733件中 51 - 60件表示
  • 常居所

    常居所から見た条約条約

    このうち、住所地法主義を採用する場合、法域により住所の要件が異なることから、各法域において住所地法主義を採用するように条約で定めたとしても、住所の認定が法域により異なる結果となる。このような結果を避けるため、ハーグ国際私法会議では、住所の代わりに常居所という概念を連結点として導入するに至った。常居所 フレッシュアイペディアより)

  • 準拠法

    準拠法から見た条約条約

    このように、問題となる法律関係の最密接地の法を適用することにより、どこで裁判が係属しても同じ結果が期待できるというのが、サヴィニーの考え方であった。このような準拠法指定の考え方は、法典編纂中のヨーロッパの国際私法に取り入れられ、日本においても、法例及びそれを引き継いだ法の適用に関する通則法は原則としてサヴィニーの考え方に近い形で作られている。もっとも、条約により統一されている法領域もあるものの、現実の国際私法の主要な法源は国内法であり、どこを最密接地とすべきか考え方が分かれる場合もある。また、特に公法上の問題がからむ場合を中心として、政策的な理由により最密接地の法ではなく法廷地法をも考慮して準拠法を決める場合もある。そのため、実際には国際私法の内容が国・地域により異なっており、サヴィニーの期待通りには処理できないことは否定できない。準拠法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第10章

    日本国憲法第10章から見た条約条約

    第98条 最高法規、条約及び国際法規の遵守日本国憲法第10章 フレッシュアイペディアより)

  • 張業遂

    張業遂から見た条約条約

    2003年7月から2008年9月まで外交部副部長を務め、政策研究と軍備管理および軍縮の分野を担当。またアフリカ・ヨーロッパ・北アメリカ・オセアニアの問題と、国際法および条約についても主管。2008年10月から2010年3月まで国連常駐代表。2010年3月から駐米大使。2013年3月から外交部筆頭副部長。張業遂 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院

    参議院から見た条約条約

    参議院議員の任期は6年で、衆議院議員の任期(4年)より長い。衆議院はたいてい任期途中で解散となるため、実質的な任期の差はさらに広がる。また、解散がされる衆議院と異なり任期途中での解散がなく、3年ごとに半数改選が行われる。内閣不信任決議は衆議院のみの権限であるが、参議院の権限は決して無視できないものであるため、内閣は常に両院を意識する必要がある。確かに、内閣総理大臣の指名、予算の議決、条約の承認については衆議院に絶対的な優越があるが、法律案の議決については相対的な優越しかなく、憲法改正案の議決に関しては完全な対等である。しかも、憲法ではなく法律にもとづく国会の議決に関して対等の例が数多くある。このため、参議院を無視してしまうと法律案その他の議決に重大な障害となるため、内閣は常に両院の総意(これには、衆議院の優越により衆議院の意思がそのまま両院の総意となった場合をも含む)にもとづき行動しなければならない。参議院 フレッシュアイペディアより)

  • 教育法

    教育法から見た条約条約

    日本において、教育法の法源には様々なものがあり、大きく憲法(日本国憲法)、条約、法令、例規などがあげられる。特に、教育に係わる法律や命令である教育法令(きょういくほうれい)や、教育に係わる条例や規則である教育例規(きょういくれいき)は、教育の運営において第一に参照されることが多い。教育法 フレッシュアイペディアより)

  • 通商政策局

    通商政策局から見た条約条約

    通商に関する協定又は取決めの実施に関すること(貿易経済協力局の所掌に属するものを除く。)。通商政策局 フレッシュアイペディアより)

  • シュボタの海戦

    シュボタの海戦から見た条約条約

    双方の接触により海戦は始まった。トゥキュディデスによれば双方共に古めかしい装備であり、また操船技術が高度ではなかったために船をぶつけて敵船を沈めたりするような戦い方ではなく、敵船に乗り込んだりして陸戦のように戦った。アテナイ船はケルキュラ艦隊の苦戦している部分があれば助勢したが、条約を守るために本国からの命令通り進んで戦いに加わろうとはしなかった。コリントス艦隊の右翼がケルキュラ船20隻に破れ、そのケルキュラ船は敵を追撃した。彼らは敵の宿営地に上陸して天幕を焼き払い、物資を奪った。一方、逆に数の利もあってかコリントス船は前面の敵を圧倒したため、ケルキュラ艦隊は退却に転じた。シュボタの海戦 フレッシュアイペディアより)

  • Free Software Foundation Europe

    Free Software Foundation Europeから見た条約条約

    世界知的所有権機関のオブザーバー : 世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organisation: WIPO)は国際連合の16の専門機関の内の1つである。その役目は、知的財産の制限的な独占に関し異なる側面を扱っている23の国際条約を管理、運営することにある。FSFEは、WIPOのオブザーバーとして、また、目的を共有する他のプレイヤーと国際的に連携して、WIPOを“World Intellectual Wealth Organisation”に再構成することを目指し活動している。Free Software Foundation Europe フレッシュアイペディアより)

  • 加入

    加入から見た条約条約

    加入(かにゅう、、)とは、組織・団体・または枠組などに参加し、その一員となること。国際法上では条約について、署名を行うことなく、条約を締結する手続のひとつである。加入 フレッシュアイペディアより)

733件中 51 - 60件表示

「条約」のニューストピックワード