185件中 31 - 40件表示
  • 本多忠次 (伊奈城主)

    本多忠次 (伊奈城主)から見た東三河東三河

    永禄7年(1564年)東三河吉田城攻めに父忠俊と共に参陣、同年3月4日(1565年4月4日)には忠俊が死没するが、兄の本多光忠は所労あるにより、忠次が代わって忠俊の跡を継ぎ徳川家康に仕える。本多忠次 (伊奈城主) フレッシュアイペディアより)

  • 大津城 (三河国)

    大津城 (三河国)から見た東三河東三河

    文明7年(1475年)、松平信光の娘婿で三河国碧海郡上野に拠点を置いていた戸田宗光が知多郡河和経由で東三河の渥美郡に進出し、大津城(高縄城)に入るが文明11年(1479年)戸田宗光、大津から田原へ移る。 文明13年(1481年)渥美郡代の一色七郎が没し、戸田宗光は田原城(同県田原市)を築き、そちらへ移った。大津城 (三河国) フレッシュアイペディアより)

  • 牛窪密談記

    牛窪密談記から見た東三河東三河

    牛窪密談記(うしくぼみつだんき)は、牛窪記を中神善九郎行忠(生年不詳 - 1711年)が加筆訂正した東三河郷土史料。牛窪密談記 フレッシュアイペディアより)

  • 大胡藩

    大胡藩から見た東三河東三河

    天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原征伐に参陣後、関東に国替された徳川家康は、麾下の東三河国衆の一人牧野康成を2万石で大胡城主に入れて、大胡藩を立藩させた。大胡藩 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット放送ネットワーク

    インターネット放送ネットワークから見た東三河東三河

    こちら三河放送局 - 愛知県東三河、西三河地方の情報を発信するインターネットテレビ局  インターネット放送ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 額田郡一揆

    額田郡一揆から見た東三河東三河

    額田郡一揆(ぬかだごおりいっき)は、室町時代の寛正6年(1465年)に三河国額田郡(愛知県岡崎市)で、元室町幕府奉公衆・元足利将軍家被官衆とされる武士の一団が幕府に対して起こした反乱。『今川記』ではこの一揆を起こした武士達は吉良氏の元被官であったとする。幕府の命を受けた松平氏・戸田氏および今川氏によって鎮圧され、この恩賞により松平氏は西三河において、戸田氏は東三河において新たな所領を得て、その後の発展の契機になった。額田郡一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立新城東高等学校作手校舎

    愛知県立新城東高等学校作手校舎から見た東三河東三河

    全県から進学可能だが、旧作手村をはじめとした東三河地方の市町からの進学者が中心で、遠距離通学者のための寄宿舎(修己寮)を備える。愛知県立新城東高等学校作手校舎 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道41号西尾幸田線

    愛知県道41号西尾幸田線から見た東三河東三河

    愛知県道41号西尾幸田線(あいちけんどう41ごう にしおこうたせん)は、愛知県西尾市から額田郡幸田町へ至る主要地方道である。碧海地方と東三河地方(蒲郡市方面)を最短で結ぶルートであり、トラックの往来が多い。愛知県道41号西尾幸田線 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田 (名古屋市)

    戸田 (名古屋市)から見た東三河東三河

    戸田氏は、京の正親町三条家からの養子と伝わる実光の子の中興の祖戸田宗光(全久入道)以来発展した。宗光は義父の松平氏(本貫の地は愛知県豊田市松平町)第3代松平信光と共に室町幕府政所執事の伊勢貞親の被官であり、東愛知の三河国碧海郡上野(同県豊田市)に城を置き、尾張国知多へ進出した。その後、東三河へ拠点を移し、大津城(同県豊橋市老津町)に住んだ。田原城(同県田原市田原町)・二連木城(同県豊橋市仁連木町)を築城し、二連木城で没した。菩提寺は宗光の法名から採った全久院(同県豊橋市東郷町)であり、長野県松本市でも松本神社の祭神の1柱として祀り、開智学校に敷地を奪われながらも現在同名の全久院がある。戸田氏には仁連木戸田氏の系統と田原戸田氏の系統があるが、仁連木戸田氏は戸田康長の代に、松平氏以外で初めて松平姓を受け、松平康長と名乗る。戸田 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 宇連川

    宇連川から見た東三河東三河

    愛知県北設楽郡設楽町の南東部の山中に源を発し南へ流れる。新城市長篠の長篠城跡の南で本流の豊川に合流する。上流には宇連ダム、支流の大島川には大島ダムがあり、共に東三河の水源となっている。宇連川 フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード