606件中 71 - 80件表示
  • 世界知的所有権機関と世界貿易機関との協定

    世界知的所有権機関と世界貿易機関との協定から見た条約条約

    世界知的所有権機関と世界貿易機関との協定(せかいちてきしょゆうけんきかんとせかいぼうえききかんとのきょうてい、英:Agreement between the World Intellectual Property Organization and the World Trade Organization)は、世界知的所有権機関(WIPO)と世界貿易機関(WTO)の協力について定めた国際機関間の条約である。世界知的所有権機関と世界貿易機関との協定 フレッシュアイペディアより)

  • 特許手続上の微生物の寄託の国際承認に関するブダペスト条約

    特許手続上の微生物の寄託の国際承認に関するブダペスト条約から見た条約条約

    特許手続上の微生物の寄託の国際承認に関するブダペスト条約(とっきょてつづきじょうのびせいぶつのきたくのこくさいしょうにんにかんするブダペストじょうやく、Budapest Treaty on the International Recognition of the Deposit of Microorganisms for the Purposes of Patent Procedure)は、1977年4月28日にハンガリーのブダペストで作成され、1980年8月19日に発効した特許手続上の微生物の国際寄託に関する条約である。ブダペスト条約と略される。条約の管理は、世界知的所有権機関が行っている。特許手続上の微生物の寄託の国際承認に関するブダペスト条約 フレッシュアイペディアより)

  • 国際特許分類に関するストラスブール協定

    国際特許分類に関するストラスブール協定から見た条約条約

    国際特許分類に関するストラスブール協定(こくさいとっきょぶんるいにかんするストラスブールきょうてい、Strasbourg Agreement Concerning the International Patent Classification)は、1971年3月24日にフランスのストラスブールで作成され、1975年10月7日に発効した、特許の国際分類を定める条約。ストラスブール協定と略される。国際特許分類はこの条約に基づいて作成されている。この条約の管理は世界知的所有権機関が行っている。締約国は56か国(2006年8月現在)。日本は1977年8月18日に加入。国際特許分類に関するストラスブール協定 フレッシュアイペディアより)

  • 商標法条約

    商標法条約から見た条約条約

    商標法条約(しょうひょうほうじょうやく、)は、1994年10月27日にジュネーヴで作成され、1996年8月1日に発効した、商標出願手続の国際的な制度調和と簡素化を図るための条約。条約の管理は世界知的所有権機関が行っている。締約国は38か国(2007年3月現在)。日本は1997年1月1日にこの条約に加入し、この条約は1997年4月1日に日本について効力を発生している。商標法条約 フレッシュアイペディアより)

  • 商標法に関するシンガポール条約

    商標法に関するシンガポール条約から見た条約条約

    商標法に関するシンガポール条約(しょうひょうほうにかんするシンガポールじょうやく、、シンガポール条約)は、2006年3月27日にシンガポールで作成された商標出願手続の国際的な制度調和と簡素化を図るための条約。条約の管理は世界知的所有権機関(WIPO)が行っている。未発効。商標法に関するシンガポール条約 フレッシュアイペディアより)

  • 集積回路についての知的所有権に関する条約

    集積回路についての知的所有権に関する条約から見た条約条約

    集積回路についての知的所有権に関する条約(しゅうせきかいろについてのちてきしょゆうけんにかんするじょうやく、Treaty on Intellectual Property in Respect of Integrated Circuits)は、半導体集積回路の回路配置の保護に関する条約である。作成地にちなんだワシントン条約(Washington Treaty)、または、頭文字をとってIPIC条約(IPIC Treaty)という通称で呼ばれることが多い。集積回路についての知的所有権に関する条約 フレッシュアイペディアより)

  • 虚偽の又は誤認を生じさせる原産地表示の防止に関するマドリッド協定

    虚偽の又は誤認を生じさせる原産地表示の防止に関するマドリッド協定から見た条約条約

    虚偽の又は誤認を生じさせる原産地表示の防止に関するマドリッド協定(きょぎのまたはごにんをしょうじさせるげんさんちひょうじのぼうしにかんするマドリッドきょうてい、)は、1891年にスペインのマドリードにおいて作成された、虚偽または誤認を生じさせる原産地表示の防止に関する国際条約である。虚偽の又は誤認を生じさせる原産地表示の防止に関するマドリッド協定 フレッシュアイペディアより)

  • 原産地名称の保護及び国際登録に関するリスボン協定

    原産地名称の保護及び国際登録に関するリスボン協定から見た条約条約

    原産地名称の保護及び国際登録に関するリスボン協定(げんさんちめいしょうのほごおよびこくさいとうろくにかんするリスボンきょうてい、)は、1891年にポルトガルのリスボンにおいて作成された、原産地名称(地理的表示)の保護及び国際登録に関する国際条約である。原産地名称の保護及び国際登録に関するリスボン協定 フレッシュアイペディアより)

  • タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定

    タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定から見た条約条約

    タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定(タイプフェイスのほごおよびそのこくさいきたくにかんするウィーンきょうてい、略称:ウィーン協定、英:Vienna Agreement for the Protection of Type Faces and Their International Deposit)は、1973年に作成されたタイプフェイスの国際登録について定める国際条約である。タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定 フレッシュアイペディアより)

  • 標章の登録のため商品及びサービスの国際分類に関するニース協定

    標章の登録のため商品及びサービスの国際分類に関するニース協定から見た条約条約

    標章の登録のため商品及びサービスの国際分類に関するニース協定(ひょうしょうのとうろくのためのしょうひんおよびサービスのこくさいぶんるいにかんするニースきょうてい、略称:ニース協定、英:Nice Agreement Concerning the International Classification of Goods and Services for the Purposes of the Registration of Marks)は、1957年に作成された商標の国際分類について定める国際条約である。標章の登録のため商品及びサービスの国際分類に関するニース協定 フレッシュアイペディアより)

606件中 71 - 80件表示

「条約」のニューストピックワード