153件中 31 - 40件表示
  • 豊橋まつり

    豊橋まつりから見た東三河東三河

    豊橋まつり(とよはしまつり)は、愛知県豊橋市で毎年10月第3土・日曜日に開催される東三河地区最大のイベント。1948年から始まった「豊橋市民祭」を1952年から現在の「豊橋まつり」に改名した経緯がある。つまり、戦後になってから作られた祭りの一つである。豊橋まつり フレッシュアイペディアより)

  • 三ヶ日

    三ヶ日から見た東三河東三河

    現在こそ、旧・浜松市内の高校へ通う人も多く、編入合併されたこともあり、遠州地方とのつながりが強くなっているが、隣接する愛知県豊橋市(東三河地方)とも経済面・高校進学面で結び付きが強い。また、愛知県新城市からも通勤する人もいる。そのためか、地域内では豊橋ナンバーの車を頻繁に見ることができる。隣接する湖西市などと同じように、方言は遠州弁と三河弁が混在している。三ヶ日 フレッシュアイペディアより)

  • 明海町

    明海町から見た東三河東三河

    JAあいち経済連東三河食肉流通センター明海町 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋都市圏

    豊橋都市圏から見た東三河東三河

    豊橋都市圏(とよはしとしけん)とは、愛知県豊橋市を中心とする都市圏のこと。豊橋ナンバー地域(東三河)と一部ずれているが重なる地域が多い。豊橋都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 牛窪密談記

    牛窪密談記から見た東三河東三河

    牛窪密談記(うしくぼみつだんき)は、牛窪記を中神善九郎行忠(生年不詳 - 1711年)が加筆訂正した東三河郷土史料。1701年(元禄14年)成立。牛久保の沿革、牧野氏の事跡などを収録。巻末に山本勘助の伝記が記載。「牛久保密談記」と表記がされている場合もある。豊橋市中央図書館所蔵。牛窪密談記 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和49年台風第8号

    昭和49年台風第8号から見た東三河東三河

    愛知県では7日 - 8日に知多半島・東三河で矢田川・豊川などが氾濫、家屋の床上・床下浸水が発生した。愛知県では同月24日 - 25日にかけても尾張西部 - 知多半島で大雨となり、合わせて死者4名、重軽傷者19名、住居全壊23世帯、半壊112世帯、床上浸水9,132世帯、床下浸水86,648世帯、名鉄常滑線など8つの鉄道路線が不通となるなどの被害となった。昭和49年台風第8号 フレッシュアイペディアより)

  • 穂国造

    穂国造から見た東三河東三河

    穂国造(ほのくにのみやつこ・ほのこくぞう)は、古墳時代に宝飯郡に置かれ東三河一帯を支配したヤマト政権の地方官(国造)である。ただしその実態に定説はない。この「国」は令制以前の国造国を指し、後の令制国とは異なる。穂国造 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立豊橋東高等学校

    愛知県立豊橋東高等学校から見た東三河東三河

    同年10月に両校が統合し、愛知県立豊橋東高等学校となる。同時に小学区制実施で豊橋市中心部を含んだ東部が学区となるが、女子を中心に東三河全域から寄留による越境入学が絶えなかった。1973年(昭和48年)から始まった学校群制度では、豊丘高校と豊橋第二学校群(通称:豊橋二群)を組んだ。愛知県立豊橋東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐奈川

    佐奈川から見た東三河東三河

    佐奈川(さながわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川。二級水系の本流である。佐奈川 フレッシュアイペディアより)

  • 西三河南部

    西三河南部から見た東三河東三河

    応仁の乱後、戦国時代に突入すると、松平郷から起こった松平氏が、岩津を本拠として西三河一帯に勢力を拡張した。その中から、安祥城を本拠とした安城松平家(徳川本家)が宗家に台頭し、松平清康の代に安城・岡崎を兼領し、一時、東三河・三河山間部を従え、三河国全域を統一する。が、森山崩れにより、松平氏の勢力は瓦解し、尾張の織田氏が安祥城を占拠、その後、三河は駿河の今川氏の属領となる。西三河南部 フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード