前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 東アジア・ASEAN経済研究センター

    東アジア・ASEAN経済研究センターから見た東アジアサミット東アジアサミット

    東アジア・ASEAN経済研究センター(Economic Research Institute for ASEAN and East Asia, ERIA)は、東アジアの経済統合に資する政策研究および政策提言活動を実施することを目的として、東アジア16カ国(ASEAN加盟10カ国、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド)の首脳の合意に基づき2008年にインドネシア・ジャカルタに設立された国際機関である。ERIAはASEAN事務局、東アジア16カ国の研究機関と密接に連携しながら、「経済統合の深化」「経済格差の是正」「持続的経済発展」を主要な3つの柱として地域の政策研究を行い、東アジアサミットやASEANサミット、経済閣僚会議等を通じて各国首脳・閣僚らに対し、政策研究の成果を踏まえた政策提言を実施するなど将来の東アジア共同体の構築に向けた知的貢献とシェルパ国際機関の機能を果たしている。ペンシルバニア大学が実施している2012年の世界シンクタンクランキング「2012 Global GoTo Think Tank Report - Top 50 International Economic Policy Think Tanks」1ではERIAは世界28位(東南アジア1位)にランキングされている。東アジア・ASEAN経済研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見た東アジアサミット東アジアサミット

    現在、政治的に範囲の定まった地域は東南アジアであるが、アジアの他の部分は地域認識が非常に曖昧であり、一般にASEAN10カ国に日中韓の3カ国を加えASEAN+3とされる事が多い「東アジア」でさえも、例えば、東アジアサミット(EAS)にインドが参加している事などからも判るように、その範囲は時と場合によって異なるというのが実情である。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 東南アジア諸国連合

    東南アジア諸国連合から見た東アジアサミット東アジアサミット

    第11回首脳会議がマレーシアのクアラルンプールで開かれ(第9回ASEAN+3首脳会議および東アジアサミットも併せて開催)、首脳宣言が発表された。ASEAN憲章の起草は、ASEAN加盟国の元首脳や有識者の賢人グループに委ねられ、翌年(2006年)中の制定をめざす。首脳宣言で確認した憲章の骨格には、民主主義の促進、核兵器の拒否、武力行使・威嚇の拒否、国際法の原則順守、内政不干渉などが含まれている。東南アジア諸国連合 フレッシュアイペディアより)

  • タイの歴史 (1973年 - )

    タイの歴史 (1973年 - )から見た東アジアサミット東アジアサミット

    2009年4月11日、UDDはパッタヤーで東アジアサミットに乱入して中止させ、アピシット首相はバンコクと隣接する5県に非常事態を宣言した。2010年3月 - 4月、UDDと支援者はバンコクの中心市街地を占領し、衝突により18人の死者と、800人以上の負傷者をもたらした。5月13日 - 5月16日、包囲する警察や軍と抗議キャンプの衝突は徐々に拡大した。衝突により外国人ジャーナリストや医療関係者を含む少なくとも35人が死亡し、250以上が負傷した。5月19日、陸軍部隊は赤シャツキャンプを制圧し12人が死亡した。穏健派とされる赤シャツ指導者は投降して逮捕されたが、一部は逃亡した。それに続く暴動により、を含む多くのショッピングセンターやビルが放火され破壊された。タイの歴史 (1973年 - ) フレッシュアイペディアより)

  • 寺田達志

    寺田達志から見た東アジアサミット東アジアサミット

    水・大気環境局水環境担当審議官等を経て、2008年地球環境局長に、2011年には地球環境審議官に就任。東アジアサミット環境大臣会合第3回環境的に持続可能な都市ハイレベルセミナーでは、冒頭で、共催国を代表して挨拶を述べた。寺田達志 フレッシュアイペディアより)

  • 反独裁民主戦線

    反独裁民主戦線から見た東アジアサミット東アジアサミット

    4月11日、パタヤでASEAN+3や東アジアサミットが行われるホテルにデモ参加者が乱入したため、会議は中止を余儀なくされた。すでに会場入りしていた一部の首脳はホテルの屋上からヘリコプターで脱出するなどして、パタヤから避難した。これらの事態を受け、アピシットはパタヤとチョンブリー県に非常事態宣言を発令した。反独裁民主戦線 フレッシュアイペディアより)

  • 日豪関係

    日豪関係から見た東アジアサミット東アジアサミット

    オーストラリアと日本は、アジア太平洋経済協力(APEC)、ASEAN地域フォーラム(ARF)そして東アジアサミット(EAS)を含む、様々な地域のフォーラムを強化するため、共に働きかけていくことに同意した。しかし、捕鯨問題においては長年対立しており、捕鯨反対派のオーストラリアは調査捕鯨を行っている日本に対し、懸念の意を表明している。日豪関係 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の政治

    2007年の政治から見た東アジアサミット東アジアサミット

    14日 - (フィリピン)セブ島で東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日本・中国・韓国)首脳会議開催。15日、同地で東アジアサミット開催。2007年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの国際関係

    ブルネイの国際関係から見た東アジアサミット東アジアサミット

    ブルネイは、完全独立を果たしたその1週間後の1984年1月7日、ASEANに加盟し、ASEAN関係を外交の第一優先にしてきた。1984年9月には国際連合に加盟した。この年ブルネイ国王は日本訪問を行い、今上天皇との晩餐にも招待された。また、ブルネイはイスラム諸国会議機構(OIC)、アジア太平洋経済協力(APEC)、そしてイギリス連邦にも加盟している。2000年11月、ブルネイはAPEC経済相会議の議長国を務めた。2005年からは、東アジアサミットにも参加している。ブルネイの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た東アジアサミット東アジアサミット

    12月14日 - 第1回東アジアサミットがマレーシアのクアラルンプールで開催。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「東アジアサミット」のニューストピックワード