153件中 11 - 20件表示
  • 飯田線

    飯田線から見た東三河東三河

    開業・ダム建設輸送・戦時国有化・国鉄分割民営化と、折々の時代の要請の中で愛知県、静岡県、長野県に跨る険しい山岳地帯を貫き全通を果たし、現在も東三河・天竜・中南信の都市農山村を結ぶ路線。長野県の上諏訪駅から愛知県の豊橋駅まで各駅停車で直通する列車もあり、辰野駅から豊橋駅までは約6時間かかるが、一度も乗り換えることなく行くことができる。1983年までは旧形国電の宝庫として鉄道ファンの注目を集めたが、現在でも天竜川の険しい渓谷を縫うように走る車窓風景や、小和田駅や田本駅などのいわゆる秘境駅の存在から、鉄道ファンや旅行者に人気のある路線である。飯田線 フレッシュアイペディアより)

  • シマジタムラソウ

    シマジタムラソウから見た東三河東三河

    静岡県遠州地方から愛知県東三河・三重県南勢地方にかけての蛇紋岩を母岩とする地域の半裸地や疎林と、愛知県東三河・西三河から尾張地方の湧水湿地周辺の林内から草地のやや日当たりの良い場所に自生している。和名の島路は伊勢神宮宮域林の島路山で発見されたことから、種小名のisensis(伊勢の)も同様の理由による。シマジタムラソウ フレッシュアイペディアより)

  • 二連木城の戦い

    二連木城の戦いから見た東三河東三河

    ここで態勢を立て直した信玄は、飯田街道を南下して今度は東三河に侵攻する。その武田軍の侵攻に備えて遠江に兵力を集結させていた家康の虚を衝く形になった。飯田街道における信濃・三河国境の要衝たる足助城では城将の鈴木重直が武田の大軍を恐れて岡崎城に逃亡したことにより、4月22日に陥落させた武田軍。次いで菅沼定忠が守る田峯城も降すと、その定忠を案内人として南進。4月28日には菅沼定盈が守る野田城(正確には仮城の大野田城)に攻め寄せると、定盈の抗戦をものともせず4月29日には陥落させた。二連木城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 牧野成勝

    牧野成勝から見た東三河東三河

    牧野 成勝(まきの しげかつ、生没年不詳)は、東三河地方の戦国時代の武将・国人領主。三河国牛久保城(愛知県豊川市牛久保町)主。子孫は長岡藩主の家系に連なる。通称・民部丞、右馬允。牧野成勝 フレッシュアイペディアより)

  • 小折城

    小折城から見た東三河東三河

    生駒氏は藤原忠仁の子孫で、大和国を本貫としていたが、文明年間(1469年?1487年)に生駒家広が応仁の乱の戦禍を逃れ、寂れていた林氏の旧領尾張国小折に移住した。後の岩倉街道などが通る交通の要所であったことから生駒氏は馬借として財を成し、代々織田氏と関わり勢力を拡大するようになった。最大時には飛騨から東三河にまで商圏を拡大していた。小折城 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎信用金庫

    岡崎信用金庫から見た東三河東三河

    店舗は岡崎市に24店舗、名古屋市に17店舗、豊橋市に11店舗など、愛知県の主要都市に多くの支店を持つ。西三河および、奥三河を除いた東三河の全市町に支店があるが、その一方で名古屋市を除いた尾張・知多地区の店舗は少ない。また、愛知県内の銀行・信用金庫では唯一、離島に店舗(佐久島出張所)を持っている。岡崎信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡市立図書館

    蒲郡市立図書館から見た東三河東三河

    蒲郡市に在住・在勤・在学および東三河全域・幸田町・西尾市・岡崎市に在住の場合、貸出利用が可能蒲郡市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 大胡藩

    大胡藩から見た東三河東三河

    天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原の役に参陣後、関東に国替された徳川家康は、麾下の東三河国衆の一人牧野康成を2万石で大胡城主に入れて、大胡藩を立藩させた。大胡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立作手高等学校

    愛知県立作手高等学校から見た東三河東三河

    全県から進学可能だが、旧作手村をはじめとした東三河地方の市町からの進学者が中心で、遠距離通学者のための寄宿舎(修己寮)を備える。愛知県立作手高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 木俣佳丈

    木俣佳丈から見た東三河東三河

    愛知県生まれ。豊橋市立中部中学校、愛知県立時習館高等学校を経て、1989年に一橋大学商学部経営学科を卒業し社団法人経済団体連合会事務局入局。1992年4月から東三河研究センター研究員に就任し、1994年にはジョージ・ワシントン大学公共政策大学院に留学。但し卒業はしていない模様。木俣佳丈 フレッシュアイペディアより)

153件中 11 - 20件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード