185件中 41 - 50件表示
  • 白川 (愛知県)

    白川 (愛知県)から見た東三河東三河

    白川(しらかわ)は、愛知県東部の東三河地方の豊川市を流れる河川。白川 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 新城市民病院

    新城市民病院から見た東三河東三河

    2次救急を担う東三河・奥三河の基幹病院である。深刻な医師不足から診療科の休診が相次いだ。現在は休診日および診療時間外の救急診療が制限されており、近隣の豊川市民病院、豊橋市民病院などが対応にあたる。新城市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 佐奈川

    佐奈川から見た東三河東三河

    佐奈川(さながわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川。二級水系の本流である。佐奈川 フレッシュアイペディアより)

  • 音羽川 (愛知県)

    音羽川 (愛知県)から見た東三河東三河

    音羽川(おとわがわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川。二級水系の本流である。音羽川 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 牧野城 (三河国)

    牧野城 (三河国)から見た東三河東三河

    成富の子牧野古白は共通の主君と伝える一色時家の長山一色城を押領した波多野全慶を明応2年(1493年)に倒して長山一色城に入城し、更に瀬木城を築城するなど、その勢力を伸ばして東三河の国人領主に成長した。やがて、城主の古白は今川氏に属して永正2年(1505年)には渥美郡の豊橋市域に今橋城を築城して本拠をそこに移したので、この牧野城はその頃に廃城されたと伝えられている。牧野城 (三河国) フレッシュアイペディアより)

  • 小折城

    小折城から見た東三河東三河

    生駒氏は藤原忠仁の子孫で、大和国を本貫としていたが、文明年間(1469年?1487年)に生駒家広が応仁の乱の戦禍を逃れ、寂れていた林氏の旧領尾張国小折(のち布袋町)に移住した。後の岩倉街道などが通る交通の要所であったことから生駒氏は馬借として財を成し、代々織田氏と関わり勢力を拡大するようになった。最大時には飛騨から東三河にまで商圏を拡大していた。小折城 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野古白

    牧野古白から見た東三河東三河

    三河牧野氏は東三河の国人。先祖は讃岐国から渡海して、三河牟呂津に漂着した後に牟呂八幡宮(愛知県豊橋市)の神官を継いだとも、父・牧野成富の代に足利将軍家からの要請で四国から渡来したともいわれている。また、四国から系譜を引くのは仮冒系図であり信じ難いとする説もある。古白は連歌を通じて足利将軍家と交流があった。牧野古白 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野成敏

    牧野成敏から見た東三河東三河

    牧野成敏(まきの しげとし、生没年不詳)は、日本の戦国時代、主に享禄から天文年間に東三河地方(現愛知県豊川市・豊橋市など)で活動した武将。同地方の国人領主牧野氏の一族。通称は田兵衛尉・田兵衛・伝兵衛。牧野氏一族の中でも早期に岡崎松平氏(後の徳川氏)に帰属したことで知られる。正岡城主(豊川市)、のち吉田城主となったが、戸田宣成に城を奪われた。牧野成敏 フレッシュアイペディアより)

  • ものづくりフェアin東三河

    ものづくりフェアin東三河から見た東三河東三河

    ものづくりフェアin東三河とは偶数年に開催されている。愛知県東三河地域の企業の展示会である。ものづくりフェアin東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 村田敬次郎

    村田敬次郎から見た東三河東三河

    人柄は、非常に温和で面倒見も小渕恵三元首相にも負けないぐらい良く、部下が失敗や失態を犯したときも頭ごなしに叱責せず、諭すように教えたということで、国会議員の後輩の間でも、尊敬している人は多い。東三河地方を中心として、秘書から鈴木政二参議院議員、杉田元司衆議院議員など地元市町村議員・県議を育て村田学校と呼ばれる、政治家の育成を担った。地元での愛称は「むらけいさん」。首都機能移転論の有力な論客として知られた。村田敬次郎 フレッシュアイペディアより)

185件中 41 - 50件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード