27件中 11 - 20件表示
  • 沖縄トラフ

    沖縄トラフから見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    近年の中華人民共和国政府は、東シナ海ガス田問題などに絡み、沖縄トラフを自国の大陸棚権原の外縁、すなわち日中の経済主権の境界であると主張している。沖縄トラフ フレッシュアイペディアより)

  • 帝国石油

    帝国石油から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本と中華人民共和国が排他的経済水域をめぐり争っている東シナ海ガス田問題で、1969年(昭和44年)に試掘出願をしていたが保留にされ、出願から35年後の2005年7月14日に試掘権が付与された。帝国石油 フレッシュアイペディアより)

  • 白樺ガス田

    白樺ガス田から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    ガス田は2006年1月28日に生産を開始した中国海洋石油総公司 (CNOOC) と中国石油化工 (Sinopec) が用地を運営。ユノカルとシェルは、高コスト、付加埋蔵量の不確実さと領土問題を理由に2004年後半にプロジェクトから撤退した。白樺ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • 中国海洋石油総公司

    中国海洋石油総公司から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    中国海洋石油総公司は東シナ海中央部においても探査活動を続けており、日中中間線付近におけるガス田開発を手がけていることで日中間に政治問題を起こしている。(東シナ海ガス田問題)また、2005年には世界での石油資源獲得を目指してアメリカの大手石油会社・ユノカルの買収に乗り出したが、米国政府などの反発を浴びて失敗に終わっている。中国海洋石油総公司 フレッシュアイペディアより)

  • 特定アジア

    特定アジアから見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本が中国と韓国から国益を侵害されていること(東シナ海ガス田問題や竹島の領土問題など)について、古田博司が、産経新聞のオピニオン欄『正論』で「もういいかげんに覚悟を決めたらどうだろうか。特定アジアからそろって偽史まで強要されている。そのような恥ずかしい国に住んでいくという覚悟を、もう決めた方がよいのではないか」と論じた。古田はまた、「特定アジア」を「反日の弧」と表現している。特定アジア フレッシュアイペディアより)

  • 第一列島線

    第一列島線から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、この区域内には、南沙諸島問題、尖閣諸島問題や東シナ海ガス田問題など、領土問題が存在しているため、第一列島線に関連する戦力整備・軍事行動は関連諸国の警戒を呼び起こしている。第一列島線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    排他的経済水域 : 海岸線から 200 海里(マイル)。ただし、日本海、東シナ海の全域、千島列島東端、先島諸島、小笠原諸島南端では他国と協議した上での中間線を境界としている。→東シナ海ガス田問題も参照。日本の地理 フレッシュアイペディアより)

  • 中川昭一

    中川昭一から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    経済産業大臣時代、中国との東シナ海ガス田問題では法的・理論的根拠を崩さず、帝国石油に初めて試掘権を与えた。中国が要求した共同開発についても、日中中間線より中国側でも日本の試掘を認めることを前提にするよう再三要求した。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海

    東シナ海から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本と中国の間では尖閣諸島問題のほか東シナ海ガス田問題に絡んで経済水域の設定に争いがある。また、韓国と中国の間でも蘇岩礁にからみ争いがある。東シナ海 フレッシュアイペディアより)

  • メタンハイドレート

    メタンハイドレートから見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本のメタンハイドレートの資源量は、1996年の時点でわかっているだけでも、天然ガス換算で7.35兆m3(日本で消費される天然ガスの約96年分)以上と推計されている。もし将来、石油や天然ガスが枯渇するか異常に価格が高騰し、海底のメタンハイドレートが低コストで採掘が可能となれば、日本は自国で消費するエネルギー量を賄える自主資源の保有国になるという意見があり、尖閣諸島近海の海底にあるとされている天然ガスなどを含めると日本は世界有数のエネルギー資源大国になれる可能性があるという意見もある。メタンハイドレート フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード