733件中 71 - 80件表示
  • 国際刑事法

    国際刑事法から見た条約条約

    このような国際犯罪(international crimes; les crimes internationaux)は、外国性を有するが国内法が罪刑の法定を決定し国内法により処罰される「外国性を有する犯罪」と、実定国際法(条約、慣習国際法)が直接、罪刑の法定を定める「国際法上の犯罪」(les crimes du droit des gens; crimes under international law)に分類される。さらに第三の類型として、「国際法上の犯罪」より広い概念として、国際法が各国に国際的な基準を備えた国内刑法の制定を義務づけ、これに従って処罰される「諸国の共通利益を害する犯罪」がある。国際刑事法 フレッシュアイペディアより)

  • 条約の改正

    条約の改正から見た条約条約

    条約の改正(じょうやくのかいせい)は、当事国間の合意によって条約を変更することである。条約の改正 フレッシュアイペディアより)

  • 非核地帯

    非核地帯から見た条約条約

    非核地帯のうち、条約などで特に核兵器を禁止した地帯は非核兵器地帯(、NWFZ)とも呼ばれる。非核地帯 フレッシュアイペディアより)

  • ヌイイ条約

    ヌイイ条約から見た条約条約

    ヌイイ条約(ヌイイじょうやく、フランス語:Traité de Neuilly)は、第一次世界大戦後、1919年11月27日に連合国側とブルガリア王国の間で結ばれた条約。パリ近郊の都市ヌイイ=シュル=セーヌで結ばれた(なお、フランスには「ヌイイ」という都市は20以上ある)。ヌイイ条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合海洋法会議

    国際連合海洋法会議から見た条約条約

    海洋法の分野で条約の草案を作成する試みは1890年代から1920年代にかけて学者たちの間で見られた。万国国際法学会、国際法協会、ハーバード・ロー・スクールなど、国際法学の有力な研究グループがそれまでの国際慣習法の内容を識別しこれを補完するため、領海、海洋資源、船舶の法的地位、海賊、内水などに関する海洋法の諸問題について、多数国間条約の草案を作成しこれを相次いで提案するようになった。こうした研究作業の成果はその後の各国政府による法典化作業に少なからず影響を与えた。国際連合海洋法会議 フレッシュアイペディアより)

  • ポリシー・ロンダリング

    ポリシー・ロンダリングから見た条約条約

    ポリシーロンダリング()とは政治的決定や立法、条約制定の当事者を隠蔽し、そのプロセスを不透明化する行為のことで、マネーロンダリングから派生した用語である。国内で規制を行うために前もって国際条約を締結しておき、それに基づいて国内法を整備する手法は、典型的なポリシーロンダリングである。責任の所在を曖昧にする、本来の目的を隠蔽する、あるいは立法の手続きを迂回するために行われる。ポリシー・ロンダリング フレッシュアイペディアより)

  • ポリシー・ロンダリング

    ポリシー・ロンダリングから見た国際条約条約

    ポリシーロンダリング()とは政治的決定や立法、条約制定の当事者を隠蔽し、そのプロセスを不透明化する行為のことで、マネーロンダリングから派生した用語である。国内で規制を行うために前もって国際条約を締結しておき、それに基づいて国内法を整備する手法は、典型的なポリシーロンダリングである。責任の所在を曖昧にする、本来の目的を隠蔽する、あるいは立法の手続きを迂回するために行われる。ポリシー・ロンダリング フレッシュアイペディアより)

  • ニジェールの大統領

    ニジェールの大統領から見た条約条約

    1999年制定の現行憲法は半大統領制を採用しており、行政権は大統領と首相によって分割されている。大統領は首相および閣僚の任免、国軍の最高指揮権、非常事態宣言の発令権を持ち、首相との協議の上で憲法裁判所および最高裁判所長官を任命することもできる。国際条約を批准する権限も持つが、防衛協定や平和条約、および国際機関と関係する協定が、国内法の改定や財政上の責務を負うものである場合は、司法判断に基づき批准される。ニジェールの大統領 フレッシュアイペディアより)

  • 親署

    親署から見た条約条約

    国際条約を公布する場合の上諭親署 フレッシュアイペディアより)

  • 議決

    議決から見た条約条約

    国会における条約の承認(日本国憲法第61条)など。議決 フレッシュアイペディアより)

733件中 71 - 80件表示

「条約」のニューストピックワード