63件中 31 - 40件表示
  • 本多雄一

    本多雄一から見た村松有人村松有人

    ''は、開幕を一軍で迎えたが、3月26日の対オリックス戦のショートゴロからの併殺守備の際にグレッグ・ラロッカから強烈なスライディングを受け、左側頭部から地面に落下し軽い脳震盪を起こしたが、翌日には復帰した。開幕から1番打者だったが、3月31日以降は2番打者に定着した。4月8日の対千葉ロッテ戦では3回同点の場面で川越英隆から勝ち越しツーランホームランを放ち、これが本拠地・福岡 Yahoo! JAPANドーム初本塁打となった。4月12日には打率.172という不振からスタメン落ちの話も出たが、翌日4月13日に勝ち越し打、4月16日からは4試合連続盗塁、4月21日に北九州で行われた対西武戦では、1点リードで迎えた8回二死満塁の場面で星野智樹から走者一掃の3点タイムリースリーベースを放った。さらに同日から9試合連続安打で打率.268まで回復した。5月15日のセ・パ交流戦、対ヤクルト戦8回の守備で、宮本慎也の放ったライト前への当たりを背走からダイビングキャッチして上半身をグラウンドで強打したがボールは離さずアウトにし、両軍のファン問わず神宮球場360度の拍手に包まれた。その好守もあり同試合は完封勝利となった。しかし翌日5月16日の同カードではプロ入り2度目の1試合2失策を喫した。なお猛打賞とマルチ盗塁と打では活躍し、自身の延長勝ち越し打により同試合は勝利した。5月22日のセ・パ交流戦、対広島戦では1試合3盗塁を記録した。6月5日の対広島戦では自身2度目の1試合5安打を記録した。8月28日にの村松有人以来、球団8人目のシーズン50盗塁を達成した。9月22日にライバルの西武・片岡易之が怪我により59盗塁で出場選手登録を抹消されると、9月26日の対楽天戦で2つ二盗を決めて59盗塁として片岡に並び、盗塁王を獲得し、さらにフル出場により自身初のリーグ優勝をグラウンドで経験した。最終的にレギュラーシーズンは自身初の全試合出場を果たした。前年の川崎宗則の記録を塗り替える球団記録の50犠打も達成した。猛打賞は自己最多の16回、11試合でマルチ盗塁を記録した。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋慶彦

    高橋慶彦から見た村松有人村松有人

    引退後はテレビ東京・テレビ大阪・アール・エフ・ラジオ日本プロ野球解説者、は大阪、は東京を拠点に解説者を務めた。からまで福岡ダイエーホークスの一軍打撃・走塁コーチ、は二軍守備・走塁兼打撃コーチを務めた。選手の起用法を巡ってバッテリーコーチの達川光男と対立、広島時代から折り合いがよくなかったが選手が目を丸くするほどの揉み合いも起こし、達川は体調不良を理由に1年で退任した。村松有人や浜名千広ら後のホークスを支える若手を育成した。高橋慶彦 フレッシュアイペディアより)

  • 出口雄大

    出口雄大から見た村松有人村松有人

    は、それまで打撃に関してはやや非力だった村松有人が打ち出したため、レギュラーの座は明け渡したが、左投手用の代打や守備要員として一軍に定着する。後半戦は村松が怪我のためその間の代役も果たした。阪神タイガースとの日本シリーズでも、1番・ライトとして先発出場した。持病のヘルニアに悩まされ、満足にバットを振れない中、自分の地位を獲得してきた。出口雄大 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た村松有人村松有人

    4月19日 - ダイエーの村松有人がNPB史上64人目の通算200盗塁2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿取義隆

    鹿取義隆から見た村松有人村松有人

    は開幕を二軍で迎え、ヒザの悪化などもあって本来の球威が戻らなかった。同年の西武球場最終戦となる10月5日の対ダイエー戦の登板が引退登板となり、同じく引退する郭泰源に続く二番手としてマウンドに上がった。この試合では二番・村松有人に三塁打を打たれてそのまま降板している。最終的に西武では、巨人時代の45勝29敗58セーブを上回る46勝17敗73セーブの記録を残した。現役通算では19年間で755試合に登板し、延べ5,282人の打者と対戦して91勝46敗131セーブ、防御率2.76の成績だった。鹿取義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た村松有人村松有人

    ''は鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 大道典良

    大道典良から見た村松有人村松有人

    はスコット・ライディの不振によってチャンスを得ると、流し打ちの練習による効果が出てレギュラーに定着し、規定打席不足ながら打率.325・10本塁打・51打点の成績を残した。は前年より数字は落ちたものの3番に定着し、規定打席にも到達。1998年以降は柴原洋・村松有人との併用により打席数は減少したため、規定打席に到達したのはこの年のみだった。大道典良 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見た村松有人村松有人

    中村は村松有人、菊地原毅らチームの中心となる選手の補強に成功し、成果を上げた。また、「夢や憧れだけでプロに入団させるわけにはいかない。本人のためにも、チームのためにもならない」として、2000年から続いていたいわゆる「契約金ゼロ枠」を廃止した(オリックス・バファローズ参照)。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た村松有人村松有人

    はバットを投手方向に極端に傾ける打撃フォームに改造して簡単に三振せず出塁率が向上し、6月まで後藤が務めていた遊撃手のポジションを取り返した。前半戦は打率4割を維持し、後半戦になるとオリンピックや主力選手の故障などもあり村松有人と3番・4番を打ち、規定打席には届かなかったものの打率.341を記録。得点圏打率は4割を超えた。チーム事情で頻繁に守備位置が変わり遊撃手43試合、二塁手17試合、三塁手11試合、指名打者3試合でスタメン出場した。また、球団合併によりブルーウェーブとして最後の一軍公式戦で4番に座り、「ブルーウェーブ最後の4番打者」となった。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 寺村友和

    寺村友和から見た村松有人村松有人

    ロッテ時代の1999年8月31日(対ダイエー戦)で、村松有人の強烈なピッチャー返しを捕球した際にボールがグラブに挟まって取れなくなったため、グラブごとそのまま一塁手の初芝清に投げ、打者をアウトにするという好プレーを見せた。寺村の好判断もさることながら、投げたグラブを抱きかかえるようにキャッチした初芝も素晴らしかったと言える。寺村友和 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「村松有人」のニューストピックワード