733件中 21 - 30件表示
  • 日本の元首

    日本の元首から見た条約条約

    元首とは国の首長、または国際法で対外的に一国を代表する機関であり、君主国では君主、共和国では大統領などである。『百科事典マイペディア』は国内的には統治権(少なくとも行政権)と、条約締結、外交使節の任免・接受、軍隊の統帥、外交特権(外国滞留中)を持つとしている。日本の元首 フレッシュアイペディアより)

  • インディアン居留地

    インディアン居留地から見た条約条約

    「リザベーション」は、現在では「居留地」と表されることが多いが、本来の意味としては「保留地」、つまり「インディアンの故国として白人が保障してとっておいた(リザーブした)土地」である。これは、とりもなおさず、いずれ「保留」を解消するという意味合いも含んでいる。白人達がアメリカ大陸を「開拓」する上でどうしてもぶち当たる問題、インディアンとの土地問題を解決すべく、彼らと条約を結び保留地に住まわせるという政策は、合衆国の歴史でもあった。白人政府とインディアン各部族との間に結ばれた、保留地を軸とした条約の数は、実に371に上る。インディアン居留地 フレッシュアイペディアより)

  • 中朝商民水陸貿易章程

    中朝商民水陸貿易章程から見た条約条約

    中朝商民水陸貿易章程()は1882年(明治15年)10月、清と李氏朝鮮の間で締結された条約である。清による朝鮮『属国』支配の実質化となった。中朝商民水陸貿易章程 フレッシュアイペディアより)

  • 批准

    批准から見た条約条約

    批准(ひじゅん、ratification)とは、既に全権代表によって署名がなされた条約に拘束されることを国家が最終的に決定する手続きである。通常は議会の同意を得て元首等が裁可あるいは認証、公布などを行うことにより成立し、締約相手国と批准書を交換したり国際機関に批准書を寄託することによって国際的に正式確認される。批准 フレッシュアイペディアより)

  • 世界人権宣言

    世界人権宣言から見た条約条約

    世界人権宣言は、条約ではなく、総会において採択された決議である。国際連合総会決議は勧告であり法的拘束力がないために、世界人権宣言も拘束力がないのではないかという問題がある。世界人権宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦条約

    不戦条約から見た条約条約

    不戦条約(ふせんじょうやく、戦争抛棄ニ関スル条約)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定した条約。パリ不戦条約とも。不戦条約 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た条約条約

    国会は国権の最高機関とされ、唯一の立法機関とされる(41条)。国会は衆議院と参議院の二院からなる(42条)。二院のうちでは、衆議院の優越が定められている(予算先議権:60条1項、内閣不信任決議権:69条、決議の優越:59条2項・60条2項・61条、67条2項)。それ以外は対等であり、法律案は、両議院で可決したときに法律となり(59条1項)、予算案・条約の承認も国会の権能である(60条、61条)。また、両議院には各々、内部規律に関する規則制定権がある(58条2項)。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 内水

    内水から見た条約条約

    内水、内水の海底とその地下、および内水の上空は沿岸国の領域の一部とみなされ、自国の内水において国家は領土における領域主権と同程度に排他的な権利を行使することができる。例えば領海においては他国の無害通航権を認めなければならないが、内水においては基本的に他国の無害通航権を受忍する必要はない。ただし直線基線方式の採用(参照)により領海、または公海であった海域を新たに内水として取り入れる場合には例外的に他国の無害通航権を認めなければならない(領海条約第5条第2項、国連海洋法条約第8条第2項)。こうした原則的な内水の地位を除いて内水における沿岸国の管轄権の詳細に関しては、基本的に条約等で定められてはおらず、その多くの部分は国家間の慣行(国際慣習法など)にゆだねられている。内水 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約

    日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約から見た条約条約

    日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約(にほんこくとちゅうかじんみんきょうわこくとのあいだのへいわゆうこうじょうやく、)は、1978年8月12日、北京で日本国と中華人民共和国との間で締結された条約である。一般に日中平和友好条約で知られる。日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約 フレッシュアイペディアより)

  • 壬午軍乱

    壬午軍乱から見た条約条約

    1882年10月4日(朝鮮暦9月12日)、清国と朝鮮は天津において中朝商民水陸貿易章程を締結した。清国側は北洋大臣李鴻章のほか周馥と馬建忠が、朝鮮側は兵曹判書の趙寧夏と金宏集、魚允中がこれに署名した。この章程は両国間で締結された近代的形式を踏んだ条約としては最初のものであった。しかし、その内容は清の朝鮮に対する宗主権を明確にしたものであり、清による属国支配を実質化するものであった。壬午軍乱 フレッシュアイペディアより)

733件中 21 - 30件表示

「条約」のニューストピックワード