66件中 21 - 30件表示
  • 東港駅

    東港駅から見た東亞合成東亞合成

    主な取扱品目は、三洋化成工業専用線に到着する液体酸化エチレンや水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)などの化学薬品である。苛性ソーダはタンク車によって昭和町駅(東亞合成名古屋工場)などから輸送されていた。一方、液体酸化エチレンはコンテナ車に積載されたタンクコンテナによって千鳥町駅(日本触媒川崎製造所千鳥工場)から輸送される。この輸送もタンク車が用いられていたが、2008年(平成20年)にタンクコンテナに切り替えられた。東港駅 フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT13C形コンテナ

    JR貨物UT13C形コンテナから見た東亞合成東亞合成

    東亞合成所有、液体苛性カリ専用。最大総重量19.4t(規格外)コキ100系積載限定。JR貨物UT13C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT10C形コンテナ

    JR貨物UT10C形コンテナから見た東亞合成東亞合成

    日陸所有(東亞合成借受)、アクリル酸メチル専用。JR貨物UT10C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 日本ソーダ工業会

    日本ソーダ工業会から見た東亞合成東亞合成

    会長 - 橋本太(東亞合成取締役会長)日本ソーダ工業会 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波研究学園都市

    筑波研究学園都市から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成 先端科学研究所筑波研究学園都市 フレッシュアイペディアより)

  • 末広町 (横浜市鶴見区)

    末広町 (横浜市鶴見区)から見た東亞合成東亞合成

    第一次世界大戦後の不況対策として、神奈川県の事業で1929年から1932年にかけて1丁目の南部の埋立を拡大した。この土地には芝浦工作機械(法人としては現在の東芝機械。工場は、東芝京浜事業所のタービン工場)や鶴見曹達(現在の東亞合成)などが進出した。2丁目には、昭和に入り協同国産自動車(現在のいすゞ自動車)が工場を開設した。第二次世界大戦での空襲の被害はわずかであったが、一部の工場は米軍に接収された。末広町 (横浜市鶴見区) フレッシュアイペディアより)

  • アロンアルフア

    アロンアルフアから見た東亞合成東亞合成

    アロンアルフア (Aron Alpha) は東亞合成が製造・販売(家庭用はコニシが販売総代理店、高度医療管理機器として第一三共が販売を担当)しているシアノアクリレート系瞬間接着剤で、同社の登録商標(日本第748367号)である。アロンアルフア フレッシュアイペディアより)

  • 大久保 (つくば市)

    大久保 (つくば市)から見た東亞合成東亞合成

    東亞合成先端科学研究所大久保 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タサ1700形貨車

    国鉄タサ1700形貨車から見た東亜合成東亞合成

    落成当時の所有者は鉄興社、日本曹達、旭化成工業、東亜合成化学工業、三谷産業、新日化産業、日新興業、日本トレーディング、宇津商店、旭硝子、岩田商店、大阪曹達、日東フロロケミカル、住友商事、日本石油輸送、ソーダ商事、十全化学、丸正産業、東洋曹達工業、北海道曹達、日新電化であった。国鉄タサ1700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見川

    鶴見川から見た東亞合成東亞合成

    鶴見川の河川水は、主に農業用水と工業用水に利用されている。農業用水は、流域の開発に伴い減少しつつも、約130haの耕地の灌漑に利用されている。最大取水量は、かんがい用水として1.616m3/s(慣行、21件)、工業用水として0.555m3/s(許可、1件)。農業用水の取水は中流域の亀の子橋より上流域に点在し、工業用水の取水は河口部にほど近い東亞合成のみである。なお、鶴見川流域では、生活用水のほとんどが流域外から導水されている。鶴見川 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「東亞合成」のニューストピックワード