1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示
  • 高橋慶彦

    高橋慶彦から見た村松有人村松有人

    引退後はアール・エフ・ラジオ日本野球解説者を経て、からまで福岡ダイエーホークスの打撃・走塁コーチを務めた。広島現役時代から仲の悪かった達川光男バッテリーコーチと、ベンチ内の選手もいる前で2度も取っ組み合いのケンカをするなどして王貞治監督を困らせたが、村松有人や浜名千広ら、後のホークスを支える若手を育成した。高橋慶彦 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た村松有人村松有人

    2007年は開幕から好調だったが、5月4日の広島戦(甲子園)でダイビングキャッチを試みた際、持病の頸椎椎間板ヘルニアを再発させ、一時期一軍登録を抹消された。この影響で、復帰後は1番を鳥谷敬に譲り、主に2番を打つこととなり、相手の先発に左腕の投手が予想される際など、濱中治らにスタメンを譲ることも多くなった。7月25日の対中日戦(ナゴヤドーム)で通算300盗塁達成、9月14日の対中日戦(甲子園)で通算1000本安打を達成した。盗塁王は逃したものの、2年ぶりの打率3割を記録した。本塁打は4年連続でリーグ最少だった。また、東出輝裕とともに、2年連続で規定打席に到達して本塁打がなかった(今久留主淳、日下隆、石原照夫、和田豊、村松有人、武藤孝司、久慈照嘉に続いて8・9人目。和田は3年連続、久慈は2年連続と3年連続を一度ずつ記録)。規定打席に達して本塁打0を3度(2004、2006、2007年)記録したのは久慈(5回)、和田(3回)に続いて3人目。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
52件中 51 - 52件表示