147件中 41 - 50件表示
  • 東三河

    東三河から見た愛知県

    東三河(ひがしみかわ)とは、愛知県の東部を指す。豊川流域および渥美半島で、遠州灘に面する地域である。地方中心地は豊橋市。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た牛久保城

    天正(1590年)、徳川家康は豊臣秀吉により、関八州へ移ることを命じられた。東三河へは豊臣秀吉の命で池田照政(後の輝政)の入封と成った。15万2000石である。本拠を吉田城に据えた。元牧野氏の牛久保城と元戸田氏の田原城を支城にし、元戸田氏の二連木城は近いため廃城とした。そのため、東三河は大坂城の太閤の下では吉田城(豊橋市)が中心である。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た北設楽郡

    新城設楽事務所 (所管区域:新城市、北設楽郡東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た御油宿

    御油宿(豊川市御油町)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た田原城 (三河国)

    天正(1590年)、徳川家康は豊臣秀吉により、関八州へ移ることを命じられた。東三河へは豊臣秀吉の命で池田照政(後の輝政)の入封と成った。15万2000石である。本拠を吉田城に据えた。元牧野氏の牛久保城と元戸田氏の田原城を支城にし、元戸田氏の二連木城は近いため廃城とした。そのため、東三河は大坂城の太閤の下では吉田城(豊橋市)が中心である。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た朝倉川

    川:豊川水系(寒狭川、宇連川、朝倉川)、天竜川水系(津具川、大千瀬川、大入川)、矢作川水系(段戸川、名倉川)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た三河吉田藩

    太閤時代、吉田城(豊橋市)中心に統一されていた東三河は、徳川家康の征夷大将軍就任以降、分割された。吉田城は吉田藩、田原城は田原藩、新城城は新城藩、牛久保城は幕府天領となった。また、第2代征夷大将軍には東三河の八名郡南部(豊橋市西郷校区辺り)を本拠地とする三河西郷氏(三河国守護代の西郷家と同族と言われる)の西郷局(お愛)の子徳川秀忠が継ぎ、征夷大将軍は世襲と成リ、戦国の面影は徐々に消えて行き天下泰平の徳川時代の安定期に入る。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た豊橋藩

    明治維新を経て、明治2年(1869年)吉田藩は藩名変更を命じられ豊橋藩となった。廃藩置県を受け、豊橋藩は豊橋県に、田原藩は田原県になる。新城藩は一旦、伊那県に編入された。明治4年(1871年) 、旧三河国各県と旧尾張国知多郡は岡崎城辺りを県庁とする額田県に統合する。また、これに伊那県に入っていた旧新城藩も額田県に合流する。明治5年(1872年)大区小区制により、県の下に区(町村にあたるが、この区には現在の市町村と異なり自治権は無い)を設立した。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た岡崎城

    戦国大名が群雄割拠する時代の1543年(天文11年)、於大の方が薬師世尊を本尊として祀る鳳来寺(新城市)に祈願の末、本地を薬師世尊とされる徳川家康が三河国岡崎城(岡崎市)で生誕した。(徳川家康を薬師世尊が日本の地に仮に現れたものとして信仰するのが東照宮信仰である。関八州の下野国日光(栃木県日光市)にまつられた日光東照宮のほか、全国に東照宮は有る。)1566年(永禄9年)、三河国を統一した徳川家康は朝廷より正式に三河守を拝命し、三河国の正式な統治権を得た。徳川家康は、三河国を東西に分割し、西三河を岡崎城を中心に石川数正により、東三河を吉田城(豊橋市)を中心に酒井忠次(徳川四天王筆頭、東三河の旗頭)により治めさせた。豊橋市を中心とする東三河という概念はここに成立する。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た穂国造

    豊川流域に位置し、浜名湖・遠州灘・三河湾・三河山地・新野峠・弓張山地に周囲を挟まれた地域である。本宮山から三ヶ根山に至る丘陵を西三河との境とする。大化の改新以前には、穂国造の支配領域であったという説もある。東三河 フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード