1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題 - 中国は大陸から伸びる大陸棚の突端までの全てが中国がEEZを設定できる中国独自の大陸棚であると主張している。これに対して日本は、中国から伸びる大陸棚が日本の200海里と重複するため、両国のEEZの基点の陸地からの中間線がEEZの境目であると主張している。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 反中

    反中から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、その他にも、様々な問題、例えば靖国参拝における中国の反応や、反日デモなどが日本で度々報じられたり、尖閣諸島に対する領土問題や東シナ海の天然ガス田をめぐる摩擦(東シナ海ガス田問題)や上海総領事館員自殺事件などが重なり、一方では中国が反日教育を自国民に施しているのではないかとの意識が日本で広がった。その背景には、1990年代の「失われた10年」で疲弊した日本国内で高揚してきた強い日本の復活を願うナショナリズムとの関連も指摘される。反中 フレッシュアイペディアより)

  • 二階俊博

    二階俊博から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。二階俊博 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    10月25日 東シナ海ガス田問題に関する初の日中局長級協議。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また中国政府は、東シナ海ガス田問題交渉の延期を通告し、7日の農業部漁業局の漁業監視船「漁政」の派遣に続いて、国土資源部国家海洋局が所管する海監総隊の「海監51」等2隻を周辺海域に派遣し、11日から13日まで海上保安庁の測量船と対峙し測量船の海洋調査活動を妨害した。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • P-3 (航空機)

    P-3 (航空機)から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    海上自衛隊では1998年(平成10年)頃からP-3Cの機種呼称を「対潜哨戒機」から「哨戒機」へと変更しており、対潜水艦一辺倒だった体制を改善し、不審船対策や東シナ海ガス田に対する監視強化も主要任務に挙げられている。また、2000年(平成12年)からはそれまでの白と灰色の二色塗り分けの塗装を改め、明灰色単色の低視認性塗装が適用された。P-3 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    北京オリンピックと上海万博を開催して、「四つの近代化」を進めてきた中国は急速に経済的存在感を強め、日中関係は「政冷経熱」と呼ばれるように緊密化した(日本の最大の貿易相手国は中国である)。それとともに、ガス田開発、尖閣諸島などの領土を巡る尖閣諸島問題などで日本との摩擦が表面化している。また、中国は天安門事件で国際社会から制裁を受けた1989年(平成元年)以降、年々軍備増強を強力に推し進めており、日本にとって脅威になっていると言われている(中国脅威論)。平成 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード