606件中 11 - 20件表示
  • 砂川事件

    砂川事件から見た条約条約

    最高裁判所(大法廷、裁判長・田中耕太郎長官)は、同年12月16日、「憲法第9条は日本が主権国として持つ固有の自衛権を否定しておらず、同条が禁止する戦力とは日本国が指揮・管理できる戦力のことであるから、外国の軍隊は戦力にあたらない。したがって、アメリカ軍の駐留は憲法及び前文の趣旨に反しない。他方で、日米安全保障条約のように高度な政治性をもつ条約については、一見してきわめて明白に違憲無効と認められない限り、その内容について違憲かどうかの法的判断を下すことはできない」(統治行為論)として原判決を破棄し地裁に差し戻した(最高裁大法廷判決昭和34.12.16 最高裁判所刑事判例集13・13・3225)。砂川事件 フレッシュアイペディアより)

  • 官報

    官報から見た条約条約

    法律、政令、条約等の公布をはじめとして、国や特殊法人等の諸報告や資料を公表する「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ。会社の公告として、合併公告、決算公告なども掲載される。官報 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た条約条約

    国会は国権の最高機関とされ、唯一の立法機関とされる(41条)。国会は衆議院と参議院の二院からなる(42条)。二院のうちでは、衆議院の優越が定められている(予算先議権:60条1項、内閣不信任決議権:69条、決議の優越:59条2項・60条2項・61条、67条2項)。それ以外は対等であり、法律案は、両議院で可決したときに法律となり(59条1項)、予算案・条約の承認も国会の権能である(60条、61条)。また、両議院には各々、内部規律に関する規則制定権がある(58条2項)。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦条約

    不戦条約から見た条約条約

    不戦条約(ふせんじょうやく)(「戦争抛棄ニ関スル条約」)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定した条約不戦条約 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合

    アフリカ連合から見た条約条約

    アフリカ統一機構からアフリカ連合への移行のため、2000年7月のロメOAU首脳会議でアフリカ連合制定法(アフリカ連合を創設するための条約)が採択され、各国の批准を待って、2001年に発効した。2002年7月のダーバン首脳会議を経て、アフリカ連合は正式に発足した。アフリカ連合 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人権法

    国際人権法から見た条約条約

    国連システムでは、国際連合経済社会理事会が創設した国連人権委員会の制度があった。2006年に、同委員会は国連人権理事会に発展した(国連総会決議60/251)。しかし、基本的な性格や目的は、維持されているといえる。すなわち、国連人権理事会は、テーマ別人権問題について対話の場を提供したり(同決議、5項(a))、各国による人権に関する義務の履行のを行ったり(同項(e))、法的拘束力のない「勧告」(recommendations)を行ったり(同項(i))するにとどまる。国連人権委員会の最大の問題点がその政治性であったが、人権理事会となった現状でも、独立した判断機関とはいえず、政治的組織の内部に属するものにとどまっているという他はない。ウィーン宣言及び行動計画採択によって設立された、国際人権条約の採択、普及の促進を目的とする国際連合人権高等弁務官事務所も同様である。国際人権法 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合憲章

    国際連合憲章から見た条約条約

    国際連合憲章(こくさいれんごうけんしょう、)は、国際連合の設立根拠となる条約。1973年9月までに3回の改正を経ているが、以降は改正されていない。略称はUN Charter。国際連合憲章 フレッシュアイペディアより)

  • 非政府組織

    非政府組織から見た条約条約

    国家間および政府間の協調は同盟、条約、協定という形式をもって存在していたが、当事国の安全保障や国益追求のための方策であり、共通の目的や関心を有する共同体の建設への足がかりとしては言えないものであった。そのためには共通の規則を制定し、共同の利益を守るために制度の創出の必要が迫られた。19世紀になり度量衡の統一、郵便・配達に関する費用の基準化、伝染病予防のため、諸国家の加盟により、万国郵便連合、国際電信連合、国際衛生理事会、のような国際組織の設立につながった。非政府組織 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約

    日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約から見た条約条約

    日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約(にほんこくとちゅうかじんみんきょうわこくとのあいだのへいわゆうこうじょうやく、)は、1978年8月12日、北京で日本国と中華人民共和国との間で締結された条約である。一般に日中平和友好条約で知られる。日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合国際商取引法委員会

    国際連合国際商取引法委員会から見た条約条約

    国際商取引法の分野では国連システムの中心的な法律機関であり、今まで、仲裁、調停、国際物品売買、電子商取引等について多くの条約、モデル法等を起草しており、国際的に活用されている。国際連合国際商取引法委員会 フレッシュアイペディアより)

606件中 11 - 20件表示

「条約」のニューストピックワード