30件中 11 - 20件表示
  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また中国政府は、東シナ海ガス田問題交渉の延期を通告し、7日の農業部漁業局の漁業監視船「漁政」の派遣に続いて、国土資源部国家海洋局が所管する海監総隊の「海監51」等2隻を周辺海域に派遣し、11日から13日まで海上保安庁の測量船と対峙し測量船の海洋調査活動を妨害した。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 資源 (探査船)

    資源 (探査船)から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    広大なEEZを有する日本が高機能の探査船を保有していないことはずいぶん前から問題であると専門家からは盛んに指摘されていた。しかし、このことが政府で課題と認識されるようになったのは、日中中間線上のガス田開発問題が、問題として認識されるようになってからである。この問題で日本政府は完全に後手に回り、いくら抗議しようが中国に開発を中止させることはできなかった。日本も遅ればせながら該当海域の探査に踏み切ることになったが、国内に妥当な船舶がないため、ノルウェーの資源企業が有するラムフォーム・ヴィクトリーをチャーターするに至ったのである。資源 (探査船) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄トラフ

    沖縄トラフから見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    近年の中華人民共和国政府は、東シナ海ガス田問題などに絡み、沖縄トラフを自国の大陸棚権原の外縁とし、日中の経済主権の境界であると主張しており、これに対し、日本政府は沖縄トラフではなく、中間線方式を主張している。沖縄トラフ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    排他的経済水域 : 海岸線から 200 海里(マイル)。ただし、日本海、東シナ海の全域、千島列島東端、先島諸島、小笠原諸島南端では他国と協議した上での中間線を境界としている。→東シナ海ガス田問題も参照。日本の地理 フレッシュアイペディアより)

  • ガス田

    ガス田から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    南西諸島周辺では、中国との領有権争い(東シナ海ガス田問題を参照のこと)が生じている。ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の歴史

    中華人民共和国の歴史から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    2000年代に入ると、靖国神社問題、東シナ海ガス田問題、上海総領事館員自殺事件など反日活動が顕著化し、2008年の北京オリンピックでは、チベットで暴動が起こるなど内外で中国に関係する事件が多発した。中華人民共和国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    10月25日 東シナ海ガス田問題に関する初の日中局長級協議。日本側は地下構造のデータ提供を要求するも、中国側は応じず。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海

    東シナ海から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本と中国の間では尖閣諸島問題のほか東シナ海ガス田問題に絡んで経済水域の設定に争いがある。また、韓国と中国の間でも蘇岩礁にからみ争いがある。東シナ海 フレッシュアイペディアより)

  • 反日主義

    反日主義から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    2004年6月:中国が春暁(白樺)開発(東シナ海ガス田問題反日主義 フレッシュアイペディアより)

  • P-3 (航空機)

    P-3 (航空機)から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    海上自衛隊では1998年(平成10年)頃からP-3Cの機種呼称を「対潜哨戒機」から「哨戒機」へと変更しており、対潜水艦一辺倒だった体制を改善し、不審船対策や東シナ海ガス田に対する監視強化も主要任務に挙げられている。また、2000年(平成12年)からはアメリカ海軍にあわせ白と灰色の二色塗り分けにノーズを黒とした洋上迷彩を改め、明灰色単色の低視認性塗装が適用された。訓練機は視認性向上のため主翼の端は蛍光オレンジに塗装している(空自のT-4と同じ)。塗装変更以前に派生型へ改造された機体は旧塗装のままである。P-3 (航空機) フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード