733件中 31 - 40件表示
  • 官報

    官報から見た条約条約

    法律、政令、条約等の公布をはじめとして、国や特殊法人等の諸報告や資料を公表する「国の広報紙」「国民の公告紙」としての使命を持つ。会社の公告として、合併公告、決算公告なども掲載される。官報 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合

    アフリカ連合から見た条約条約

    こうしたなか、アフリカ統一機構により強い権限を持たせ、政治・経済的統合を進めて最終的に欧州連合的な形態にアフリカ大陸を持っていくことを目的として、旧統一機構をアフリカ連合へと改組することを提案したのが、リビアの元首だったムアンマル・アル=カッザーフィーであった。カッザーフィーは1997年以降急速にアラブからアフリカへと外交重心を転換させていたが、1999年9月のスルトにおけるOAU首脳会談においてAUへの移行がリビアによって正式提案された。この提案は各国に受け入れられ、アフリカ統一機構からアフリカ連合への移行のため、2000年7月のロメOAU首脳会議でアフリカ連合制定法(アフリカ連合を創設するための条約)が採択され、各国の批准を待って、2001年に発効した。2002年7月のダーバン首脳会議を経て、アフリカ連合は正式に発足した。アフリカ連合 フレッシュアイペディアより)

  • 法解釈

    法解釈から見た条約条約

    主に主権国家間の関係を規律する国際法においても、慣習法の存在を認めることができる。これに対し、法の本質を主権者による命令であるとするオースティンらによって、主権者による強制という要素を欠く国際法の法的性質を否定する見解もかつては主張されていたが、1921年に制定された常設国際司法裁判所規程は、国際条約のみならず、国際慣習法が裁判上の直接の基準となることを認めており、国際慣習法は国際条約と並ぶ重要な法源として機能している。伝統的な通説は国家の意思が明示的又は黙示的に国際慣習法に同意していることをその根拠であるとしており、ある事項に関する諸国家の一般的な慣行が認められることと、その慣行が全ての国によって遵守・履行されなければならないという法的ないし必要的信念という二要件を慣習法の形成要件として立ててその解釈基準としている。そのような意思的・主観的要件への批判もある(→)。法解釈 フレッシュアイペディアより)

  • 国際人権法

    国際人権法から見た条約条約

    国連システムでは、国際連合経済社会理事会が創設した国連人権委員会の制度があった。2006年に、同委員会は国連人権理事会に発展した(国連総会決議60/251)。しかし、基本的な性格や目的は、維持されているといえる。すなわち、国連人権理事会は、テーマ別人権問題について対話の場を提供したり(同決議、5項(a))、各国による人権に関する義務の履行のを行ったり(同項(e))、法的拘束力のない「勧告」(recommendations)を行ったり(同項(i))するにとどまる。国連人権委員会の最大の問題点がその政治性であったが、人権理事会となった現状でも、独立した判断機関とはいえず、政治的組織の内部に属するものにとどまっているという他はない。ウィーン宣言及び行動計画採択によって設立された、国際人権条約の採択、普及の促進を目的とする国際連合人権高等弁務官事務所も同様である。国際人権法 フレッシュアイペディアより)

  • 世界安全保障条約

    世界安全保障条約から見た条約条約

    世界安全保障条約(せかいあんぜんほしょうじょうやく)は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の条約世界安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 返還

    返還から見た条約条約

    これは戦争か何かでその国の領土か地域を他の国の物つまり領土にしてそれを休戦か講和か条約か約束して返還するとゆうことがある。返還 フレッシュアイペディアより)

  • 国際条約

    国際条約から見た条約条約

    国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • UボートV型

    UボートV型から見た条約条約

    ドイツの潜水艦で初めて空気に依存しない機関を利用した潜水艦として1930年代前半に設計が進められたが条約による建造数制限により、建造には至らなかった。ドイツ海軍では大気に依存しない酸素供給方式としてヴァルター機関と閉サイクル機関が検討されたが本艦型では閉サイクル機関が採用されることとなった。これは排気から二酸化炭素を除いてその分の酸素を圧縮酸素タンクから供給するというものである。UボートV型 フレッシュアイペディアより)

  • 船舶の所有者等の責任の制限に関する法律

    船舶の所有者等の責任の制限に関する法律から見た条約条約

    以上のように、船主の責任制限制度につき国際的に統一されていない状態であったため、統一の必要があるとの問題意識、責任制限の内容・方法等を合理化すべきとの問題意識から、条約による統一が試みられ、1924年に船価主義と金額責任主義を併用した最初の統一条約が成立する。この統一条約は、日本を含む複数の国が批准しなかったが、1957年に金額責任主義を採用した新たな条約が成立し、日本も同条約に加入・批准しそれを実施するために、本法が制定された。その後の条約の見直しに伴い、本法も改正がされている。船舶の所有者等の責任の制限に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 渡り鳥条約

    渡り鳥条約から見た条約条約

    渡り鳥条約(わたりどりじょうやく)とは、渡り鳥や絶滅のおそれがある鳥類とその生息環境を保護するため、日本が他国と結んでいる2国間での条約または協定。渡り鳥条約 フレッシュアイペディアより)

733件中 31 - 40件表示

「条約」のニューストピックワード