前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、2004年には東シナ海の日中中間線ぎりぎりの中華人民共和国側で、中華人民共和国政府により海底油田の開発が進められていることが発覚した。日本政府は日本側の資源にも地下でつながっている可能性を指摘し、中断を求めたが、中華人民共和国は証拠がないことを理由に応じず、2005年には生産が始まった。詳細は東シナ海ガス田問題を参照。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題で2010年(平成22年)1月17日に中国の楊潔チ外相と会談して、2008年(平成20年)6月18日に東シナ海のガス田の共同開発で日中両国が合意した東シナ海の「白樺」について、中国がガス生産に踏み切った場合は「日本としてしかるべき措置をとることになる」と警告した。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 東中国海ガス田問題

    東中国海ガス田問題から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東中国海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 対日新思考

    対日新思考から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    このように、中国では経済の急成長や日中の相互依存関係の深化にしたがって日本に対する新たな見解も芽生えてはいるが、2005年の反日デモや尖閣諸島問題、東シナ海ガス田問題などからもわかるように、未だ日中両国の国民感情の間には大きな溝があり、この思想は中国国内においてはあくまで一部知識人の多様性の1つに留まっていて同国の世論の主要な潮流とはなってはいないのが現実である。対日新思考 フレッシュアイペディアより)

  • 交戦規定

    交戦規定から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、自衛隊の海外派遣の恒常化による部隊の武器使用の可能性の現実化や冷戦後の新たな脅威(東シナ海における中華人民共和国との海洋権益を巡る突発的軍事衝突のおそれの増大等:東シナ海ガス田問題を参照)により、この現状が問題視されるようになった。交戦規定 フレッシュアイペディアより)

  • 資源 (探査船)

    資源 (探査船)から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    広大なEEZを有する日本が高機能の探査船を保有していないことはずいぶん前から問題であると専門家からは盛んに指摘されていた。しかし、このことが政府で課題と認識されるようになったのは、日中中間線上のガス田開発問題が、問題として認識されるようになってからである。この問題で日本政府は完全に後手に回り、いくら抗議しようが中国に開発を中止させることはできなかった。日本も遅ればせながら該当海域の探査に踏み切ることになったが、国内に妥当な船舶がないため、ノルウェーの資源企業が有するラムフォーム・ヴィクトリーをチャーターするに至ったのである。資源 (探査船) フレッシュアイペディアより)

  • 嫌中

    嫌中から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    2005年の中国における反日活動や、東シナ海ガス田問題、靖国参拝問題、尖閣諸島問題、中国で行われている反日教育、2007年から、2008年にかけて相次いで明らかになった中国産食品・中国製品の安全性問題などの諸問題により日本人の間で中国に対する嫌悪感が広がりつつある。嫌中 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の歴史

    中華人民共和国の歴史から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    2000年代に入ると、靖国神社問題、東シナ海ガス田問題、上海総領事館員自殺事件など反日活動が顕著化し、2008年の北京オリンピックでは、チベットで暴動が起こるなど内外で中国に関係する事件が多発した。中華人民共和国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ガス田

    ガス田から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    南西諸島周辺では、中国との領有権争い(東シナ海ガス田問題を参照のこと)が生じている。ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題

    名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    9月下旬、中国が、日中中間線から4kmほど中国側の位置でガス田の生産を開始(参照名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード