153件中 51 - 60件表示
  • 東三河司頭

    東三河司頭から見た東三河東三河

    東三河司頭(ひがしみかわしとう)は、軍記物の『牛窪記』に初出の戦国時代の東三河地方に存在し同地方の牛窪を拠点とした有力土豪を指す用語。戦国時代当時の用語ではない。今川氏の役職にも、その名前は見えないことから、『牛窪記』の著者の造語の可能性がある。東三河司頭 フレッシュアイペディアより)

  • トヨッキー

    トヨッキーから見た東三河東三河

    「ホの国」とは豊橋を含む東三河地方の旧名「穂の国(穂国)」、「ヨシダ」は豊橋市中心部の旧称「吉田」から。トヨッキー フレッシュアイペディアより)

  • 奥平貞能

    奥平貞能から見た東三河東三河

    奥三河の作手亀山城を本拠とする国人。永禄3年(1560年)5月 、桶狭間の戦いにおいて今川義元が織田信長に敗死した後、東三河の諸侯に遅れて今川氏から離反し、徳川家康に属した 。家康の遠江侵攻に従う他、元亀元年(1570年)6月28日の姉川の戦いにも参戦する。奥平貞能 フレッシュアイペディアより)

  • 豊川

    豊川から見た東三河東三河

    豊川(とよがわ)は、愛知県東部を流れ三河湾に注ぐ河川。一級水系の本流。平成17年全国一級河川の水質現況でBOD平均値が全国20位(162河川中)となるなど全国でも屈指の清浄な水質の川であり、東三河地域における水瓶ともなっている。宇連川との合流分以北では寒狭川の別名を持つ。愛知県豊川市の名称の由来となった川。豊川 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田 (名古屋市)

    戸田 (名古屋市)から見た東三河東三河

    戸田氏は、京の正親町三条家からの養子と伝わる実光の子の中興の祖戸田宗光(全久入道)以来発展した。宗光は義父の松平氏(本貫の地は愛知県豊田市松平町)第3代松平信光と共に室町幕府政所執事の伊勢貞親の被官であり、東愛知の三河国碧海郡上野(同県豊田市)に城を置き、尾張国知多へ進出した。その後、東三河へ拠点を移し、大津城(同県豊橋市老津町)に住んだ。田原城(同県田原市田原町)・二連木城(同県豊橋市仁連木町)を築城し、二連木城で没した。菩提寺は宗光の法名から採った全久院(同県豊橋市東郷町)であり、長野県松本市でも松本神社の祭神の1柱として祀り、開智学校に敷地を奪われながらも現在同名の全久院がある。戸田氏には仁連木戸田氏の系統と田原戸田氏の系統があるが、仁連木戸田氏は戸田康長の代に、松平氏以外で初めて松平姓を受け、松平康長と名乗る。戸田 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 牧野城 (三河国)

    牧野城 (三河国)から見た東三河東三河

    成富の子牧野古白は共通の主君と伝える一色時家の長山一色城を押領した波多野全慶を明応2年(1493年)に倒して長山一色城に入城し、更に瀬木城を築城するなど、その勢力を伸ばして東三河の国人領主に成長した。やがて、城主の古白は今川氏に属して永正2年(1505年)には渥美郡の豊橋市域に今橋城を築城して本拠をそこに移したので、この牧野城はその頃に廃城されたと伝えられている。牧野城 (三河国) フレッシュアイペディアより)

  • 牧野成敏

    牧野成敏から見た東三河東三河

    牧野成敏(まきの しげとし、生没年不明)は日本の戦国時代、主に享禄から天文年間に東三河地方(現愛知県豊川市・豊橋市など)で活動した武将。同地方の国人領主牧野氏の一族。通称は田兵衛尉・田兵衛・伝兵衛。牧野氏一族の中でも早期に岡崎松平氏(後の徳川氏)に帰属したことで知られる。正岡城主(豊川市)、のち吉田城主となったが、戸田宣成に城を奪われた。牧野成敏 フレッシュアイペディアより)

  • 本多広孝

    本多広孝から見た東三河東三河

    大永8年土居郷において領主本多信重の嫡子として生まれる。先祖は曾祖父の本多秀清の時に安城松平家の松平長親に臣従し松平宗家(徳川家)の三河譜代の家となる。広孝の幼児期の享禄2年(1529年)8月23日、父信重は主君松平清康の東三河遠征に従軍し御油縄手(豊川市御油町)の戦いに23歳にして戦死。本多広孝 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡市消防本部

    蒲郡市消防本部から見た東三河東三河

    1969年(昭和44年)4月30日 - 東三河地区(4市11町3村)消防相互応援協定が締結される。蒲郡市消防本部 フレッシュアイペディアより)

  • 松平信定

    松平信定から見た東三河東三河

    清康が外征の矛先を東三河に転じると、享禄3年(1530年)の八名郡宇利城攻撃に参陣する。『三河物語』の記述によれば、宇利城大手口の寄せ手として、次兄の福釜松平左京亮親盛とともに戦うが、劣勢となった親盛に助勢を送らなかったため、結果として親盛の父子を死なせてしまった。これが本陣で目撃していた清康の逆鱗に触れ、合戦後に衆目の前で面責を受け赤面した。一説にこれを深く恨んだとも云う。松平信定 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード