66件中 11 - 20件表示
  • 川崎有機

    川崎有機から見た東亞合成東亞合成

    川崎有機 フレッシュアイペディアより)

  • 東亞合成化学工業

    東亞合成化学工業から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • トライアル (オートバイ)

    トライアル (オートバイ)から見た東亞合成東亞合成

    トライアルバイクを使ったシーンが印象的な瞬間接着剤のコマーシャルがあった。内容は、前輪を持ち上げて走行(ウィリー走行)し、前輪を柱に当てて停止すると前輪が柱に接着され、ライダーが降りてもオートバイは倒れずにそのまま立っている、というものであった(1988?1989年の東亞合成アロンアルフアのTVCF)。このとき実演していたトライアル国際A級ライダー(当時)の工藤靖幸はウィリーキングと呼ばれ、1991年5月5日に日本自動車研究所高速周回路で、ウィリー走行による連続走行距離の世界記録となる331.019kmを樹立している。トライアル (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 昭和町駅 (愛知県)

    昭和町駅 (愛知県)から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成名古屋工場の南側に沿って走る昭和町線のほぼ全線が当駅の構内となっている。工場は愛知県道55号名古屋半田線によって東西に分断されており、当駅も同様に分断されている。駅構内からは、東亞合成が保有する専用線が分岐している。昭和町駅 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 南海化学

    南海化学から見た東亞合成東亞合成

    1918年(大正7年)4月 - 富山県伏木に北海曹達株式会社設立(1922年に三井鉱山に譲渡、現東亞合成南海化学 フレッシュアイペディアより)

  • 白山水力

    白山水力から見た東亞合成東亞合成

    白山水力と矢作水力の合併後も矢作水力が大北工業の株式を保有したままであったが、1939年(昭和14年)9月矢作水力子会社の昭和曹達が株式を譲り受けた。1944年(昭和19年)には昭和曹達が東亞合成化学工業(現・東亞合成)に合併したため同社系列となる。戦後1960年(昭和35年)、東亞合成傘下から同業でフェロシリコンを製造する東化工株式会社(現・日本重化学工業)の傘下に入るが、1965年(昭和40年)12月に工場を閉鎖した。白山水力 フレッシュアイペディアより)

  • 生野涼介

    生野涼介から見た東亞合成東亞合成

    当時自身がトライアルバイクに乗っての走行を趣味としていたところ、バイクの師匠である工藤靖幸(やすゆき)選手を弟子たち一同で励まそうということになり、ウィリー走行世界記録に挑戦してもらう。その挑戦記録をドキュメンタリーとして制作し「ニュースステーション」番組内でオンエアしたことが人生の大きな転機となった。ちなみにその時工藤選手が樹立したウィリー走行331.019kmという世界記録をイギリスの記録雑誌ギネスブックに申請、以後この記録は破られていないため(2012年現在)そのまま毎年ギネスに掲載されている。工藤靖幸選手は瞬間接着剤アロンアルファのCMで一躍お茶の間に知られたライダーで、ウィリー走行をして前輪を柱に当てて停止すると接着剤でバイクが倒れないというTVCMが好評を博した人物であった。彼が接着剤の東亞合成をスポンサーとしていたため、生野はその後全面的に東亞合成のイベント映像演出をしながらバイクトライアル映像作家として独立する経緯に至った。生野涼介 フレッシュアイペディアより)

  • ヴイテック

    ヴイテックから見た東亞合成東亞合成

    ヴイテック株式会社(英文名称V-Tech Corporation)は、かつて塩化ビニル樹脂、塩ビモノマーおよび苛性ソーダなどの電解製品の製造を行っていた企業。三菱化学と東亞合成の合弁により設立された。塩化ビニル樹脂の販売量は日本国内第5位であった。ヴイテック フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見曹達

    鶴見曹達から見た東亞合成東亞合成

    2002年(平成14年)7月に東亞合成の完全子会社となったが、その後2013年(平成25年)1月には同じく完全子会社の日本純薬と共に東亞合成へ吸収合併された。鶴見曹達 フレッシュアイペディアより)

  • ソーダ工業

    ソーダ工業から見た東亞合成東亞合成

    イオン交換膜法で水酸化ナトリウムを1トン製造する場合、原料の塩化ナトリウム1.5トンと、約2,500kWhの電力を必要とし、0.886トンの塩素と、0.025トンの水素が副生する。原料の電気分解に多くの電力を要するのが特徴であり、日本ではソーダ工業全体で年間あたり約100億kWhの電力を消費する。そのうち約9割が電気分解、残りがポンプ動力や工場の照明などに使われる。これはアルミニウム精錬、フェロアロイ工業、カーバイド工業に次いで大きなもので、日本の産業用電力の3%、化学工業の消費電力の18%を占める。自家発電比率は63%で、産業用電力の自家発電比率31%に比べ高い値となっている。24時間操業の工場では、電力需給調整の観点から夜間は主に電力会社の深夜電力を利用している。日本のソーダ工業の省エネ技術は世界で最も進んだものであり、電力原単位(水酸化ナトリウム1トンの製造に要する電力)は1965年度の3,465kWh/tから2010年度の2,445kWh/tまで減少した。これは、消費電力の少ないイオン交換膜法の普及によるものである。日本の化学メーカーの東亞合成とカネカは、燃料電池の技術を応用してさらに電力消費の少ないガス拡散電極法の実用化に向けた研究を進めている。これは水素ガスを併産しない代わり、電力消費量はイオン交換膜法に比べ2/3程度となる。ソーダ工業 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「東亞合成」のニューストピックワード