1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 汲み取り式便所

    汲み取り式便所から見た東亞合成東亞合成

    厚生省式改良便所を参考に、便槽と便器の間にU字管(トラップ)を設けてある構造の汲み取り式便所である。便器の直下に臭突へ分岐する管があり、そこからヒーターや換気扇(脱臭扇)を経て臭気を排出するため直下式便槽より臭気が少なく、それが無臭トイレの名前の由来となっている。前澤化成工業が製造したのを皮切りに積水化学工業・日立化成工業・ハマネツ・東亞合成・信越ポリマー・ネポン・永大産業・クボタ・大建工業・松下電工(現パナソニック電工)など化学・建材メーカーなどからも発売されたが、地方でも水洗化されるようになると需要は減少していくとともに、一部のメーカーでは生産から撤退している。汲み取り式便所 フレッシュアイペディアより)

  • トライアル (オートバイ)

    トライアル (オートバイ)から見た東亞合成東亞合成

    トライアルバイクを使ったシーンが印象的な瞬間接着剤のコマーシャルがあった。内容は、前輪を持ち上げて走行(ウィリー走行)し、前輪を柱に当てて停止すると前輪が柱に接着され、ライダーが降りてもオートバイは倒れずにそのまま立っている、というものであった(1988?1989年の東亞合成アロンアルフアのTVCF)。このとき実演していたトライアル国際A級ライダー(当時)の工藤靖幸はウィリーキングと呼ばれ、1991年5月5日に日本自動車研究所高速周回路で、ウィリー走行による連続走行距離の世界記録となる331.019kmを樹立している。トライアル (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県

    徳島県から見た東亜合成東亞合成

    東亜合成徳島工場(徳島市)徳島県 フレッシュアイペディアより)

  • 氷見線

    氷見線から見た東亞合成東亞合成

    能町駅の先で万葉線高岡軌道線と交差して中越パルプ工業の脇を進むと小矢部川を渡って工業地帯に入り、東亞合成高岡工場と、日本車両リサイクル(旧日本製紙伏木工場)を右手に見ながら進む。この先、直進方向には貨物ヤードが設けられているが、氷見線は貨物ヤードの方向から左へ分かれ、カーブを進んだところに伏木駅がある。氷見線 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂大輔

    松坂大輔から見た東亞合成東亞合成

    2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で唯一の3勝をあげ、最優秀選手(MVP)に選ばれた松坂は、MVPのトロフィーを受け取った直後にTVのインタビューで、「MVPとったんですけど、これ(=トロフィーの円盤状の飾り)もうとれちゃったんですね。この辺がアメリカっぽいですけど」と苦笑いしつつ、「後で自分でアロンアルフアでくっつけて直しますけど」と冗談を言ってのけた。その後、実際に販売元の東亞合成から松坂へアロンアルフアが大量に送られた。松坂大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎久太郎

    山崎久太郎から見た東亞合成東亞合成

    1916年(大正5年):12月、東海曹達工業所における苛性ソーダ事業化の実証を踏まえて事業計画が策定され、福沢桃介や岩崎久弥らの出資により東海曹達株式会社(後に昭和曹達株式会社を経て現東亜合成化学工業株式会社)が設立された。資本金は100万円。取締役社長に福沢駒吉、常務取締役に山崎久太郎、支配人に久留島通彦が就任。山崎久太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 武田薬品工業

    武田薬品工業から見た東亞合成東亞合成

    トアロー水和剤CT - BT水和剤(殺芽胞)。野菜のアオムシ退治に。有機農産物栽培に使用可能。(製造販売元:東亞合成武田薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 伏木駅

    伏木駅から見た東亞合成東亞合成

    上記の操車場から、本線東側に沿って南進、日本製紙伏木工場へ至る専用鉄道がある。この線路は工場からのコンテナによる紙製品の出荷に使用されていた。またこの路線から、東亞合成高岡工場へ至る専用鉄道が分岐しており、タンクコンテナによる化学薬品の出入荷に使用されていた。いずれも日本製紙伏木工場閉鎖に伴い、2008年(平成20年)10月以降は列車の運行はなくなっているが、同敷地を取得した富山県に本社を置く豊富産業グループの日本車両リサイクルが2012年8月に操業開始予定とする鉄道車両・船舶・大型バスなどの解体施設への搬入経路として、この線路を利用する構想がある。伏木駅 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示