130件中 11 - 20件表示
  • 東三河

    東三河から見た武田信玄

    現在は愛知県に属しているが、伝統的に美濃国(岐阜県南部)や伊勢国(三重県北部)、近畿地方と近い関係にあった尾張地方との歴史的連関は浅い。むしろ遠州灘に面する位置や、戦国時代には有力大名である今川義元や武田信玄の領土に入った歴史などから、遠江国(静岡県西部)や信濃国南部(長野県南部、伊那地方)との繋がりが深く、中でも遠江地方との繋がりが深い。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た太平洋戦争

    豊川市は太平洋戦争終戦前に市制を施行した。戦後、地方自治法の施行を受けても市町村の区画は明治時代の区画を基本に合併して出来上がっている。現行地方自治法施行後、町村合併促進法による合併で、蒲郡市及び新城市が、平成の大合併により田原市が市制を施行した。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た遠江国

    現在は愛知県に属しているが、伝統的に美濃国(岐阜県南部)や伊勢国(三重県北部)、近畿地方と近い関係にあった尾張地方との歴史的連関は浅い。むしろ遠州灘に面する位置や、戦国時代には有力大名である今川義元や武田信玄の領土に入った歴史などから、遠江国(静岡県西部)や信濃国南部(長野県南部、伊那地方)との繋がりが深く、中でも遠江地方との繋がりが深い。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た日本のナンバープレート

    自動車のナンバープレートは、地域全体が「豊橋」ナンバーのエリアである。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た広域連合

    2012年、東三河の地域振興をはかる目的で県の東三河総局(東三河県庁と通称)が豊橋市に設置され、担当する副知事が常駐している。また2015年には東三河地域の市町村で構成される「東三河広域連合」が結成されている。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た南信地方

    現在は愛知県に属しているが、伝統的に美濃国(岐阜県南部)や伊勢国(三重県北部)、近畿地方と近い関係にあった尾張地方との歴史的連関は浅い。むしろ遠州灘に面する位置や、戦国時代には有力大名である今川義元や武田信玄の領土に入った歴史などから、遠江国(静岡県西部)や信濃国南部(長野県南部、伊那地方)との繋がりが深く、中でも遠江地方との繋がりが深い。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た近畿地方

    現在は愛知県に属しているが、伝統的に美濃国(岐阜県南部)や伊勢国(三重県北部)、近畿地方と近い関係にあった尾張地方との歴史的連関は浅い。むしろ遠州灘に面する位置や、戦国時代には有力大名である今川義元や武田信玄の領土に入った歴史などから、遠江国(静岡県西部)や信濃国南部(長野県南部、伊那地方)との繋がりが深く、中でも遠江地方との繋がりが深い。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見たメロン

    気候は南部が温暖な太平洋側気候に属する。温暖な気候を利用したメロンの栽培が盛んであり、静岡県西部や茨城県南東部と列ぶ大産地になっている。一方北部の山岳地帯は内陸性気候との混合形態であり、気温の年較差が大きい。冬季には積雪や氷点下10度以下の低温も見られる。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た浜名湖

    豊川流域に位置し、浜名湖・遠州灘・三河湾・三河山地・新野峠・弓張山地に周囲を挟まれた地域である。本宮山から三ヶ根山に至る丘陵を西三河との境とする。大化の改新以前には、穂国造の支配領域であったという説もある。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た古墳時代

    7世紀の末葉に古代国家の土地制度である条里制が施行され、口分田が斑給された。豊川市国府町から八幡町、白鳥町、小田渕町、為当町、御津町などの音羽川下流の沖積地に広がる条里制のあったことが確認されている。為当地区では圃場整備事業に伴い、埋没条理の確認を目的にした発掘が行われ、坪の境界、水路や畦畔、散在した弥生・古墳時代の遺跡も確認され、前代からの連続した水田耕作が行われたことも確かめられた。さらに、地層や遺物の詳細な検討から条里制施行が平安時代中期を下ることも推定された。また、東三河には、豊橋市、蒲郡市、田原市等にも条理痕跡が認められている。東三河 フレッシュアイペディアより)

130件中 11 - 20件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード