1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • 交戦規定

    交戦規定から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、自衛隊の海外派遣の恒常化による部隊の武器使用の可能性の現実化や冷戦後の新たな脅威(東シナ海における中華人民共和国との海洋権益を巡る突発的軍事衝突のおそれの増大等:東シナ海ガス田問題を参照)により、この現状が問題視されるようになった。交戦規定 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題 - 中国は「東シナ海大陸棚沖縄トラフ限界説」を主張している。これに対して日本は「東シナ海大陸棚琉球海溝限界説」をとり東シナ海大陸棚を中国と分有していると主張している。そして大陸棚上の境界は「衡平な解決」の原則を採り日中等距離中間線を大陸棚・EEZの境界とするのが妥当であると主張している。国連海洋法条約にはEEZ・大陸棚の重複水域の境界画定の手法について定めはない。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 中国海洋石油集団

    中国海洋石油集団から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    中国海洋石油集団有限公司は東シナ海中央部においても探査活動を続けており、日中中間線付近におけるガス田開発を手がけていることで日中間に政治問題を起こしている。(東シナ海ガス田問題)また、2005年には世界での石油資源獲得を目指してアメリカの大手石油会社・ユノカルの買収に乗り出したが、米国政府などの反発を浴びて失敗に終わっている。中国海洋石油集団 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    意欲的に首脳外交・多国間外交を推進した。他国への資金援助については削減を進めたため、海外への発言力の低下に危機感を持つべきと批判を浴びたが、一方で日本の国柄の在り方を考える機会ともなった。また靖国参拝を巡り中国と激しく対立した(詳しくは下記の経緯・エピソードを参照)。東シナ海ガス田問題では帝国石油に試掘権を与えるなど積極的な関与を行っていたが途中より、担当閣僚である経産大臣を、強硬派の中川昭一から親中派の二階俊博に変えてしまいソフト対応路線に転じた。その後民主党政権となったこともあり、結果的に東シナ海ガス田問題は中国に一方的に押し切られる形となった。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    北京オリンピックと上海万博を開催して、「四つの近代化」を進めてきた中国は急速に経済的存在感を強め、日中関係は「政冷経熱」と呼ばれるように緊密化した(日本の最大の貿易相手国は中国である)。それとともに、ガス田開発、尖閣諸島などの領土を巡る尖閣諸島問題などで日本との摩擦が表面化している。また、中国は天安門事件で国際社会から制裁を受けた1989年(平成元年)以降、年々軍備増強を強力に推し進めており、日本にとって脅威になっていると言われている(中国脅威論)。2011年(平成23年)以降、小笠原諸島など日本領海内でサンゴを密漁する中国籍の漁船が急増した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 反中

    反中から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    また、その他にも、様々な問題、例えば靖国参拝における中国の反応や、反日デモなどが日本で度々報じられたり、尖閣諸島に対する領土問題や東シナ海の天然ガス田をめぐる摩擦(東シナ海ガス田問題)や上海総領事館員自殺事件などが重なり、一方では中国が反日教育を自国民に施しているのではないかとの意識が日本で広がった。その背景には、1990年代の「失われた10年」で疲弊した日本国内で高揚してきた強い日本の復活を願うナショナリズムとの関連も指摘される。反中 フレッシュアイペディアより)

  • 二階俊博

    二階俊博から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海日中中間線でのガス田開発問題では、外務大臣麻生太郎が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。当時の経済産業大臣中川昭一は帝国石油に東シナ海ガス田の試掘許可を下ろしたが、後任として二階が経済産業大臣になると試掘は中止された。二階俊博 フレッシュアイペディアより)

  • 特定アジア

    特定アジアから見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    日本が中国と韓国から国益を侵害されていること(東シナ海ガス田問題や竹島の領土問題など)について、古田博司が、産経新聞のオピニオン欄『正論』で「もういいかげんに覚悟を決めたらどうだろうか。特定アジアからそろって偽史まで強要されている。そのような恥ずかしい国に住んでいくという覚悟を、もう決めた方がよいのではないか」と論じた。古田はまた、「特定アジア」を「反日の弧」と表現している。特定アジア フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    東シナ海の海底には推定埋蔵量約1000億バレルに上る天然ガスや石油が眠っており、日中中間線周辺では中国との領有権争い(東シナ海ガス田問題を参照のこと)が生じている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年

    2015年から見た東シナ海ガス田問題東シナ海ガス田問題

    中華人民共和国では、東方之星沈没事故や2015年天津浜海新区倉庫爆発事故に代表される大規模な事故が度重なる中、習近平政権が掲げる一帯一路構想のもと、アジアインフラ投資銀行の設立や東シナ海ガス田問題に代表される他国での開発が積極的に進められた。一方経済面では、新常態と定義された低成長期から大幅な株価下落に陥るなど、不安定な一年となった。2015年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード