153件中 71 - 80件表示
  • 峠の国盗り綱引き合戦

    峠の国盗り綱引き合戦から見た東三河東三河

    更に双方が三遠南信地方を成すことから、三河側からも東三河地区の自治体関係者が訪れ、行司役にも扮している。峠の国盗り綱引き合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 田原城 (三河国)

    田原城 (三河国)から見た東三河東三河

    天正18年(1590年)池田輝政が東三河に入ると、本拠地を吉田城に構え、田原城も城代として入った伊木忠次によって整備がなされた。現在残る曲輪の配置や石垣などは基本的にはこの時期か、池田氏の後に入った戸田氏によってなされたものと考えられている。江戸時代になると田原城の南側に城下町が形成された。また、17世紀後半ころに田原城の東側の大きな入り江に大規模な干拓が行われ、海に面していた田原城本丸は陸地にむき出しとなり、現在に至っている。田原城 (三河国) フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺小崋

    渡辺小崋から見た東三河東三河

    師・椿山譲りの花鳥画に優れ、地元の東三河や遠州の画家に大きな影響を与えた。渡辺小崋 フレッシュアイペディアより)

  • 三河真木氏

    三河真木氏から見た東三河東三河

    しかし室町時代に、この三河国に勢力を伸ばしてきた戦国大名今川氏の影響の下、東三河の国人領主牧野氏を盟主とする牛久保六騎・牛久保衆(牧野組)を構成し、しばしば今川方として参陣したが戦国時代末期には、牧野氏の寄騎のまま徳川氏に転属し、後には徳川譜代大名となった牧野氏の家臣団に組み入れられた。真木氏は他の牛久保寄騎と異なり、徳川氏の大名・旗本にはならず、牧野氏家中の重臣となった。特に越後長岡藩では先法三家の一つに数えられ、家中で別格の扱いを受けた。ほかに越後長岡藩牧野家の分家支藩である信濃小諸藩や越後三根山藩にも真木(槇)氏が家老・上級家臣として存在する。三河真木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 額田郡一揆

    額田郡一揆から見た東三河東三河

    額田郡一揆 (ぬかだごおりいっき)は室町時代の寛正6年(1465年)に三河国額田郡(愛知県岡崎市)で、元室町幕府奉公衆・元将軍家被官衆とされる武士の一団が室町幕府に対して起こした反乱。『今川記』ではこの一揆を起こした武士達は吉良氏の元被官であったとする。幕府の命を受けた松平氏・戸田氏および今川氏によって鎮圧された。この恩賞により松平氏は西三河において、戸田氏は東三河において新たな所領を得て、その後の発展の契機になった。額田郡一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知運輸支局

    愛知運輸支局から見た東三河東三河

    豊橋自動車検査登録事務所 : 愛知県東三河地方(蒲郡市、新城市、田原市、豊川市、豊橋市、北設楽郡)愛知運輸支局 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋鉄道T1000形電車

    豊橋鉄道T1000形電車から見た東三河東三河

    愛称の「ほっトラム」は、東三河地区を表す「穂の国」と、「ほっ」と和むイメージ、そこに路面電車を意味する英語「トラム (Tram) 」を掛け合わせた造語である。豊橋鉄道T1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 精文館書店

    精文館書店から見た東三河東三河

    精文館書店(せいぶんかんしょてん)は、日本の書店チェーンである。東三河地方を中心に、愛知県、静岡県、埼玉県、神奈川県、千葉県に支店を有し、愛知県豊橋市にある本店は、東海地区最大の売場面積1500坪の総合書店である。精文館書店 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道400号豊橋豊川線

    愛知県道400号豊橋豊川線から見た東三河東三河

    全線に渡って市街地を通り、東三河地区の主要都市である豊橋市と豊川市を結ぶ重要路線であるため交通量も多い。豊川市正岡町地内の拡幅が完成した現在、全区間が4車線道路であるが、一部では右側車線が右折専用であったり、右折車線がない交差点も多い。愛知県道400号豊橋豊川線 フレッシュアイペディアより)

  • 南信地方

    南信地方から見た東三河東三河

    長野県に属するが、日本海側である北信地方との繋がりは浅い。戦国時代には武田信玄や徳川家康(江戸転居前)の領土だった地域で、中央本線沿線の松本地域と山梨県、天竜川流域で遠州灘沿岸(静岡県遠江地域と愛知県東三河地域)との繋がりが深い。遠江や東三河との間では行政面の交流が活発であり、「三遠南信」という自治体間の交流圏を形成している。南信地方 フレッシュアイペディアより)

153件中 71 - 80件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード