52件中 41 - 50件表示
  • 金沢市

    金沢市から見た村松有人村松有人

    村松有人(プロ野球・元福岡ソフトバンクホークス外野手)金沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た村松有人村松有人

    は鳥越裕介の故障によって2番・遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手に回り、1番・村松有人・3番・井口とともに盗塁を量産、足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294・2本塁打・51打点・30盗塁の好成績を残し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た村松有人村松有人

    1回表、阪神はダイエー先発の斉藤から先頭の今岡誠が中前打を放ち、桧山進次郎が四球で続き不安定な立ち上がりを見せる斉藤を攻めたが、広澤克実が三振に倒れ先取点はならず。2回裏、ダイエーがペドロ・バルデスの四球とフリオ・ズレータの安打で先制のチャンスを迎え、村松有人のタイムリーで1点を先制する。3回裏川?宗則の内野安打と井口資仁の二塁打で追加点のチャンスを作るも、松中信彦のサードライナーの時に川崎が塁を飛び出してしまいダブルプレーで無得点。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た村松有人村松有人

    5試合連続猛打賞、1試合4二塁打の日本タイ記録を達成した。開幕戦は7番で迎えたが、シーズン途中から3番打者としてほぼ定着し、ダイハード打線の中軸を担った。1番・村松有人、2番・川崎宗則とともに盗塁を量産、終盤に村松が骨折で離脱したこともあり2年ぶりの盗塁王(42盗塁)に輝いた。さらに松中、城島、ペドロ・バルデスとともに史上初の100打点カルテットを形成した。最終的に打率.340(リーグ4位、リーグベストテンに入ったのは自身初)、27本塁打(リーグ12位)、109打点(リーグ5位)。2度目のベストナイン・ゴールデングラブ賞にも選ばれた。日本シリーズでは、打率は.231に終わったものの、本塁打を2本放ち、優秀選手に選ばれた。オフには一時ポスティングシステムでのメジャー移籍を球団から承認されていたが、小久保裕紀の読売ジャイアンツへの移籍により否認。契約更改では「中内正オーナーの経営体制が刷新した場合、もしくは高塚代行が退任した場合、自由契約の選択権は井口にある」との覚書を交わした。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 東出輝裕

    東出輝裕から見た村松有人村松有人

    打撃面では前年を下回る成績となり、スタメン、打順とも固定できない試合が増えたが、132試合に出場した。守備面では、二塁手での出場は124試合でリーグトップの419補殺、同2位の294刺殺で失策は7、守備率.990でリーグ2位。レンジファクターはこの年の規定イニングを越える二塁手としてリーグトップの6.37だった。盗塁死は前年の18から4に減少。三振数55は前田智徳の31に次ぐチーム2位の少なさで、三振率も前田智徳に次いで下から2位。併殺打3は規定打席到達の打者では高橋由伸(巨人)、赤星憲広(阪神)、アーロン・ガイエル(ヤクルト)らと並びリーグ最少、二塁打、三塁打、本塁打、長打率、打点はリーグ最少だった(規定打席到達者では二塁打は赤星・相川亮二とタイ、三塁打は9人が0本でタイ、本塁打は赤星とタイ、パでは村松有人も本塁打0だった)。赤星と共に、2年連続で規定打席に到達して本塁打がなかった。(史上8・9人目で9・10度目)。オフに将来は現役引退後、母校の指導者となることを希望しており教職資格を取るために早稲田大学進学が報道された。東出輝裕 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た村松有人村松有人

    第1打席から順に三塁打(1回)、本塁打(4回)、単打(5回第1打席)、二塁打(5回第2打席)で達成。5回までに達成したのは史上最速、降雨コールドゲームでの達成も史上初。同じ日に村松有人もサイクル安打(史上57人目)を達成しており(達成時間は稲葉のほうが早い)、1日に2選手がサイクル安打を達成したのも史上初。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た村松有人村松有人

    、5月9日に日生球場での対近鉄戦に敗れた後、日頃の采配を疑問視されていた王が乗ったバスに、ファンから生卵がぶつけられるという事件が発生した(詳細は後述)。この年は大不振で、この日で9勝22敗と大きく負け越しており、日本ハムから移籍の武田一浩が15勝、3年目の渡辺秀一が防御率リーグ3位、6年目の村松有人が58盗塁で盗塁王を獲得するが、工藤が最多奪三振のタイトルを獲得するもののリーグ最多敗戦するなど、結局最下位に終わった。この年で南海時代から19年連続Bクラスとなり、それまで広島が保持していた連続Bクラス日本記録であるからまでの18年連続を更新した。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 城所龍磨

    城所龍磨から見た村松有人村松有人

    愛知県豊川市出身。岐阜・中京高校時代には、1年生から1番・センター。2年夏と3年春に甲子園出場。2年秋には、地方大会から13試合で.581、10盗塁の数字を残した。高校通算36本塁打、50m5.7秒、遠投120mと三拍子揃った選手として評価され、ドラフト2巡目指名を受ける。このときオリックスに移籍したばかりの村松有人の背番号23を与えられている。城所龍磨 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ヌーニェス (右投手)

    ホセ・ヌーニェス (右投手)から見た村松有人村松有人

    にNPBの福岡ダイエーホークスに入団。入団当初は先発で起用され、先発では好結果が出なかったが、シーズン途中からは木村恵二の不調で不在となっていた抑えに抜擢され、6月は8セーブを挙げパシフィック・リーグ月間MVP(投手部門)に選ばれた。この月の野手部門は村松有人が受賞しており、同年最下位に沈むチームからの月間MVPダブル受賞という珍しい事が起きた。また、最終的に16セーブを挙げた。は、ルーキー岡本克道が抑えに台頭し、リリーフでの中途半端な起用が続きシーズン終了後に自由契約となった。ホセ・ヌーニェス (右投手) フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た村松有人村松有人

    は前年の秋山引退や若田部健一の移籍があり、開幕直前に精神的支柱であり主砲小久保裕紀が大怪我でシーズン絶望と判明するも、前年のドラフト自由獲得枠の和田毅・新垣渚の両投手が大車輪の活躍をし、斉藤和巳20勝や村松有人・川崎宗則の打棒開花などでかえって戦力の底上げが実現した。王貞治 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示