153件中 21 - 30件表示
  • 蒲郡市民病院

    蒲郡市民病院から見た東三河東三河

    2次救急を担う東三河の基幹病院である。蒲郡市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 新城市民病院

    新城市民病院から見た東三河東三河

    2次救急を担う東三河・奥三河の基幹病院である。深刻な医師不足から診療科の休診が相次いだ。現在は休診日および診療時間外の救急診療が制限されており、近隣の豊川市民病院、豊橋市民病院などが対応にあたる。新城市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 三河山本氏

    三河山本氏から見た東三河東三河

    なお、御津町の御津神社には天文15年(1546年)の山本五郎左衛門尉成政、天正8年(1580年)の山本孝雲入道の棟札があるとする。なお、東三河に由緒の深い越後長岡藩の家臣団に藩士山本五郎左衛門家(130石)が藩創設以来幕末まで存続していたが、この成政との関係は不詳。三河山本氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宇連川

    宇連川から見た東三河東三河

    愛知県北設楽郡設楽町の南東部の山中に源を発し南へ流れる。新城市長篠の長篠城跡の南で本流の豊川に合流する。上流には宇連ダム、支流の大島川には大島ダムがあり、共に東三河の水源となっている。宇連川 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田川 (愛知県)

    梅田川 (愛知県)から見た東三河東三河

    梅田川(うめだがわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川。二級水系の本流である。梅田川 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋市保健所

    豊橋市保健所から見た東三河東三河

    1943年(昭和18年) ? 愛知県豊橋健康相談所(愛知県豊橋市西新町)を合併し、東三河を所管する愛知県豊橋保健所(同県同市花田町字寺東)が木造平屋建てで発足。当時の所轄庁は愛知県庁。豊橋市保健所 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江松井氏

    遠江松井氏から見た東三河東三河

    その後、宗信の嫡子・宗恒(八郎・山城守)は父の家督を継いだが、一族の宗親が二俣城主になったとされる。徳川家康の東三河進攻は永禄6年(1563年)の曳馬城主飯尾連龍の反乱を誘発し、いわゆる「遠州忩劇(そうげき)」という西遠の混乱状態を引き起こしたが、今川氏真は飯尾氏の姻戚であった松井宗親を駿府で謀殺したという。その後も氏真は徳川氏・武田氏の進攻による遠江国人衆の動揺を抑えかね、この中で松井氏も徳川方・武田方・今川方に分裂して戦い、元の主家今川家が滅亡すると国人領主としての松井氏の勢力は全く衰えた。結局、徳川家康に属した庶流の松井宗直の系統が徳川氏の旗本として残り、天正18年(1590年)の徳川氏の関東移封に従い上州緑野郡(群馬県藤岡市)に采地を受けて移住した。遠江松井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川用水

    豊川用水から見た東三河東三河

    豊川用水(とよがわようすい)は、愛知県豊橋市をはじめとする東三河地域、渥美半島、および静岡県湖西市を潤す用水路。豊川水系のほか天竜川水系からも取水する大規模な農業水利事業である。豊川用水 フレッシュアイペディアより)

  • 三ケ日町

    三ケ日町から見た東三河東三河

    「奥浜名湖」と呼ばれる地域にあり、旧浜松市を中心とする浜名湖エリア(西遠)の一角である。現在こそ、旧浜松市内の高校へ通う者も多く、編入合併されたこともあり、遠州地方とのつながりが強くなっているが、隣接する豊橋市(愛知県東三河地方)とも経済面・高校進学面で結び付きが強い。また、新城市からも通勤する者もいる。そのためか、町内では豊橋ナンバーの車を頻繁に見ることができる。隣接する湖西市などと同じように、方言は遠州弁と三河弁が混在している。三ケ日町 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川市中央図書館

    豊川市中央図書館から見た東三河東三河

    豊川市および東三河地域に在住・在勤・在学の場合、貸出利用が可能豊川市中央図書館 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード