185件中 81 - 90件表示
  • 明海町

    明海町から見た東三河東三河

    JAあいち経済連東三河食肉流通センター明海町 フレッシュアイペディアより)

  • 中村屋 (ラーメン店)

    中村屋 (ラーメン店)から見た東三河東三河

    2007年9月14日、中村屋としては初の支店となる移動式ラーメン店『中村屋キャラバン』が登場。常設営業地は長野県下伊那郡阿智村の昼神温泉。ドラマ『温泉へ行こう5』の舞台となった昼神温泉の旅館『石苔亭いしだ』が運営し、不定期に近隣地域(飯田下伊那・東濃・東三河など)のイベントに出張して営業する(メニューは限定される)。中村屋 (ラーメン店) フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋簡易裁判所

    豊橋簡易裁判所から見た東三河東三河

    東三河南部(旧渥美郡・旧八名郡南部・旧宝飯郡の市)を管轄下に置く簡易裁判所である。現庁舎は、2009年に建て替えられたものである。豊橋簡易裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • 松平親盛

    松平親盛から見た東三河東三河

    しかし、『三河物語』には清康二十歳の頃に尾張国岩崎(日進市岩崎)・品野(瀬戸市品野)の両郷を攻め、続いて東三河の宇利の熊谷氏を討ったとし、その宇利城の大手攻めにて一歩も引かなかった親盛は、多くの傷を被って主従12-3人と共に討死したと記す。清康は永正8年(1511年)生まれであるから、この戦いによる親盛の死は享禄3年(1530年)頃と推定される。松平親盛 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋電気 (1894-1921)

    豊橋電気 (1894-1921)から見た東三河東三河

    1894年(明治27年)に開業。豊川(寒狭川)などに水力発電所を建設し、愛知県東部東三河地方や静岡県西部の一部地域に電力を供給した。1921年(大正10年)に名古屋市を地盤とする名古屋電灯と合併して消滅。名古屋電灯の後身で昭和期の大手電力会社東邦電力の前身の一つでもある。豊橋電気 (1894-1921) フレッシュアイペディアより)

  • 三ヶ日

    三ヶ日から見た東三河東三河

    国道362号が東西に、国道301号が南北に走っている。天竜浜名湖鉄道に加え、東名高速道路三ヶ日ICがあり、交通の便が良い。また、三ヶ日JCTより南の湖西市豊橋市方面に高規格道路を延伸する計画があり、「浜松・三ヶ日豊橋道路」(仮称)には、国土交通省による調査が入っている。(2017年現在)そして、有料の東名高速道路を使わない場合、隣接する豊橋方面との結びつきが深く交流も深いものがある。里山の緩斜面を利用したみかんの栽培が盛んである。三ヶ日みかんの名称で関東、中京方面に流通する。水田は少ない。現在こそ、旧・浜松市内の高校へ通う人も多く、編入合併されたこともあり、遠州地方とのつながりが強くなっているが、隣接する愛知県豊橋市(東三河地方)とも経済面・高校進学面で結び付きが強い。また、愛知県新城市からも通勤する人もいる。そのためか、地域内では豊橋ナンバーの車を頻繁に見ることができる。隣接する湖西市などと同じように、方言は遠州弁と三河弁が混在している。三ヶ日 フレッシュアイペディアより)

  • 遠鉄ストア

    遠鉄ストアから見た東三河東三河

    遠州地方を中心として計31店舗を展開するが、いまや県内スーパーでも大手となっており、店舗が未進出だった当時から既に東三河地方にも新聞折込チラシが配布されていた。遠鉄ストア フレッシュアイペディアより)

  • 高校受験

    高校受験から見た東三河東三河

    また、愛知県東三河地方の県立普通科高校では主要5教科以外でも内申書に1の評点が付いた場合、病気等の特別な事情がない限り、「大勢の生徒と同等の授業をさせるのが困難な生徒」として、学力検査の結果によらず不合格にしたケースがあった。高校受験 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡市立図書館

    蒲郡市立図書館から見た東三河東三河

    貸出利用可能者 : 蒲郡市在住・在勤・在学者、東三河全域・幸田町・西尾市・岡崎市在住者蒲郡市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 中部ガス

    中部ガスから見た東三河東三河

    中部ガス株式会社(ちゅうぶガス、、登記上の社名:中部瓦斯株式会社)は、愛知県豊橋市に本社を置く、当社発祥の地愛知県東三河地方および静岡県遠州地方をエリアとする一般ガス事業者である。中部ガス フレッシュアイペディアより)

185件中 81 - 90件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード

  • 30キロまでは何も考えずに無心だった。その後はプラス思考で走ることができたので結果につながった

  • 菜の花キャンドル

  • 三遠南信地域連携研究センター