147件中 71 - 80件表示
  • 東三河

    東三河から見た

    :豊川水系(寒狭川、宇連川、朝倉川)、天竜川水系(津具川、大千瀬川、大入川)、矢作川水系(段戸川、名倉川)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た伊那谷

    東三河は、太平洋岸から天竜川流域に当たる伊那谷への連絡口という機能を担っている。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た渥美半島

    東三河(ひがしみかわ)とは、愛知県の東部を指す。豊川流域および渥美半島で、遠州灘に面する地域である。地方中心地は豊橋市。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た征夷大将軍

    太閤時代、吉田城(豊橋市)中心に統一されていた東三河は、徳川家康の征夷大将軍就任以降、分割された。吉田城は吉田藩、田原城は田原藩、新城城は新城藩、牛久保城は幕府天領となった。また、第2代征夷大将軍には東三河の八名郡南部(豊橋市西郷校区辺り)を本拠地とする三河西郷氏(三河国守護代の西郷家と同族と言われる)の西郷局(お愛)の子徳川秀忠が継ぎ、征夷大将軍は世襲と成リ、戦国の面影は徐々に消えて行き天下泰平の徳川時代の安定期に入る。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た条里制

    7世紀の末葉に古代国家の土地制度である条里制が施行され、口分田が斑給された。豊川市国府町から八幡町、白鳥町、小田渕町、為当町、御津町などの音羽川下流の沖積地に広がる条里制のあったことが確認されている。為当地区では圃場整備事業に伴い、埋没条理の確認を目的にした発掘が行われ、坪の境界、水路や畦畔、散在した弥生・古墳時代の遺跡も確認され、前代からの連続した水田耕作が行われたことも確かめられた。さらに、地層や遺物の詳細な検討から条里制施行が平安時代中期を下ることも推定された。また、東三河には、豊橋市、蒲郡市、田原市等にも条理痕跡が認められている。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た宝飯郡

    吉田城は、豊川と朝倉川の合流地点にあり、渥美郡と宝飯郡、八名郡の境目にある。したがって、吉田城は、東三河全域におさえがきく。徳川家康が徳川四天王筆頭の酒井忠次を吉田城に置いたのはそのためだろう。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た弓張山地

    豊川流域に位置し、浜名湖・遠州灘・三河湾・三河山地・新野峠・弓張山地に周囲を挟まれた地域である。本宮山から三ヶ根山に至る丘陵を西三河との境とする。大化の改新以前には、穂国造の支配領域であったという説もある。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た郡役所

    明治5年(1872年)、名古屋県から改名した愛知県と額田県は合併し、現在の愛知県が成立する。明治11年(1878年)郡区町村編制法制定を受け、東三河は郡及び各町村に分かれ、現在の郡及び町村の原型が出来上がる。明治20年代の明治憲法発布に合わせ、郡制や町村制が施行される。豊橋市は明治に市制を施行した。大正10年(1921年)には郡制廃止法が発布され、大正12年(1923年)に郡会が廃止され、大正15年(1926年)に郡長と郡役所が廃止された。(廃止時、渥美郡は豊橋市、宝飯郡は国府町、八名郡は八名村、南設楽郡は新城町、北設楽郡は田口町に郡役所が置かれていた。)東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た方言

    このため方言や宗教、食文化などをはじめとして文化的にも尾張地方や西三河地方とは大きな差異があるとされ、現在でも愛知県内において独特の風土や文化を保っている。東三河 フレッシュアイペディアより)

  • 東三河

    東三河から見た太平洋側気候

    気候は南部が温暖な太平洋側気候に属する。温暖な気候を利用したメロンの栽培が盛んであり、静岡県西部や茨城県南東部と列ぶ大産地になっている。一方北部の山岳地帯は内陸性気候との混合形態であり、気温の年較差が大きい。冬季には積雪や氷点下10度以下の低温も見られる。東三河 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「東三河のできごと」のニューストピックワード