42件中 11 - 20件表示
  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た東シナ海

    東シナ海ガス田問題(ひがしシナかいガスでんもんだい)は、東シナ海での日本国と中華人民共和国(中国)のガス田開発に関わる問題である。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た経済産業省

    日本は2005年に経済産業省が中国に対抗し民間開発業者への試掘権付与手続きを行うなどしていたが、その後通産大臣に親中派議員が配置されたこともあり一転してソフト路線となってしまい、現場に海軍を配置して強硬に開発を推し進める中国に対して傍観するしかない状況となった。地区の限定して共同開発する話もあったが、その後一方的に共同開発より格下の「出資」扱いとされてしまった。対中関係を配慮するばかりに、この問題における出遅れや対応の遅さが指摘されている。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た中国人民解放軍

    中国側は日本の抗議に対し日中共同開発を提案していたが、日中中間線より日本側の領域のみの共同開発としているため、日本政府は受け入れを拒否した。2005年10月、同問題についての日中局長級協議で、日中中間線をまたぐ春暁など4ガス田に限って共同開発する提案を中国側に行った。中国政府は「日本の行為(試掘権付与)は中国の主権と権益に対する重大な挑発かつ侵害」「強烈な抗議」と自国の行為を棚に上げて反論している。中国は、中国海軍の最新鋭艦であるソヴレメンヌイ級駆逐艦を含む5隻程度の艦隊でガス田周辺の警備を行っており、管轄の南京軍区や東海艦隊は、ガス田開発問題が表面化して以降、日本との突発的な軍事衝突に備えて第一級警戒態勢を布き、幹部の無許可での移動を禁じていると言われている。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国際司法裁判所

    こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約において「関係国の合意到達の努力」に委ねられているが、解決が見られない場合は調停を要請できる。それでも解決が見られない場合は各裁判所に要請する事ができる。当条約は平和的解決を要求しているが、条文には強制力がないため、関係国がこれに応じない場合調停や裁判所での解決ができない。日本・中国共に国連海洋法条約に批准しており、日本は国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に付託する事を中国に要請しているが、中国はこれに応じていない。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見たEEZ

    5月3日、中国の海洋調査船が日本の排他的経済水域(EEZ)内で調査中の海上保安庁測量船に接近し、調査の中止を要求する事態が発生したため、日本側は中国政府に厳重抗議をおこなった。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た帝国石油

    7月、当時の中川昭一経済産業大臣は帝国石油に試掘権を付与した。日本の資源を守る目的があるとされた。試掘権付与手続きと平行して、日本政府は中間線付近の5ガス田に日本名を命名した。春暁は「白樺」、断橋は「楠」、冷泉は「桔梗」、天外天は「樫」、龍井は「翌檜(あすなろ)」とし、公文書などでも使用を始めた。しかし小泉首相は中川を農水大臣に横滑りさせ、親中派として知られる二階俊博を経済産業大臣に任命する。二階は中国を刺激しないように外交ルートを通じての話し合いに終始し、結果的に日本による試掘は頓挫することになった。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た海上自衛隊

    3月18日、中国海軍は、沖縄、沖ノ鳥島近海で軍事訓練を実施、艦載ヘリによる日本の海上自衛隊護衛艦への異常接近行為や、日本側哨戒機に中国艦が速射砲の照準を合わせるなどの武力示威行為をおこなった。4月10日にも東シナ海で中国海軍の武力示威行動が発生した。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た中華人民共和国

    東シナ海ガス田問題(ひがしシナかいガスでんもんだい)は、東シナ海での日本国と中華人民共和国(中国)のガス田開発に関わる問題である。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国際海洋法裁判所

    こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約において「関係国の合意到達の努力」に委ねられているが、解決が見られない場合は調停を要請できる。それでも解決が見られない場合は各裁判所に要請する事ができる。当条約は平和的解決を要求しているが、条文には強制力がないため、関係国がこれに応じない場合調停や裁判所での解決ができない。日本・中国共に国連海洋法条約に批准しており、日本は国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に付託する事を中国に要請しているが、中国はこれに応じていない。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見たアジア大洋州局

    2016年10月、川村泰久外務報道官は新たにガス田開発施設2基の活動なされている可能性が高い炎の確認がなされたとし、同月12日までに金杉憲治外務省アジア大洋州局長により駐日中国大使館に対して「一方的な資源開発は認められない」との抗議がなされた。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード