東三河のできごと ニュース&Wiki etc.

東三河(ひがしみかわ)とは、愛知県の東部を指す。豊川流域および渥美半島で、遠州灘に面する地域である。地方中心地は豊橋市。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東三河」のつながり調べ

  • 三河牧野氏

    三河牧野氏から見た東三河

    三河牧野氏は戦国時代までに主に東三河の宝飯郡を中心に渥美郡・八名郡の一部を含む地域に分布した土豪として栄え、中でも牛久保城と吉田城に居城した牧野氏は国人領主に成長した。その係累・庶流もおおむねこれに従属したが、戦国乱世の合戦の優勝劣敗の結果、西三河地方や尾張国をはじめ他国に流れて移住したものもあった。以下に東三河地方の分布の痕跡を挙げる。(三河牧野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言の比較表

    日本語の方言の比較表から見た東三河

    例えば、同じ愛知県でも三河弁と尾張弁は若干異なっており、更に三河弁の中においても西三河は尾張弁に近く、東三河は遠州弁に近い。新潟県糸魚川市や静岡県遠江地方でも県境付近では「おる」が使用される。三重県桑名市長島町は、三重県(伊勢国)でありながら尾張系(尾張国)の語彙が話され、静岡県湖西市は、静岡県(遠江国)でありながら三河系の言葉が話されているといった事例が挙げられる。(日本語の方言の比較表 フレッシュアイペディアより)

「東三河」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「東三河のできごと」のニューストピックワード