733件中 111 - 120件表示
  • カシューブ人

    カシューブ人から見た国際条約条約

    現在はこの一帯はポーランド領であり、安定した政治のもと国際条約と国内法により、地方住民へ文化的同化を強制することが禁止されているため、カシュビア/ポメレリアではかえってポーランド人としての同化が進んでいる。ただし、カシューブ地方(カシュビア)の村おこしも相まって、カシューブ人の歴史を伝える試みもさかんに行われ、「カシュビア」の各地で地方祭りも開かれる。カシューブ人 フレッシュアイペディアより)

  • 国号

    国号から見た条約条約

    政体を含めない用例としては「韓国ノ国号ヲ改メ朝鮮ト称スルノ件」(明治43年勅令第318号)がある。同勅令は「韓国ノ国号ハ之ヲ改メ爾今朝鮮ト称ス」としており、政体(当時の韓国は帝政を布いていた帝国)を含めないで国号という語を用いている。なお、韓国併合ニ関スル条約(明治43年条約第4号)では互いの国名を「日本国・韓国」と表記しているが、それを遡る日韓議定書(1904年2月23日)では互いの国名を「大日本帝国・大韓帝国」としている。国号 フレッシュアイペディアより)

  • サービスマーク

    サービスマークから見た条約条約

    このうち、サービスマークの保護について、産業財産権の保護について定めた国際条約である工業所有権の保護に関するパリ条約は、以下のように定めている。サービスマーク フレッシュアイペディアより)

  • ウンマ (シュメールの都市国家)

    ウンマ (シュメールの都市国家)から見た国際条約条約

    紀元前2600年?前2500年頃の約100年にわたり、「エデンの園」のモデルともいわれるチグリス川沿岸の肥沃なグ・エディン・ナ(シュメール語: 。「平野の境界」の意)の地をめぐって、ウンマとラガシュは「」を繰り返した。前2425年頃、ラガシュのエアンナトゥム王がウンマの王を倒して、シュメール諸都市を制圧。ラガシュの次王エンメテナもウンマの王と抗争を続けた。後にウンマとラガシュは和平協定を結ぶが、これは史上最初の国際条約といわれている。ウンマ (シュメールの都市国家) フレッシュアイペディアより)

  • 映画の著作物

    映画の著作物から見た条約条約

    映画の著作物(えいがのちょさくぶつ)は、主に著作権保護に関する条約や法律における用語であり、著作権の保護対象となる著作物のうち、劇場映画作品その他動的な映像表現を伴う著作物を、他の一般著作物と区別して言い表すために使用される言葉である。映画の著作物は、その創作過程および流通過程に他の著作物にはない特徴をもつことから、その著作権の性質を規定する特別な条項が、条約および各国の法律にみられる。映画の著作物 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタンの大統領

    東トルキスタンの大統領から見た条約条約

    国会が採択した法律、条約を批准する。東トルキスタンの大統領 フレッシュアイペディアより)

  • シャトル・ミール計画

    シャトル・ミール計画から見た条約条約

    シャトル・ミール計画は1994年2月3日に、スペースシャトルディスカバリーのSTS-60での打ち上げで始まった。8日にわたるミッションは、この年最初のスペースシャトル飛行であり、セルゲイ・クリカレフがロシア人宇宙飛行士として初めてスペースシャトルを使った宇宙飛行であり、宇宙開発競争開始以来宇宙事業で最大の米露協力強化の始まりとなった。このミッションは有人宇宙飛行に関する国際合意の第1回目の飛行であり、スペースハブ与圧モジュールの2度目の飛行、Getaway Specialの100回目の飛行であった。ミッションで最大のペイロードは新型半導体薄膜の生成のために設計された(WSF)であった。WSFはミッション中にディスカバリーのロボットアーム先端につけて実験が行われた。ミッションの間、宇宙飛行士たちはディスカバリーのペイロードベイに乗せられたスペースハブモジュールに乗って様々な試みを実行し、ミールのクルーであるワレリー・ポリャコフ、ヴィクトル・アファナシェフ、ユーリー・ウサチェフの3人との間で同時双方向音声通信とダウンリンクによるビデオ中継が行われた。シャトル・ミール計画 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合総会第6委員会

    国際連合総会第6委員会から見た条約条約

    国連総会は国際法の斬新的発達及び法典化を奨励することが国連憲章第13条により勧告されている。国連総会は、国際間の諸問題を解決するための多国間条約を制定し、その条約に対し署名、批准と継承を参加各国に促すことで、この役割を全うしてきた。通常、国際間の法律は対象問題を扱うのに相応しい関連国連機関で協議するが、より一般的な問題については第6委員会で協議する。国際連合総会第6委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 領域 (国家)

    領域 (国家)から見た条約条約

    領陸(りょうりく)。狭義の領土である。日本においてはこの意味における領土に関して定めた国内法が存在せず、主として条約、特に日本国との平和条約(通称:サンフランシスコ講和条約)が法規範になると考えられる。領域 (国家) フレッシュアイペディアより)

  • 領有

    領有から見た条約条約

    特にこの領有という言葉は、自分のものであるという主張を意味し、領土編入の際、早い者勝ちというのが大半である。しかし、一番早く領有したとしても、領土問題に発展したり、或いは、紛争の大きな原因と指摘されている。条約などの取り決めによって領土が画定されていない時などの場合を言う。領有 フレッシュアイペディアより)

733件中 111 - 120件表示

「条約」のニューストピックワード