1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た産経新聞

    1月4日、『産経新聞』が、2007年6月18日の日中両政府間の政治合意後も、中国が「樫」(天外天)で単独開発をしている事実をスクープした。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た日中中間線

    問題となっているガス田は両国の排他的経済水域内にあり、日本はその権益の範囲を、現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た沖ノ鳥島

    3月18日、中国海軍は、沖縄、沖ノ鳥島近海で軍事訓練を実施、艦載ヘリによる日本の海上自衛隊護衛艦への異常接近行為や、日本側哨戒機に中国艦が速射砲の照準を合わせるなどの武力示威行為をおこなった。4月10日にも東シナ海で中国海軍の武力示威行動が発生した。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た沖縄県

    3月18日、中国海軍は、沖縄、沖ノ鳥島近海で軍事訓練を実施、艦載ヘリによる日本の海上自衛隊護衛艦への異常接近行為や、日本側哨戒機に中国艦が速射砲の照準を合わせるなどの武力示威行為をおこなった。4月10日にも東シナ海で中国海軍の武力示威行動が発生した。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た第一列島線

    東シナ海ガス田が全て操業を開始したとしても、大消費地の上海周辺の需要量から、1-2年の需要を賄なう程度の埋蔵量しかないのではないかと推定されており、日本はもちろん、中国側から見ても決して採算性のある事業ではない。そのことから、中国の真の狙いは、ガス田の開発それ自体より、日中中間線付近に複数のプラットフォームを建設することにより、日中中間線近くの海上に「事実上の中国領土」を人工的に作り上げ、第一列島線の一部でもある東シナ海の制海権と軍事的優位を確立することにあるのではないかと推定されている。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード