前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、2004年には東シナ海の日中中間線ぎりぎりの中華人民共和国側で、中華人民共和国政府により海底油田の開発が進められていることが発覚した。日本政府は日本側の資源にも地下でつながっている可能性を指摘し、中断を求めたが、中華人民共和国は証拠がないことを理由に応じず、2005年には生産が始まった。詳細は東シナ海ガス田問題を参照。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題で2010年(平成22年)1月17日に中国の楊潔チ外相と会談して、2008年(平成20年)6月18日に東シナ海のガス田の共同開発で日中両国が合意した。東シナ海の「白樺」について、中国がガス生産に踏み切った場合は「日本としてしかるべき措置をとることになる」と警告した。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

  • 中川昭一

    中川昭一から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    2003年(平成15年)9月に組閣された小泉再改造内閣で経済産業大臣に就任した。中国による東シナ海ガス田問題に対応した。帝国石油に試掘権を与えるなど、中国には強い姿勢で交渉を行っていた。同職には2005年(平成17年)10月まで留まった。中川は経済産業大臣の後に農水大臣を務めた。同内閣では一連の小泉改革に貢献するとともに、大臣としてはメキシコやフィリピンとの自由貿易協定 (FTA) 締結などの成果をあげた。中川は小泉純一郎からの信頼が厚く、小泉からファーストネーム(「昭一」)で呼ばれる数少ない国会議員の一人となっていた。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 東中国海ガス田問題

    東中国海ガス田問題から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東中国海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 白樺ガス田

    白樺ガス田から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    ガス田は2006年1月28日に生産を開始した中国海洋石油総公司 (CNOOC) と中国石油化工 (Sinopec) が用地を運営。ユノカルとシェルは、高コスト、付加埋蔵量の不確実さと領土問題を理由に2004年後半にプロジェクトから撤退した。白樺ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    北京オリンピックと上海万博を開催して、「四つの近代化」を進めてきた中国は急速に経済的存在感を強め、日中関係は「政冷経熱」と呼ばれるように緊密化した(日本の最大の貿易相手国は中国である)。それとともに、ガス田開発、尖閣諸島などの領土を巡る尖閣諸島問題などで日本との摩擦が表面化している。また、中国は天安門事件で国際社会から制裁を受けた1989年(平成元年)以降、年々軍備増強を強力に推し進めており、日本にとって脅威になっていると言われている(中国脅威論)。2011年(平成23年)以降、小笠原諸島など日本領海内でサンゴを密漁する中国籍の漁船が急増した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国石油

    帝国石油から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本と中華人民共和国が排他的経済水域をめぐり争っている東シナ海ガス田問題で、1969年(昭和44年)に試掘出願をしていたが保留にされ、出願から35年後の2005年7月14日に試掘権が付与されたが、その後に親中派議員の二階俊博が通産大臣になるとこの流れはストップしてしまう。帝国石油 フレッシュアイペディアより)

  • 第一列島線

    第一列島線から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、この区域内には、南沙諸島問題、尖閣諸島問題や東シナ海ガス田問題など、領土問題が存在しているため、第一列島線に関連する戦力整備・軍事行動は関連諸国の警戒を呼び起こしている。第一列島線 フレッシュアイペディアより)

  • 対日新思考

    対日新思考から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    このように、中国では経済の急成長や日中の相互依存関係の深化にしたがって日本に対する新たな見解も芽生えてはいるが、2005年の反日デモや尖閣諸島問題、東シナ海ガス田問題などからもわかるように、未だ日中両国の国民感情の間には大きな溝があり、この思想は中国国内においてはあくまで一部知識人の多様性の1つに留まっていて同国の世論の主要な潮流とはなってはいない。対日新思考 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美基地

    奄美基地から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    奄美諸島周辺海域は、中華人民共和国との緊張関係の最前線にあり、九州南西海域工作船事件における朝鮮民主主義人民共和国工作船との交戦現場や、東シナ海ガス田問題で中国が設置した油井が近くにある。漢級原子力潜水艦領海侵犯事件では、奄美諸島の沖合を漢級原子力潜水艦が潜航したまま逃走した。奄美基地は、補給や休養・悪天候時の避難港として好立地であり、有事の際は前進基地、補給基地として活用できる。奄美基地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード