153件中 91 - 100件表示
  • 村田敬次郎

    村田敬次郎から見た東三河東三河

    人柄は、非常に温和で面倒見も小渕恵三元首相にも負けないぐらい良く、部下が失敗や失態を犯したときも頭ごなしに叱責せず、諭すように教えたということで、国会議員の後輩の間でも、尊敬している人は多い。東三河地方を中心として、秘書から鈴木政二参議院議員、杉田元司衆議院議員など地元市町村議員・県議を育て村田学校と呼ばれる、政治家の育成を担った。地元での愛称は「むらけいさん」。首都機能移転論の有力な論客として知られた。村田敬次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立時習館高等学校

    愛知県立時習館高等学校から見た東三河東三河

    1948年(昭和23年) - 4月に豊橋高等学校へ改称し、10月に豊橋時習館高等学校へ改称。(学制改革後は、小学区制が敷かれ、豊橋市の西部が学区となったが、東三河全域から学区内の中学への寄留による越境入学が絶えなかった。)校章を制定。愛知県立時習館高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 遠鉄ストア

    遠鉄ストアから見た東三河東三河

    県西部には計25店舗を展開し、いまや県内スーパーでも大手となっており、店舗展開のない愛知県東三河地方にも新聞折込チラシが配布されている。遠鉄ストア フレッシュアイペディアより)

  • 全久院 (豊橋市)

    全久院 (豊橋市)から見た東三河東三河

    額田郡での乱を収束させた後、戸田全久入道は西三河から尾張国知多郡にかけて勢力を持ち始めると、応仁の乱{応仁元年(1467年)?文明9年(1477年)}の末期には東三河へ進出。文明7年(1475年)、三河湾を渡って渥美郡大津村(現在の愛知県豊橋市老津町字西高縄)の大津城(高縄城)へ入城。渥美郡代・一色政照の養子分となって、渥美郡支配の大義名分を得ると田原城(同県田原市田原町巴江)や二連木城(同県豊橋市仁連木町)を次々と築城し、三河国渥美郡(朝倉川南岸から渥美半島)の統一を果たしている。この宗光と敵対したのは今橋城(同県同市今橋町)を築いた牧野古白入道の牧野氏であった。全久院 (豊橋市) フレッシュアイペディアより)

  • 龍拈寺

    龍拈寺から見た東三河東三河

    神宮寺、悟真寺とともに吉田三ヶ寺の一つとされ、曹洞宗の東三河における中核寺院である。1945年の豊橋空襲で山門を除く全伽藍が炎上し、唯一残った山門が豊橋市の有形文化財に指定されている。龍拈寺 フレッシュアイペディアより)

  • 大岩寺

    大岩寺から見た東三河東三河

    天正18年(1590年)、天下人関白豊臣秀吉により神君関八州移封となり、東三河に池田照政(後の輝政)が封じられた。三河国吉田城(同県同市今橋町)主となった照政は岩屋観音を信心していたと伝わる。池田家は徳川家康と石田三成との争いの中での戦功(岐阜城攻め)などにより播磨国姫路城、備前国岡山城と移り、日本三名園と謳われる後楽園を造った曾孫の池田綱政の時代となる。宝永4年(1707年)旧暦10月、いわゆる宝永地震が発生する直前、東海道五十三次のひとつ遠江国白須賀宿(静岡県湖西市)に泊まった綱政の夢枕に観世音菩薩が現れ今後起きる地震や津波の難を告げたと言う。綱政一行は急ぎ、海道を西に上り、三河国二川宿へ入った。マグニチュード8.4とも推定される大地震が起こり、東海から九州にかけて大津波が襲い白須賀宿は南から来た海水の前に飲み込まれて壊滅した。命拾いをした綱政は観音の冥加と考え、岩屋観音に帰依した。綱政が寄進した絵馬、灯籠などの品は豊橋市指定有形文化財となっている。大岩寺 フレッシュアイペディアより)

  • 松平清康

    松平清康から見た東三河東三河

    享禄2年(1529年)、尾島城(小島城;西尾市所在)を攻め獲る。その一方で、同年5月28日(新暦7月3日)東三河にも進出して牧野氏の今橋城(後の吉田城)を攻め落とした。清康は更に吉田城の南方・渥美郡田原に進軍。戸田氏は戦わずに降服したので清康は吉田城に兵を戻して10日間在城。この間に北方・設楽郡の山家三方衆の菅沼氏一族と奥平氏、宝飯郡牛久保の牧野氏等の東三河国人衆の多くが従属を申し出た。ただし三河の東端八名郡に在った宇利城の熊谷氏だけが服属を拒んだためこれを包囲し、11月4日(11月23日)に攻め落とした。ここに三河国統一を成し遂げている。ただし一説によれば宇利城攻め以後、桜井松平家の叔父・信定との不仲を悪化させたとも言われる。松平清康 フレッシュアイペディアより)

  • 新名神高速道路

    新名神高速道路から見た東三河東三河

    首都圏・静岡県・愛知県三河地方東部と名古屋市南部を挟んで京阪神間との短絡化(距離で34km、時間で約20分の短縮)。新名神高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 中村屋 (ラーメン店)

    中村屋 (ラーメン店)から見た東三河東三河

    2007年9月14日、中村屋としては初の支店となる移動式ラーメン店『中村屋キャラバン』が登場。常設営業地は長野県下伊那郡阿智村の昼神温泉。ドラマ『温泉へ行こう5』の舞台となった昼神温泉の旅館『石苔亭いしだ』が運営し、不定期に近隣地域(飯田下伊那・東濃・東三河など)のイベントに出張して営業する(メニューは限定される)。中村屋 (ラーメン店) フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋簡易裁判所

    豊橋簡易裁判所から見た東三河東三河

    東三河南部(旧渥美郡・旧八名郡南部・旧宝飯郡の市)を管轄下に置く簡易裁判所である。庁舎を建替し、新庁舎となっている。豊橋簡易裁判所 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード