42件中 31 - 40件表示
  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た外務報道官

    2016年10月、川村泰久外務報道官は新たにガス田開発施設2基の活動なされている可能性が高い炎の確認がなされたとし、同月12日までに金杉憲治外務省アジア大洋州局長により駐日中国大使館に対して「一方的な資源開発は認められない」との抗議がなされた。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国連海洋法条約

    こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約において「関係国の合意到達の努力」に委ねられているが、解決が見られない場合は調停を要請できる。それでも解決が見られない場合は各裁判所に要請する事ができる。当条約は平和的解決を要求しているが、条文には強制力がないため、関係国がこれに応じない場合調停や裁判所での解決ができない。日本・中国共に国連海洋法条約に批准しており、日本は国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に付託する事を中国に要請しているが、中国はこれに応じていない。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た護衛艦

    3月18日、中国海軍は、沖縄、沖ノ鳥島近海で軍事訓練を実施、艦載ヘリによる日本の海上自衛隊護衛艦への異常接近行為や、日本側哨戒機に中国艦が速射砲の照準を合わせるなどの武力示威行為をおこなった。4月10日にも東シナ海で中国海軍の武力示威行動が発生した。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見たガス田

    東シナ海ガス田問題(ひがしシナかいガスでんもんだい)は、東シナ海での日本国と中華人民共和国(中国)のガス田開発に関わる問題である。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た白樺ガス田

    問題となっている海域には、中国側の調査で春暁(日本名:白樺)、断橋(日本名:楠)、天外天(日本名:樫)、平湖、冷泉(日本名:桔梗)、龍井(日本名:翌檜)、残雪、残雪北の8ガス田が確認されているが、春暁(白樺)、断橋(楠)においてはその埋蔵地域が日中中間線の日本側海域に掛かっているため両国間の問題になっているほか、日本政府は天外天(樫)、龍井(翌檜)についても資源が中間線を越えて広がっている可能性を指摘している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た測量船

    5月3日、中国の海洋調査船が日本の排他的経済水域(EEZ)内で調査中の海上保安庁測量船に接近し、調査の中止を要求する事態が発生したため、日本側は中国政府に厳重抗議をおこなった。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た国際法

    問題となっているガス田は、両国の排他的経済水域内にあり、日本はその権益の範囲を現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た産経新聞

    1月4日、『産経新聞』が、2007年6月18日の日中両政府間の政治合意後も、中国が「樫」(天外天)で単独開発をしている事実をスクープした。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た日中中間線

    問題となっているガス田は、両国の排他的経済水域内にあり、日本はその権益の範囲を現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た沖ノ鳥島

    3月18日、中国海軍は、沖縄、沖ノ鳥島近海で軍事訓練を実施、艦載ヘリによる日本の海上自衛隊護衛艦への異常接近行為や、日本側哨戒機に中国艦が速射砲の照準を合わせるなどの武力示威行為をおこなった。4月10日にも東シナ海で中国海軍の武力示威行動が発生した。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「東シナ海・ガス田問題」のニューストピックワード