130件中 91 - 100件表示
  • 東三河

    東三河から見た音羽町

    〒441-02 御油郵便局 豊川市(御油町、旧音羽町東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た戸田氏

    天正(1590年)、徳川家康は豊臣秀吉により、関八州へ移ることを命じられた。東三河へは豊臣秀吉の命で池田照政(後の輝政)の入封と成った。15万2000石である。本拠を吉田城に据えた。元牧野氏の牛久保城と元戸田氏の田原城を支城にし、元戸田氏の二連木城は近いため廃城とした。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た郡会

    明治5年(1872年)、名古屋県から改名した愛知県と額田県は合併し、現在の愛知県が成立する。明治11年(1878年)郡区町村編制法制定を受け、東三河は郡及び各町村に分かれ、現在の郡及び町村の原型が出来上がる。明治20年代の明治憲法発布に合わせ、郡制や町村制が施行される。豊橋市は明治に市制を施行した。大正10年(1921年)には郡制廃止法が発布され、大正12年(1923年)に郡会が廃止され、大正15年(1926年)に郡長と郡役所が廃止された。(廃止時、渥美郡は豊橋市、宝飯郡は国府町、八名郡は八名村、南設楽郡は新城町、北設楽郡は田口町に郡役所が置かれていた。)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た明治維新

    明治維新を経て、明治2年(1869年)吉田藩は藩名変更を命じられ豊橋藩となった。廃藩置県を受け、豊橋藩は豊橋県に、田原藩は田原県になる。新城藩は一旦、伊那県に編入された。明治4年(1871年) 、旧三河国各県と旧尾張国知多郡は岡崎城辺りを県庁とする額田県に統合する。また、これに伊那県に入っていた旧新城藩も額田県に合流する。明治5年(1872年)大区小区制により、県の下に区(町村にあたるが、この区には現在の市町村と異なり自治権は無い)を設立した。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た本宮山 (岡崎市・豊川市・新城市)

    豊川流域に位置し、浜名湖・遠州灘・三河湾・三河山地・新野峠・弓張山地に周囲を挟まれた地域である。本宮山から三ヶ根山に至る丘陵を西三河との境とする。大化の改新以前には、穂国造の支配領域であったという説もある。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た宇連川

    川:豊川水系(寒狭川、宇連川、朝倉川)、天竜川水系(津具川、大千瀬川、大入川)、矢作川水系(段戸川、名倉川)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た普通郵便局

    東三河には日本郵便の地域区分局として郵便番号44Xの地域を担当する豊橋南郵便局がある。なお豊根村のうち旧富山村の区域は浜松西郵便局が地域区分局である。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た浜松西郵便局

    東三河には日本郵便の地域区分局として郵便番号44Xの地域を担当する豊橋南郵便局がある。なお豊根村のうち旧富山村の区域は浜松西郵便局が地域区分局である。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た作手村

    〒441-14・15 作手郵便局 新城市(旧作手村東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た赤坂宿 (東海道)

    赤坂宿(豊川市赤坂町)東三河 フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード