153件中 41 - 50件表示
  • 白川 (愛知県)

    白川 (愛知県)から見た東三河東三河

    白川(しらかわ)は、愛知県東部の東三河地方の豊川市を流れる河川。白川 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 宇連ダム

    宇連ダムから見た東三河東三河

    愛知県東部、いわゆる「東三河」はかつて旱魃に悩まされていた。そこで豊川用水が国営事業として計画され、終戦直後の1949年に事業に着手した。その水がめとなる宇連ダムは1958年(昭和33年)12月に完成し、せき止められた人造湖は「鳳来湖(ほうらいこ)」と命名された。宇連ダム フレッシュアイペディアより)

  • 東海交通

    東海交通から見た東三河東三河

    タクシー事業では、同じグループ会社に東愛知日産があることから日産車が多く導入されており、日産セドリックやクルーが多数を占める。東三河初の「ハイブリッドタクシー」(トヨタプリウス(2台))・電気自動車『リーフ』を導入し運行中であるほか、愛知県初のタクシーの後方の窓に広告を貼り付ける「リアウィンドウ広告」を導入している。東海交通 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田宣成

    戸田宣成から見た東三河東三河

    戸田 宣成(とだ のぶなり、生年不詳 - 天文15年(1546年))は戦国時代の東三河地方の武将、渥美郡田原城の国人領主戸田氏の一族。田原城主戸田憲光(弾正忠)の子、通称は金七郎・橘七郎・三郎兵衛尉。初め同郡大崎郷(豊橋市老津町)に居住したが、天文6年(1537年)牧野氏の今橋城を奪い城主となった。。戸田宣成 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道41号西尾幸田線

    愛知県道41号西尾幸田線から見た東三河東三河

    愛知県道41号西尾幸田線(あいちけんどう41ごう にしおこうたせん)は、愛知県西尾市から額田郡幸田町へ至る主要地方道である。碧海地方と東三河地方(蒲郡市方面)を最短で結ぶルートであり、トラックの往来が多い。愛知県道41号西尾幸田線 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河ふるさと公園

    東三河ふるさと公園から見た東三河東三河

    当公園は2006年3月25日に、愛知県では11番目の県立公園として開園した。東三河の歴史、自然、文化を紹介するというコンセプトでいくつかのゾーンから構成されている。東三河ふるさと公園 フレッシュアイペディアより)

  • 今橋合戦

    今橋合戦から見た東三河東三河

    永正3年(1506年)に駿河・遠江の戦国大名今川氏の軍勢が東三河の国人領主牧野古白を今橋城に攻めたものが知られている。この戦いで今川方が勝利し古白は戦死した。今川氏はこれに続く西三河の松平長親を征討する際にも、この戦いで得た今橋城を拠点として利用した。今橋合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 小原鎮実

    小原鎮実から見た東三河東三河

    駿河国守護今川義元は三河国支配に本腰を入れるべく、天文15年11月(新暦1546年12月)に東三河で戸田氏と牧野氏が奪い合っていた吉田城(当時の今橋城)を攻略、これを拠点として確保して城代には伊東元実、後に小原肥前守鎮実を置いた。小原鎮実 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立鳳来寺高等学校

    愛知県立鳳来寺高等学校から見た東三河東三河

    進学者は東三河全域からあった。愛知県立鳳来寺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田城 (三河国)

    吉田城 (三河国)から見た東三河東三河

    築城目的は、西三河で勢力を広げつつあった安祥城の松平長親による東三河進出に備えるため、もしくは、その松平氏の縁戚としての友好関係を保持しながら渥美郡全域で勢いをつけていた戸田宗光を警戒するためのもの、と考えられている。吉田城 (三河国) フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード