66件中 41 - 50件表示
  • 国鉄タキ5050形貨車

    国鉄タキ5050形貨車から見た東亜合成東亞合成

    落成時の所有者は、丸正産業、日新興業、日本曹達、住友商事、三井フロロケミカル、新日化産業、伊藤忠商事、日本トレーディング、鶴見曹達、関東電化工業、三谷産業、安宅産業、三井物産、錦商事、日本石油輸送、日本陸運産業、ソーダ商事、日軽化工、多木化学、大阪曹達、日新電化、西井、山陽国策パルプ、小西安、東亜合成化学工業の25社である。国鉄タキ5050形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ1400形貨車

    国鉄タキ1400形貨車から見た東亜合成東亞合成

    落成時の所有者は、大日本紡績、倉敷絹織、東亜合成化学、興国人絹パルプ、大和紡績、東邦レーヨン、日本軽金属、鉄興社、宇部曹達工業、徳山曹達、東洋曹達、日本曹達、呉羽化学工業、錦商事、新日化産業、旭化成工業、大阪曹達、日曹商事、昭和電工、日新興業、三菱化成工業の21社であった。国鉄タキ1400形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ4200形貨車

    国鉄タキ4200形貨車から見た東亜合成東亞合成

    落成時の所有者は日東紡績、日本曹達、日新興業、ソーダ商事、北海道曹達、呉羽化学工業、錦商事、東亜合成化学、日新電化、保土谷化学工業、関東電化工業、三井物産、昭和電工、日本カーバイド工業、山陽パルプ、日産化学工業、三菱江戸川化学、旭電化工業、鶴見曹達、鉄興社の20社であった。国鉄タキ4200形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見た東亞合成東亞合成

    アロンアルフアA「三共」【高度管理医療機器】 - シアノアクリレート液:軟組織接合用接着剤(製造販売元:東亞合成第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎久太郎

    山崎久太郎から見た東亞合成東亞合成

    1928年(昭和3年)12月、福澤駒吉らの主導のもとに昭和曹達株式会社(東亞合成の前身)が設立された。福澤駒吉はじめ山崎久太郎、久留島通彦、田中福之助、飯田正英らが出資し払込資本金は90万円。取締役社長は福澤駒吉、筆頭取締役は山崎久太郎。本社は東京市麹町区丸の内。工場は名古屋市南区昭和町の敷地に建設されアーレン・ムーア式電解槽を採用した。同社は東海曹達の姉妹会社として設立され苛性ソーダ(当初年産2,160?)や晒粉(当初年産4,500?)を製造する新鋭工場であった。順次生産品目と生産能力が拡大され、1936年(昭和11年)には苛性ソーダの生産量は7,411?に達した。電力は福澤の水力発電会社である矢作水力株式会社から供給を受けた。福澤としては新工場の生産が軌道に乗り次第、東海曹達の事業を吸収する計画であった。実際には新たに鶴見曹達株式会社と四国曹達株式会社両社の完成を見た後の1936年末、東海曹達の事業を中止し解散した。山崎久太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎甚五郎

    山崎甚五郎から見た東亜合成化学東亞合成

    1916年(大正5年):12月、東海曹達工業所における苛性ソーダの事業化実証を踏まえて事業計画が策定され、福沢桃介や岩崎久弥らの出資により東海曹達株式会社(後に昭和曹達株式会社を経て東亜合成化学工業株式会社)が設立された。資本金は100万円。取締役社長には福沢駒吉、常務取締役に義父山崎久太郎、支配人に久留島通彦が就任。山崎甚五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 氷見線

    氷見線から見た東亞合成東亞合成

    能町駅の先で万葉線高岡軌道線と交差して中越パルプ工業の脇を進むと小矢部川を渡って工業地帯に入り、東亞合成高岡工場と、日本総合リサイクル(旧日本製紙伏木工場)を右手に見ながら進む。この先、直進方向には貨物ヤードが設けられているが、氷見線は貨物ヤードの方向から左へ分かれ、カーブを進んだところに伏木駅がある。氷見線 フレッシュアイペディアより)

  • コニシ

    コニシから見た東亞合成東亞合成

    1952年に合成接着剤「ボンド」(日本では、1952年に出願され、1953年に商標登録されている。)の発売を開始。その後の日本を代表する接着剤のトップブランドとして成長するようになり、「コニシのボンド」の印象を強く根付かせた。事実、インターネットでのドメイン名も「bond.co.jp」。1970年代以降、東亞合成株式会社と業務提携を結んでおり、強力瞬間接着剤の「アロンアルフア」の一般家庭用ブランドを「ボンド・アロンアルフア」として発売している。コニシ フレッシュアイペディアより)

  • 瞬間接着剤

    瞬間接着剤から見た東亞合成東亞合成

    シアノアクリレート系瞬間接着剤は、対象物の片面に点状に付け、もう片方の対象物に押し付け広げられるとすぐに、空気中などの水分に瞬間的に反応して硬化し接着する。さらっとした水状のものが容器に入っている製品が多いが、ゼリー状のものもある。ゼリー状のものはたれにくいので、垂直面での使用などに使う。日本では、東亞合成製造、コニシ発売のアロンアルフアが、1980年代以来の、一般にあり得ないもの同士を接着するなどの印象的なテレビCM戦略により、広く一般に普及した。他社製品に、セメダイン製(ヘンケル(Henkel)のロックタイト(Loctite)ブランドで発売)、工業用では、アルテコ製、デンカ(旧:電気化学工業)製のハードロックなどがある。また、近年(2017年現時点)では当初無色だった液剤に染料等での着色をしたものもある。瞬間接着剤 フレッシュアイペディアより)

  • 汲み取り式便所

    汲み取り式便所から見た東亞合成東亞合成

    厚生省式改良便所を参考に、便槽と便器の間にU字管(トラップ)を設けてある構造の汲み取り式便所である。便器の直下に臭突へ分岐する管があり、そこからヒーターや換気扇(脱臭扇)を経て臭気を排出するため直下式便槽より臭気が少なく、それが無臭トイレの名前の由来となっている。前澤化成工業が製造したのを皮切りに積水化学工業・日立化成・ハマネツ・東亞合成・信越ポリマー・ネポン・永大産業・クボタ・大建工業・松下電工(現パナソニック電工→パナソニック)など化学・建材メーカーなどからも発売されたが、地方でも水洗化されるようになると需要は減少していくとともに、一部のメーカーでは生産から撤退している。汲み取り式便所 フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示