733件中 11 - 20件表示
  • 日韓犯罪人引渡し条約

    日韓犯罪人引渡し条約から見た条約条約

    犯罪人引渡しに関する日本国と大韓民国との間の条約は、犯罪の抑圧のため、両締約国の法令により死刑又は無期若しくは長期一年を超える拘禁刑に処するものについて外交ルートを通じて行われる。なお、その犯罪が、請求国の領域外で実行された場合は、被請求国は、自国法令がその行為に処罰規定があるか、当該犯罪を請求国の国民が行った場合にのみ引渡しを行う。実際の引き渡し手続きは逃亡犯罪人引渡法によりなされる。また、逃亡犯罪人引渡法において条約により決定される事項は日韓の間では、この条約による。日韓犯罪人引渡し条約 フレッシュアイペディアより)

  • 多国間条約

    多国間条約から見た条約条約

    多国間条約(英:multilateral treaty)は、3か国以上の主権国家が当事国となる条約である。多数国間条約とも呼ばれる。多国間条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合国際商取引法委員会

    国際連合国際商取引法委員会から見た条約条約

    国際商取引法の分野では国連システムの中心的な法律機関であり、今まで、仲裁、調停、国際物品売買、電子商取引等について多くの条約、モデル法等を起草しており、国際的に活用されている。国際連合国際商取引法委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 国際法

    国際法から見た条約条約

    国際法(こくさいほう、、、)とは、国際社会(「国際共同体」、、)を規律する法をいう。国際私法と対比させて国際公法(、、)ともいわれるが、国内法制度における私法と公法の関係のように両者が対立的な関係にあるわけではない。条約、慣習国際法、法の一般原則が国際法の存在形式(形式的法源)とされる。かつては国家間の関係のみを規律する法と考えられてきたが、現代では国際組織や個人の関係や、これらと国家との関係を規律する法と考えられている。国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 大陸棚に関する条約

    大陸棚に関する条約から見た条約条約

    大陸棚に関する条約(たいりくだなにかんするじょうやく)は、1958年4月29日に作成され1964年6月10日に発効した15カ条からなる条約である。大陸棚条約と略称される。第1次国連海洋法会議にて採択されたジュネーブ海洋法4条約のひとつ。58カ国が批准している。大陸棚の制度を規定する。大陸棚の上部水域とその上空の法的地位、大陸棚における海底電線や海底パイプラインの敷設、大陸棚における航行・漁業・科学調査、大陸棚沿岸国の権限、大陸棚の境界画定、トンネルの掘削などが規定される。現代の大陸棚制度は本条約を機に世界的に定着した。大陸棚に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合憲章

    国際連合憲章から見た条約条約

    国際連合憲章(こくさいれんごうけんしょう、)は、国際連合の設立根拠となる条約。1973年9月までに3回の改正を経ているが、以降は改正されていない。略称はUN Charter。国際連合憲章 フレッシュアイペディアより)

  • 慣習国際法

    慣習国際法から見た条約条約

    慣習国際法(かんしゅうこくさいほう)、または国際慣習法とは、国際法の法源のひとつである。国際法の法源としては慣習国際法のほかに条約があり、またこれらに加えて国際司法裁判所(以下ICJ)はICJ規程第36条第1項(c)に定められる法の一般原則も国際法の法源に含まれるとする見解が有力である。基本的に批准などの手続きを行った国だけに適用される条約と違い、慣習国際法はすべての国々に普遍的に適用される。国際法においては重要な規則が現代においても慣習法の形で定められている。慣習国際法 フレッシュアイペディアより)

  • 関税及び貿易に関する一般協定

    関税及び貿易に関する一般協定から見た条約条約

    関税及び貿易に関する一般協定(かんぜいおよびぼうえきにかんするいっぱんきょうてい、、)とは、1947年10月30日にジュネーヴにおいて署名開放された条約、またはこれに基づいて事実上国際組織として活動した締約国団を指す。GATT(ガット)の略称で呼ばれる。関税及び貿易に関する一般協定 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第98条

    日本国憲法第98条から見た条約条約

    日本国憲法 第98条 (にっぽんこくけんぽう 98じょう)は、日本国憲法第10章最高法規にある条文で、憲法の最高法規性、条約及び国際法規の遵守について規定している。日本国憲法第98条 フレッシュアイペディアより)

  • 桂・タフト協定

    桂・タフト協定から見た条約条約

    協定は、互恵的に署名された文書や秘密の条約ではなく、合意を記した会合覚書(メモ)であり、この合意覚書は、アメリカ外交史家だったタイラー・デネットがセオドア・ルーズベルト文書中でこれを発見して、雑誌『Current History』にタフトが時の国務長官エリフ・ルートに宛てて送った合意の電文を掲載した1924年(大正13年)まで公表されなかった。この協定は、東京で日本の桂首相とウィリアム・タフト特使が1905年(明治38年)7月27日の朝から外務次官珍田捨巳の通訳の下で行なった会合の記録から、長い機密の会話の部分で構成されている。 覚書には1905年7月29日の日付が記入されている。桂・タフト協定 フレッシュアイペディアより)

733件中 11 - 20件表示

「条約」のニューストピックワード