185件中 71 - 80件表示
  • 菜飯田楽

    菜飯田楽から見た東三河東三河

    東三河地方の菜飯は大根の菜を使うことが多いが、カブやミズナを用いることもある。塩でゆでた菜を水に取り、絞ってからみじん切りにする。少量の塩をふってから鍋で乾煎りし、炊き上がった飯に散らして混ぜると菜飯が出来上がる。菜飯田楽 フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんと伝える

    ちゃんと伝えるから見た東三河東三河

    豊川稲荷の門前を中心に愛知県東三河地区(豊川市・豊橋市など)にて広くロケが行われた。そのため、狐の置き物など豊川稲荷の門前町の風情が見られる。豊川市から豊橋市まで走って通勤するが、途中に本宮山・豊川(河川)・石巻山・吉田城・吉田大橋・豊橋市電(ほっトラムなど)が撮影されている。それ以外にも豊橋駅その他多数の地でロケされている。ちゃんと伝える フレッシュアイペディアより)

  • 松平信定

    松平信定から見た東三河東三河

    清康の指揮のもと、享禄2年(1529年)、信秀家臣酒井秀忠居城の尾州・品野城を落として居城としたが、この頃から信定は清康に対して不穏な動きを示すようになった。清康は外征の矛先を今川氏輝麾下にあった東三河に転じ、享禄3年(1530年)の八名郡熊谷実長の居城宇利城攻撃に参陣する。『三河物語』によれば、宇利城大手口の寄せ手として、次兄の福釜松平家親盛とともに戦うが、劣勢となった親盛に尾張守山へ出陣した際は病と称して命令助勢を送らなかったため、結果として親盛の父子を死なせた。これが本陣で目撃していた清康の逆鱗に触れ、合戦後に衆目の前で面責を受けたという(一説にこれを深く恨んだともいう)。また、同年に牧野信成の吉田城を攻めた際、城の西岸・宝飯郡下地において城方と会戦した(下地合戦)際、緒戦の戦況の不利に興奮し敵中への突撃を試みる清康に対して、「大将に討ち死にをさせよ」と発言し敢えて制止しなかったともいう。松平信定 フレッシュアイペディアより)

  • ちぎり文学賞

    ちぎり文学賞から見た東三河東三河

    1990年に創設された。東三河地域における文学の向上と発展を目指し、年に一度、文学作品(小説・エッセイ・詩・シナリオ・童話など)の募集を行っている。東愛知新聞社が主催している。豊橋ちぎりライオンズクラブが共催している。愛知県・愛知県教育委員会、豊橋・豊川・蒲郡・新城・田原各市教育委員会、公益財団法人豊橋文化振興財団、株式会社エフエム豊橋などが後援している。豊橋信用金庫、蒲郡信用金庫、豊川信用金庫、岡崎信用金庫、豊橋商工信用組合などが協賛している。映画監督の菅原浩志が審査委員長を務めている。応募資格は、東三河在住・在勤・在学の人に限られる。一般の部と中・高校生の部がある。ちぎり文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 本多広孝

    本多広孝から見た東三河東三河

    大永8年土居郷において領主本多信重の嫡子として生まれる。先祖は曾祖父の本多秀清の時に安城松平家の松平長親に臣従し松平宗家(徳川家)の三河譜代の家となる。広孝の幼児期の享禄2年(1529年)8月23日、父信重は主君松平清康の東三河遠征に従軍し御油縄手(豊川市御油町)の戦いに23歳にして戦死。本多広孝 フレッシュアイペディアより)

  • 二連木城の戦い

    二連木城の戦いから見た東三河東三河

    ここで態勢を立て直した信玄は、今度は飯田街道を南下し東三河への侵攻を開始した。これに対して家康は遠江に兵力を集結させ武田軍の侵攻に備えていたため、徳川側は完全に虚を衝かれる形となってしまった。飯田街道における信濃・三河国境の要衝たる足助城では城将の鈴木重直が武田の大軍を恐れて岡崎城に逃亡し、武田側は4月22日に足助城を陥落させ、次いで菅沼定忠が守る田峯城も降すと、その定忠を案内人として南進。4月28日には菅沼定盈が守る野田城(正確には仮城の大野田城)に攻め寄せ、定盈の抗戦をものともせず4月29日に陥落させた。二連木城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 中日新聞東海本社

    中日新聞東海本社から見た東三河東三河

    2016年12月、新たな印刷工場が浜松市北区新都田(都田テクノポリス内)に完成し、東海本社版の朝夕刊と中日スポーツおよび名古屋本社発行の愛知県東三河地方向けの朝刊の印刷を開始した。新工場は2万7000平方メートルの敷地に、3階建ての工場棟などがあり、日本初となる自動版着脱装置を備えた輪転機や、廃液を出さない無処理刷版などの設備を導入し、災害時の際にも新聞印刷ができる免震構造で建設され、自家発電機や大型用紙倉庫などを備えている。また、中日新聞の工場では初となる見学者コースを設けている。中日新聞東海本社 フレッシュアイペディアより)

  • 峠の国盗り綱引き合戦

    峠の国盗り綱引き合戦から見た東三河東三河

    更に双方が三遠南信地方を成すことから、三河側からも東三河地区の自治体関係者が訪れ、行司役にも扮している。峠の国盗り綱引き合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 手筒花火

    手筒花火から見た東三河東三河

    愛知県豊橋市の吉田神社が手筒花火の発祥の地とも、豊川市の進雄神社が発祥の地ともいわれる。豊橋市のある愛知県東三河地方、および静岡県の遠州地方西部で特に盛んである。手筒花火 フレッシュアイペディアより)

  • 今橋合戦

    今橋合戦から見た東三河東三河

    永正3年(1506年)に駿河・遠江の戦国大名今川氏の軍勢が東三河の国人領主牧野古白を今橋城に攻めたものが知られている。この戦いで今川方が勝利し古白は戦死した。今川氏はこれに続く西三河の松平長親を征討する際にも、この戦いで得た今橋城を拠点として利用した。今橋合戦 フレッシュアイペディアより)

185件中 71 - 80件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード