606件中 51 - 60件表示
  • 日墺修好通商航海条約

    日墺修好通商航海条約から見た条約条約

    日墺修好通商航海条約(にちおうしゅうこうつうしょうこうかいじょうやく)とは、日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国との間で1869年10月18日(明治2年9月14日)に締結された条約。これによって両国の国交が開かれた。だが同時に、欧米列強による日本に対する不平等条約の集大成とも言われている。なお、ハンガリーの略表記である「洪(きょう)」を加えて「日墺洪(にちおうきょう)?」と表記する場合もある。日墺修好通商航海条約 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛目的のためにする特許権及び技術上の知識の交流を容易にするための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定

    防衛目的のためにする特許権及び技術上の知識の交流を容易にするための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定から見た条約条約

    防衛目的のためにする特許権及び技術上の知識の交流を容易にするための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定(ぼうえいもくてきのためにするとっきょけんおよびぎじゅつじょうのちしきのこうりゅうをよういにするためのにほんこくせいふとアメリカがっしゅうこくせいふとのあいだのきょうてい、英称:Agreement between the Government of the United States of America and the Government of Japan to Facilitate Interchange of Patent Rights and Technical Information for Purposes of Defense、昭和31年条約第12号)は、1956年(昭和31年)に日本とアメリカ合衆国との間で締結された軍事関連特許の秘密保持に関する条約である。一方の国で非公開とされた防衛関連の特許出願(いわゆる秘密特許)について、他方の国でも非公開とすること等を規定している。略称、日米技術協定(にちべいぎじゅつきょうてい)、または、日米防衛特許協定(にちべいぼうえいとっきょきょうてい)。防衛目的のためにする特許権及び技術上の知識の交流を容易にするための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定 フレッシュアイペディアより)

  • 小田代ヶ原

    小田代ヶ原から見た国際条約条約

    小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,405から1,410m程度、周縁部は少し高く最高でも1,430m程度である。日光国立公園の特別保護地域および特別地域であるほか、環境省の日本の重要湿地500、国際条約のラムサール条約湿地に登録され保護されている。小田代ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 全権委員

    全権委員から見た条約条約

    全権委員(ぜんけんいいん)とは、一国の政府を代表して外交を行い、条約に署名・調印する権限を付与された者。全権委員 フレッシュアイペディアより)

  • ブルームフォンテーン協定

    ブルームフォンテーン協定から見た条約条約

    ブルームフォンテーン協定(ブルームフォンテーンきょうてい、)は、イギリスとボーア人の間で1854年に成立した協定。イギリスがボーア人国家であるオレンジ自由国を承認した。オレンジ川協定(英語:)とも称される。ブルームフォンテーン協定 フレッシュアイペディアより)

  • タナグラの戦い (紀元前457年)

    タナグラの戦い (紀元前457年)から見た条約条約

    フォキスがボイオス、キュティニオン、ネソネオンなどの都市を含むドリスに侵攻した際、スパルタは同盟国であり、自分たちドリス人の故郷であるドリスを助けるために幼年のプレイストアナクス王の代わりにニコメデス率いるスパルタ人重装歩兵1500人とペロポネソスの10000人の同盟軍からなる軍を送った。彼らは成功裏にフォキスを屈服させ、征服地を手放す条約を結ばせた。タナグラの戦い (紀元前457年) フレッシュアイペディアより)

  • シュテッティン条約

    シュテッティン条約から見た条約条約

    シュテッティン条約とは、1653年5月にポンメルンのシュテッティンでスウェーデン王国とブランデンブルク選帝侯との間で結ばれた国境線を定めた協定条約である。この条約によってポンメルンの両国の国境線が確定した。国境線自体は、1648年のヴェストファーレン条約とその後の交渉で1651年までにほぼ確定していたが、ポンメルンを巡る両国の問題は、その後もしこりとなっていた(ポンメルン問題)。シュテッティン条約 フレッシュアイペディアより)

  • 協約

    協約から見た条約条約

    国家間の場合は条約とされ、類似の性質をもつ。例としては、労働組合と使用者の間で交わされる労働協約、プロ野球の選手契約などについて定めた野球協約、歴史上の国家間のものでは日露協約などがある。協約 フレッシュアイペディアより)

  • 手形法

    手形法から見た条約条約

    現在の手形法は、1930年に成立した手形法制に関する三つの条約を批准したことに伴い制定されたものである。手形法 フレッシュアイペディアより)

  • 密約

    密約から見た条約条約

    密約(みつやく)とは、ひそかに契約や条約などを結ぶこと。あるいはその契約や条約。密約 フレッシュアイペディアより)

606件中 51 - 60件表示

「条約」のニューストピックワード