147件中 61 - 70件表示
  • 東三河

    東三河から見た総社

    律令時代になると、穂国と三河国は合併させられ、合併した際の令制国名は「三河国」となった。この三河国の国府、一宮、総社、国分寺および国分尼寺のすべては、旧穂国の東三河(現在の豊川市)にできた。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た市制

    明治5年(1872年)、名古屋県から改名した愛知県と額田県は合併し、現在の愛知県が成立する。明治11年(1878年)郡区町村編制法制定を受け、東三河は郡及び各町村に分かれ、現在の郡及び町村の原型が出来上がる。明治20年代の明治憲法発布に合わせ、郡制や町村制が施行される。豊橋市は明治に市制を施行した。大正10年(1921年)には郡制廃止法が発布され、大正12年(1923年)に郡会が廃止され、大正15年(1926年)に郡長と郡役所が廃止された。(廃止時、渥美郡は豊橋市、宝飯郡は国府町、八名郡は八名村、南設楽郡は新城町、北設楽郡は田口町に郡役所が置かれていた。)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た地方自治法

    豊川市は太平洋戦争終戦前に市制を施行した。戦後、地方自治法の施行を受けても市町村の区画は明治時代の区画を基本に合併して出来上がっている。現行地方自治法施行後、町村合併促進法による合併で、蒲郡市及び新城市が、平成の大合併により田原市が市制を施行した。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た津具村

    〒441-26 新城支店津具集配センター 設楽町(旧津具村東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た本宮山 (愛知県)

    豊川流域に位置し、浜名湖・遠州灘・三河湾・三河山地・新野峠・弓張山地に周囲を挟まれた地域である。本宮山から三ヶ根山に至る丘陵を西三河との境とする。大化の改新以前には、穂国造の支配領域であったという説もある。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た渥美郡

    吉田城は、豊川と朝倉川の合流地点にあり、渥美郡と宝飯郡、八名郡の境目にある。したがって、吉田城は、東三河全域におさえがきく。徳川家康が徳川四天王筆頭の酒井忠次を吉田城に置いたのはそのためだろう。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た豊田市

    豊田市のうち旧稲武町の地域は2007年4月1日、0536(設楽MA)から0565(豊田MA)に変更された。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た鳳来寺

    戦国大名が群雄割拠する時代の1543年(天文11年)、於大の方が薬師世尊を本尊として祀る鳳来寺(新城市)に祈願の末、本地を薬師世尊とされる徳川家康が三河国岡崎城(岡崎市)で生誕した。(徳川家康を薬師世尊が日本の地に仮に現れたものとして信仰するのが東照宮信仰である。関八州の下野国日光(栃木県日光市)にまつられた日光東照宮のほか、全国に東照宮は有る。)1566年(永禄9年)、三河国を統一した徳川家康は朝廷より正式に三河守を拝命し、三河国の正式な統治権を得た。徳川家康は、三河国を東西に分割し、西三河を岡崎城を中心に石川数正により、東三河を吉田城(豊橋市)を中心に酒井忠次(徳川四天王筆頭、東三河の旗頭)により治めさせた。豊橋市を中心とする東三河という概念はここに成立する。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た二連木城

    天正(1590年)、徳川家康は豊臣秀吉により、関八州へ移ることを命じられた。東三河へは豊臣秀吉の命で池田照政(後の輝政)の入封と成った。15万2000石である。本拠を吉田城に据えた。元牧野氏の牛久保城と元戸田氏の田原城を支城にし、元戸田氏の二連木城は近いため廃城とした。そのため、東三河は大坂城の太閤の下では吉田城(豊橋市)が中心である。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た一宮

    律令時代になると、穂国と三河国は合併させられ、合併した際の令制国名は「三河国」となった。この三河国の国府、一宮、総社、国分寺および国分尼寺のすべては、旧穂国の東三河(現在の豊川市)にできた。東三河 フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード