606件中 61 - 70件表示
  • ペンタゴンの新しい地図

    ペンタゴンの新しい地図から見た条約条約

    バーネットは個人や企業、政府組織、国際共同体を指導するさまざまな手続、法律、条約、経験則、社会通念などから構成されるルール・セットは世界を安定化させる機能があり、一般にルール・セットへの参加者が増えれば平和状態がもたらされ、参加者が減れば戦争状態がもたらされると考える。これは冷戦期においては資本主義の西側地域と社会主義の東側地域という二つのルール・セットの対決があった。21世紀においてこのルール・セットはグローバリゼーションが「機能するコア(Functioning core)」とグローバリゼーションに「統合されないギャップ(Non integrating gap)」に地理的に区分できる。ペンタゴンの新しい地図 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー憲章に関する条約

    エネルギー憲章に関する条約から見た条約条約

    エネルギー憲章に関する条約(エネルギーけんしょうにかんするじょうやく)とは、冷戦末期の旧ソビエト連邦と東ヨーロッパのエネルギー部門を拡大ヨーロッパおよび世界市場に組み込ませる動きに基づいてまとめられた条約エネルギー憲章に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • ニンフェンブルク条約

    ニンフェンブルク条約から見た条約条約

    ニンフェンブルク条約 (Vertrag von Nymphenburg) は、1741年5月28日に締結されたオーストリア継承戦争における条約である。バイエルン、フランス、スペインの三国によって結ばれた。ニンフェンブルク宮殿において締結されたのでこの名がある。ニンフェンブルク条約 フレッシュアイペディアより)

  • 万国阿片条約

    万国阿片条約から見た条約条約

    万国阿片条約()はハーグにて1912年1月23日に調印された初の薬物統制に関する条約である。アヘンをはじめモルヒネや、ヘロイン、コカイン、大麻などが条約の統制対象となった。1911年からの1912年にかけてのハーグにおける万国阿片会議にて条約は調印され 、ヴェルサイユ条約を通して批准され、1924年から1925年にかけてのジュネーヴ国際阿片会議にて条約を補足する協定が作成された。万国阿片条約 フレッシュアイペディアより)

  • 貿易の技術的障害に関する協定

    貿易の技術的障害に関する協定から見た条約条約

    貿易の技術的障害に関する協定(ぼうえきのぎじゅつてきしょうがいにかんするきょうてい、Agreement on Technical Barriers to Trade、通称TBT協定またはWTO/TBT協定)は、東京ラウンドにおいて1979年に「GATTスタンダードコード」として合意し、ウルグアイラウンドにおいて1994年にTBT協定として改定合意されて、1995年に世界貿易機関を設立するマラケシュ協定(WTO設立協定)に包含した標準化に関する条約である。貿易の技術的障害に関する協定 フレッシュアイペディアより)

  • 猟虎及膃肭獣保護国際条約

    猟虎及膃肭獣保護国際条約から見た条約条約

    猟虎及膃肭獣保護国際条約(らっこおっとせいほごこくさいじょうやく)は、1911年に日本が締結したラッコ、オットセイの保護に関する国際条約。動物保護に関しては、草創期の条約である。猟虎及膃肭獣保護国際条約 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエルの大統領

    イスラエルの大統領から見た条約条約

    イスラエルの大統領は儀礼的存在として憲法により職務が制限されているため、実務は首相が担当する。クネセトの開会式の開会宣言、外国大使の信任状受理、議会が採択した法律や批准した条約への署名、大使、裁判官、中央銀行総裁の任命、法務大臣の勧告にもとづく受刑者の特赦と減刑などが公式な職務である。イスラエルの大統領 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略兵器削減条約

    戦略兵器削減条約から見た条約条約

    戦略兵器削減条約(せんりゃくへいきさくげんじょうやく 英:STrategic Arms Reduction Treaty, START)は、アメリカ合衆国とロシア連邦との間で結ばれた3つの条約を指す。1982年に両国間で開始された戦略兵器削減交渉(STrategic Arms Reduction Talks, 略称は同じくSTART)の成果である。戦略兵器削減条約 フレッシュアイペディアより)

  • 武力紛争の際の文化財の保護に関する条約

    武力紛争の際の文化財の保護に関する条約から見た条約条約

    武力紛争の際の文化財の保護に関する条約(ぶりょくふんそうのさいのぶんかざいのほごにかんするじょうやく、Convention for the Protection of Cultural Property in the Event of Armed Conflict)は、戦争などの武力紛争の際に文化遺産を保護するための措置を定めた条約である。1954年ハーグ条約とも表記される。武力紛争の際の文化財の保護に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 水中文化遺産保護条約

    水中文化遺産保護条約から見た条約条約

    水中文化遺産の保護に関する条約(水中文化遺産保護条約 すいちゅうぶんかいさんほごじょうやく、Convention on the Protection of the Underwater Cultural Heritage)は、2001年の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)総会で採択された、沈没船や海底遺跡などの水中文化遺産の保護を目的とした条約である。批准国の数が所定の数に達し、2009年1月より発効された。水中文化遺産保護条約 フレッシュアイペディアより)

606件中 61 - 70件表示

「条約」のニューストピックワード