローズと契約。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 新井宏昌

    新井宏昌から見た村松有人村松有人

    は日本放送協会(NHK)解説者・デイリースポーツ評論家を務め、より2年間は福岡ダイエーホークスで打撃コーチを務め、村松有人、川崎宗則らを育て強力打線を作り上げ、2003年のリーグ優勝、日本一に貢献した。、仰木の下でオリックス・バファローズで一軍チーフ兼打撃コーチに就任し、オフに成績不振の責任を取る形で辞任。新井宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • 大田卓司

    大田卓司から見た村松有人村松有人

    引退後はフジテレビ・文化放送解説者(1987年 - 1989年)を経て、福岡ダイエーホークス一軍打撃コーチ(1990年 - 1995年)を6年間務め、吉永幸一郎・浜名千広・村松有人・小久保裕紀を育てた。1996年からは、数年間同球団の編成部に所属。スカウトとして井口資仁・松中信彦らの入団に尽力した。退団後は西日本スポーツの評論家となる。大田卓司 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「村松有人」のニューストピックワード