733件中 101 - 110件表示
  • 自然法

    自然法から見た国際条約条約

    自然法と実定法との関係には主に2種類あり、ひとつは授権関係、ひとつは補完関係である。前者の場合、自然法は実定法に対する授権者となり、自然法に反する実定法は原則的に失効する。但し、正当な理由があるときには、この限りでない。正当な理由としては、堕落した人類は自然法上の義務を完遂できないことなどが挙げられる。他方で、後者の場合、自然法は実定法が欠缺している領域を補うことになり、その最も重要な適用領域は、国際関係とされていた。これは、特に近代において、国際関係を規律するルールが非常に多くの点で整備されていなかったからである。今日においては、非常に多数の国際条約が締結されており、必ずしもその限りではないが、学説上、自然法の復権を訴えるものも中には見られる。自然法 フレッシュアイペディアより)

  • 赤道ギニアの国章

    赤道ギニアの国章から見た条約条約

    カポックが描かれた灰白色の盾は、スペインと赤道ギニアの地方の支配者間で初めて条約が調印された場所を表している。盾の下のリボンには、スペイン語で国の標語である「UNIDAD, PAZ, JUSTICIA(統一、平和、正義)」と記されている。マシアス・ンゲマの時代に標語は変更されたが、のちに現在のデザインとなった。赤道ギニアの国章 フレッシュアイペディアより)

  • 湿地

    湿地から見た条約条約

    例えば、渡り鳥の保全に関する国際条約であるラムサール条約の登録対象は湿地であるが、その定義は条文の第1条第1項に示されており、下記のとおりである。湿地 フレッシュアイペディアより)

  • チュニジアの大統領

    チュニジアの大統領から見た条約条約

    チュニジアは大統領制の共和国であり、大統領は国家元首であると同時に行政府の長も兼ねる。首相や閣僚の任免権、軍の最高指揮権、国家緊急権、条約の批准権など多くの権限を持ち、国政に与える影響は極めて大きい。チュニジアの大統領 フレッシュアイペディアより)

  • ポタタウ

    ポタタウから見た条約条約

    1844年、レムエラで行われた部族の大会にて司会を務めた。現在のオークランドに小屋を建て、条約の履行に関して多くの議論や交渉を行った。宗主国であるイギリス王室へ主権を委譲しなかったものの、ニュージーランド知事とりわけ自らのためマンゲレにコテージを建設したジョージ・グレイとは親交を深めた。このコテージでは、グレイがテ・フェロフェロにマオリ問題に関して助言を仰いだ。最初にワイカト族が土地を売却し、テ・フェロフェロはマヌカウ周辺にある部族の土地を一部売ることとなったが、1846年、マオリが所有及び耕作を行っていない土地を政府の資産とする布告に激しく抗議した。ポタタウ フレッシュアイペディアより)

  • 国際英語論

    国際英語論から見た国際条約条約

    このアプローチは、それから世界中の全ての学校で教えられるはずの公式国際補助語について正式に同意するため国際条約締結の将来の保持の促進を必要とする、主要なレベルから始まる。英語に代わる代替言語を考慮する間、このアプローチは、言語の後に国際世論と法律を置くために、提案された条約の代表団の十分な大多数によって、そして、完全な世界公用語として国際補助語を強化するために英語が選ばれる可能性を考慮に入れている。国際英語論 フレッシュアイペディアより)

  • 児童の権利に関する宣言

    児童の権利に関する宣言から見た条約条約

    この宣言に続いて、児童の権利に関する条約が1989年に署名され、1990年9月2日に効力が発生した。この条約は、児童を「保護の対象」としてではなく「権利の主体」としている。児童の権利に関する宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネルから見た条約条約

    本来は、世界気象機関(WMO)の一機関であり、国際連合の気候変動枠組条約とは直接関係のない組織であったが、条約の交渉に同組織がまとめた報告書が活用されたこと、また、条約の実施にあたり科学的調査を行う専門機関の設立が遅れたことから、IPCCが当面の作業を代行することとなり現在に至っている。IPCC自体が各国への政策提言等を行うことはないが、国際的な地球温暖化問題への対応策を科学的に裏付ける組織として、間接的に大きな影響力を持つ。アル・ゴアとともに2007年ノーベル平和賞を受賞。気候変動に関する政府間パネル フレッシュアイペディアより)

  • 日華条約

    日華条約から見た条約条約

    日本(大日本帝国・日本国)と、中華民国(国民政府、あるいはその名を称する政権)との間に結ばれた条約。次の2つがある。日華条約 フレッシュアイペディアより)

  • ポンソンビー規則

    ポンソンビー規則から見た条約条約

    ポンソンビー規則()は、条約の批准時に、英国政府が公式の行為によって同意を表明する条約について、議会の両院で少なくとも21日間議会討議資料としての提示が行われることを定める議会慣習である。2010年11月11日、英国において『2010年憲法改革及び統治法』(Constitutional Reform and Governance Act 2010、2010年4月8日成立)の第2章1が開始決定により発効したことにより、条約の批准に先立つ議会による審議が法定事項として定められ、また下院の決議に反する条約の批准を違法と定めることで、同規則は事実上廃止された。ポンソンビー規則 フレッシュアイペディアより)

733件中 101 - 110件表示

「条約」のニューストピックワード