185件中 51 - 60件表示
  • ほの国号

    ほの国号から見た東三河東三河

    ほの国号(ほのくにごう)とは、豊鉄バスと共同運行会社が使用する都市間高速バス路線の愛称である。その名称は東三河の旧名「穂国」から取られている。本稿では、前身となった伊良湖ライナー号(いらごらいなーごう)についても取り扱う。ほの国号 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立蒲郡高等学校

    愛知県立蒲郡高等学校から見た東三河東三河

    1956年(昭和31年) - 普通科で三河、尾張の2大学区制が実施される。蒲郡市街の中心に位置し伝統もあるが、旧制中学が上位となり旧制高女の当校が東三河では格下に見られたことから、成績上位層が蒲郡市外の高校に食われた。愛知県立蒲郡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大岩寺

    大岩寺から見た東三河東三河

    天正18年(1590年)、天下人関白豊臣秀吉により神君関八州移封となり、東三河に池田照政(後の輝政)が封じられた。三河国吉田城主となった照政は岩屋観音を信心していたと伝わる。大岩寺 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江松井氏

    遠江松井氏から見た東三河東三河

    その後、宗信の嫡子・宗恒(八郎・山城守)は父の家督を継いだが、一族の宗親が二俣城主になったとされる。徳川家康の東三河進攻は永禄6年(1563年)の曳馬城主飯尾連竜の反乱を誘発し、いわゆる「遠州忩劇(そうげき)」という西遠の混乱状態を引き起こしたが、今川氏真は飯尾氏の姻戚であった松井宗親を駿府で謀殺したという。その後も氏真は徳川氏・武田氏の進攻による遠江国人衆の動揺を抑えかね、この中で松井氏も徳川方・武田方・今川方に分裂して戦い、元の主家今川家が滅亡すると国人領主としての松井氏の勢力は全く衰えた。結局、徳川家康に属した庶流の松井宗直の系統が徳川氏の旗本として残り、天正18年(1590年)の徳川氏の関東移封に従い上州緑野郡(群馬県藤岡市)に采地を受けて移住した。遠江松井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田川 (愛知県)

    梅田川 (愛知県)から見た東三河東三河

    梅田川(うめだがわ)は、愛知県東部の東三河地方を流れる河川。二級水系の本流である。梅田川 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 馬越長火塚古墳

    馬越長火塚古墳から見た東三河東三河

    6世紀末葉に築造されたとみられる東三河最大級の古墳であり、同時期の東海地方の古墳の中でも屈指の規模を誇る。各地方の最高位の人物にヤマト政権が贈ったという馬具「棘葉形杏葉」が出土している。古墳の規模と出土遺物から、東三河(あるいは穂国)の首長墳とみられている。馬越長火塚古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋市保健所

    豊橋市保健所から見た東三河東三河

    1943年(昭和18年) ? 愛知県豊橋健康相談所(愛知県豊橋市西新町)を合併し、東三河を所管する愛知県豊橋保健所(同県同市花田町字寺東)が木造平屋建てで発足。当時の所轄庁は愛知県庁。豊橋市保健所 フレッシュアイペディアより)

  • 龍拈寺

    龍拈寺から見た東三河東三河

    神宮寺、悟真寺とともに吉田三ヶ寺の一つとされ、曹洞宗の東三河における中核寺院である。1945年の豊橋空襲で山門を除く全伽藍が炎上し、唯一残った山門が豊橋市の有形文化財に指定されている。龍拈寺 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立鳳来寺高等学校

    愛知県立鳳来寺高等学校から見た東三河東三河

    進学者は東三河全域からあった。愛知県立鳳来寺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • タカラテクニカルスクール

    タカラテクニカルスクールから見た東三河東三河

    東三河地区で初めてハーレーダビッドソン Sportster XL 883(通称「パパサン」)を導入。タカラテクニカルスクール フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード