48件中 11 - 20件表示
  • アロン化成

    アロン化成から見た東亞合成東亞合成

    アロン化成株式会社(アロンかせい)は、東京都品川区に本社を置く合成樹脂の製造業者。東亞合成の子会社。アロン化成 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷ケンシ

    勝谷ケンシから見た東亜合成東亞合成

    東亜合成「微笑みのために」勝谷ケンシ フレッシュアイペディアより)

  • 東港駅

    東港駅から見た東亞合成東亞合成

    主な取扱品目は、三洋化成工業専用線に到着する液体酸化エチレンや水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)などの化学薬品である。苛性ソーダはタンク車によって昭和町駅(東亞合成名古屋工場)などから輸送されていた。一方、液体酸化エチレンはコンテナ車に積載されたタンクコンテナによって千鳥町駅(日本触媒川崎製造所千鳥工場)から輸送される。この輸送もタンク車が用いられていたが、2008年(平成20年)にタンクコンテナに切り替えられた。東港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保 (つくば市)

    大久保 (つくば市)から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成先端科学研究所大久保 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT13C形コンテナ

    JR貨物UT13C形コンテナから見た東亞合成東亞合成

    東亞合成所有、液体苛性カリ専用。最大総重量19.4t(規格外)コキ100系積載限定。JR貨物UT13C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT10C形コンテナ

    JR貨物UT10C形コンテナから見た東亞合成東亞合成

    日陸所有(東亞合成借受)、アクリル酸メチル専用。JR貨物UT10C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 昭和町駅 (愛知県)

    昭和町駅 (愛知県)から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成名古屋工場の南側に沿って走る昭和町線のほぼ全線が当駅の構内となっている。工場は愛知県道55号によって東西に分断されており、当駅も同様に分断されている。駅構内からは、東亞合成が保有する専用線が分岐している。昭和町駅 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 塩浜駅

    塩浜駅から見た東亞合成東亞合成

    かつてはこのほか化成品の扱いもあり、タンクコンテナで輸送される酸化エチレンや、タンク車で輸送される液体塩素である。酸化エチレンは奥野谷浜駅(三菱化学鹿島事業所)から三菱化学専用線へ運ばれ、液体塩素は昭和町駅(東亞合成名古屋工場)から石原産業専用鉄道へ運ばれていた。塩浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海鉄道昭和町線

    名古屋臨海鉄道昭和町線から見た東亞合成東亞合成

    ほぼ全線が東亞合成名古屋工場の敷地に沿って敷設され、愛知県道55号名古屋半田線との交差地点には踏切信号が設置されている。名古屋臨海鉄道昭和町線 フレッシュアイペディアより)

  • ソーダ工業

    ソーダ工業から見た東亞合成東亞合成

    イオン交換膜法で水酸化ナトリウムを1トン製造する場合、原料の塩化ナトリウム1.5トンと、約2,500kWhの電力を必要とし、0.886トンの塩素と、0.025トンの水素が副生する。原料の電気分解に多くの電力を要するのが特徴であり、日本ではソーダ工業全体で年間あたり約100億kWhの電力を消費する。そのうち約9割が電気分解、残りがポンプ動力や工場の照明などに使われる。これはアルミニウム精錬、フェロアロイ工業、カーバイド工業に次いで大きなもので、日本の産業用電力の3%、化学工業の消費電力の18%を占める。自家発電比率は63%で、産業用電力の自家発電比率31%に比べ高い値となっている。24時間操業の工場では、電力需給調整の観点から夜間は主に電力会社の深夜電力を利用している。日本のソーダ工業の省エネ技術は世界で最も進んだものであり、電力原単位(水酸化ナトリウム1トンの製造に要する電力)は1965年度の3,465kWh/tから2010年度の2,445kWh/tまで減少した。これは、消費電力の少ないイオン交換膜法の普及によるものである。日本の化学メーカーの東亞合成とカネカは、燃料電池の技術を応用してさらに電力消費の少ないガス拡散電極法の実用化に向けた研究を進めている。これは水素ガスを併産しない代わり、電力消費量はイオン交換膜法に比べ2/3程度となる。ソーダ工業 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示