前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
495件中 1 - 10件表示
  • 東京タワー

    東京タワーから見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    長らく高さが日本一であったというイメージが強いが、実際に日本一高かったのは1968年6月26日に小笠原諸島が日本に返還され南鳥島ロランタワーと硫黄島ロランタワーに抜かれるまでの約9年半と、対馬(長崎県)のオメガタワーが解体されてから東京スカイツリーに抜かれるまでの約11年間である。ただし、自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半は日本一の高さであった。現在は東京スカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物である。尚、重量については約4千トンとされる。東京タワー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    「金」・・・ロンドンオリンピックにおける日本人選手の過去最多となるメダルラッシュ、山中伸弥(京都大学教授)のノーベル生理学・医学賞受賞、世界一の高さを誇る自立式電波塔「東京スカイツリー」の開業など数々の金字塔が打ち立てられたことの他、日本の広範囲で金環日食が観測され注目を集めたことなどから。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • STRAWBERRY-FIELDS

    STRAWBERRY-FIELDSから見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    東京スカイツリータウン・ソラマチ店 (東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 2F)STRAWBERRY-FIELDS フレッシュアイペディアより)

  • 森田の新春天気!!

    森田の新春天気!!から見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    蒼あんな・れいな(東京都台東区・浅草寺)、田中みな実☆(東京都墨田区・東京スカイツリー)、古谷有美☆(群馬県前橋市・群馬県庁)、小林悠☆(宮城県気仙沼市・日門漁港)、原田亜弥子(SBSアナウンサー/静岡県静岡市から富士山周辺の上空)、近藤肇(HBCアナウンサー/北海道釧路市)、桜沢信司(愛知県田原市・伊良湖岬)、崎濱綾子(沖縄県那覇市・琉球放送スタジオ)森田の新春天気!! フレッシュアイペディアより)

  • DJ OSSHY

    DJ OSSHYから見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    東京スカイツリー、東京タワー、羽田空港、客船シンフォニー、小金井カントリー倶楽部で催されたディスコイベントに出演し、ジョディ・ワトリー、角松敏生らと共演した。DJ OSSHY フレッシュアイペディアより)

  • とうきょうスカイツリー駅

    とうきょうスカイツリー駅から見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    これにより、旧貨物ヤードの跡地には60,000m2を越える用地が創出され、2004年(平成16年)からは、旧貨物ヤードを中心に都市再開発(押上・業平橋駅周辺土地区画整理事業)が開始された。同年12月には墨田区・地元関係者が東武鉄道に対して新タワー誘致の協力要請をし、2005年(平成17年)2月に東武鉄道が新タワー事業に取り組むことを放送事業者・墨田区に表明した。同年3月には都市計画が決定され、放送事業者が墨田区押上地区を第1候補に選定した。そして、2006年(平成18年)3月に新タワー建設地として当地区が最終決定され、東京スカイツリーを核とした、東京スカイツリータウンの開発が行われるようになった。とうきょうスカイツリー駅 フレッシュアイペディアより)

  • 墨田区

    墨田区から見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    全国的に有名な東京スカイツリーがある。墨田区 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜ランドマークタワー

    横浜ランドマークタワーから見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    70階建て、高さ296.33m。超高層ビルとしては2014年に開業した大阪市のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高く(中部地方以東の東日本では最も高く)、構造物としては東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m)、あべのハルカス (300.0m)、明石海峡大橋 (298.3m) に次ぐ5番目の高さである。横浜ランドマークタワー フレッシュアイペディアより)

  • TBSテレビ

    TBSテレビから見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    2013年(平成25年)5月31日午前9時:テレビ送信所を東京タワーから東京スカイツリーに移転(東京タワーの送信設備は予備送信所として存続)。TBSテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 地中熱

    地中熱から見た東京スカイツリー東京スカイツリー

    日本では2005年日本国際博覧会(愛・地球博)瀬戸日本館の空調設備として納入されたほか、東京大学柏地区キャンパスや2010年にオープンした羽田空港の新国際線ターミナル、東京スカイツリーや「JPタワー(仮称)」(東京中央郵便局旧所在地)など大型施設を中心に利用が進められている。個人向けには、アメリカなどから一戸建て用のユニットが長らく輸入販売されてきたが、2009年に旭化成ホームズから一戸建て用に燃料電池も併用する給湯・暖房システムが発売されたのに続き、LIXIL住宅研究所が太陽光発電との併用システムを、コロナが地中熱ヒートポンプ温水暖房システムを発売するなど商品化が相次いでいる。また、企業と大学が連携したアルミハウスという動きもある。日本での設置総数は欧米や中国に大きく出遅れているが、政府のエネルギー基本計画の中に再生可能エネルギーとして取り上げられ、2010年5月に成立した「エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律」では、その支援対象に地中熱利用設備が含まれた。また、2012年に開業した東京スカイツリーでは地中熱利用による「地域冷暖房システム」が採用され、これは国内初である。地中熱 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
495件中 1 - 10件表示

「東京スカイツリー」のニューストピックワード