52件中 21 - 30件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た村松有人村松有人

    【NPB】ソフトバンク・村松有人外野手が現役引退。今後はスカウトに転身する。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た村松有人村松有人

    入団1年目の5月2日、大阪近鉄バファローズ戦で初出場すると、初打席初安打となる三塁打を放った。その後、村松有人の移籍、柴原洋の不調などもあり外野手での起用が検討され、経験を積むため二軍へ降格。それから、たびたび故障があったことからの交流戦終盤まで一軍に昇格できなかった。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 大村直之

    大村直之から見た村松有人村松有人

    は開幕から足の故障で出遅れ、その後の回復も万全ではなく、指名打者や代打としての起用が多かった。試合終盤には戦況に関わらず代走や守備要員を送られることも多くなった。打順も2番や9番まで流動的で、6年ぶりに右翼手として出場することもあった。同年10月31日に、村松有人との交換トレードでオリックス・バファローズに移籍した。大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た村松有人村松有人

    は外野のレギュラーが決まらないチャンスを生かし、ルーキーながら55試合に出場。打率1割台と打撃はまったく振るわなかったが、6盗塁を記録し、強肩も披露するなど守備・走塁では十分戦力になることをアピールした。は育成期間としてシーズンのほとんどを二軍で過ごすも、課題の打撃を徐々に向上させた。一軍では代走や守備固めとしての出場が多かった。は左打ちに専念して一軍に定着。アテネオリンピック代表の村松有人不在時は1番・中堅手として活躍し、規定打席未満ながらも打率3割、2桁盗塁、プロ初本塁打を記録した。ブルーウェーブ最終戦となった9月27日の対近鉄戦では、6回裏に安打を放ったが、これがブルーウェーブ最後の安打となった。同年秋の分配ドラフトにより、はオリックス・バファローズと契約。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見た村松有人村松有人

    2003年秋、オリックスの取締役常務兼GMに就任。GMとしては村松有人、菊地原毅らチームの中心となる選手の補強に成功し、成果を上げた。また、大学卒・社会人の選手でくすぶっている者を「契約金ゼロ」で獲得し、プロで飛躍するチャンスを与える、といういわゆる「契約金ゼロ枠」を廃止した事でも知られている(「契約金ゼロ枠」でオリックスの主力になった者は一人もいない)。「夢や憧れだけでプロに入団させるわけにはいかない。本人のためにも、チームのためにもならない」とは本人の弁である。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 大道典嘉

    大道典嘉から見た村松有人村松有人

    はスコット・ライディの不振によってチャンスを得ると、流し打ちの練習による効果が出てレギュラーに定着し、規定打席不足ながら打率.325・10本塁打・51打点の成績を残した。は前年より数字は落ちたものの3番に定着し、規定打席にも到達。1998年以降は柴原洋・村松有人との併用により打席数は減少したため、規定打席に到達したのはこの年のみだった。大道典嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 山下智茂

    山下智茂から見た村松有人村松有人

    野球の技術的指導もさながら、生徒への人間教育も徹底していたことで知られ、現在でも石川県内はもとより全国の高校野球指導者が目標とする人物の一人である。指導者になって以降禁煙に努め、全国優勝を果たした際の一服を望んでいたが、最後まで果たすことができず、2005年(平成17年)9月をもって監督を引退。小松辰雄、村松有人、松井秀喜、山本省吾など多くのプロ野球選手を輩出した。2005年(平成17年)9月、岐阜県の大垣日大高校グランドにて阪口慶三監督と両校ナインの前で監督退任セレモニーが行われ、同校との練習試合が最後の采配となった。山下智茂 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た村松有人村松有人

    、センターのポジションを福岡ダイエーホークスからFA移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ないレフトで安定した成績を残す。アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、最後の打者となった準決勝戦で一塁に駆け抜けた際に転倒し右足を負傷してしまう。残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席には到達。4年連続で打率3割を達成する。2004年末の選手分配ドラフトにより、オリックス・バファローズへ。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤孝司

    武藤孝司から見た村松有人村松有人

    選球眼、バットコントロールに長けており、98・99・00年の3年間は四死球数が三振を上回っていた。一方で、近鉄・いてまえ打線のレギュラー選手としては長打力に乏しく、プロ入り初の本塁打はプロ入り4年目の1999年、デビューから1000打席ほど経過しての事であり、プロ野球史上5本の指に入る遅さである(他に五指に入っている選手に村松有人がいる)。武藤孝司 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年

    1972年から見た村松有人村松有人

    12月12日 - 村松有人、元プロ野球選手1972年 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示