126件中 71 - 80件表示
  • 日仏関係

    日仏関係から見た東京スター銀行東京スター銀行

    2007年 - シラクが大統領を退任。後任のニコラ・サルコジは相撲批判などで知られる。シラクが日本の東京相和銀行(現在の東京スター銀行)に約50億円の口座を持つという不正蓄財疑惑などが指摘されるが、本人が否定。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱東京UFJ銀行

    三菱東京UFJ銀行から見た東京スター銀行東京スター銀行

    BTMUでは自行ATMのみならずコンビニATMや一部の提携行との間での他行ATM手数料無料化を行うなどの利便性向上策を行っている。その一方で、東京スター銀行との間では、同行の一方的な手数料無料化施策に反発し、2008年11月4日をもってBTMUのキャッシュカードを東京スターのATMで利用不可とするなどの軋轢を生んでいる。三菱東京UFJ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アンスリー

    アンスリーから見た東京スター銀行東京スター銀行

    東京スター銀行…なんば駅北口店アンスリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼロバンク

    ゼロバンクから見た東京スター銀行東京スター銀行

    コンビニエンスストアチェーンのサークルKサンクス全額出資の子会社であるゼロネットワークスによるATMサービスの一つで、中京3県(愛知県・岐阜県・三重県)の「サークルK」「サンクス」および一部のユニーグループ店舗(ピアゴ、ラフーズコア)に設置されている。かつては東京スター銀行とも提携して首都圏4都県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)でも展開していたが、2012年12月末をもって提携を終了している。ゼロバンク フレッシュアイペディアより)

  • 足利銀行

    足利銀行から見た東京スター銀行東京スター銀行

    一般的に破綻した銀行がスポンサーを得て再建する場合、新たに設立した銀行へ譲渡するか承継銀行に吸収されることにより銀行名が事実上改称されるのが通例であるが(わかしお銀行、新生銀行、東京スター銀行等)、当行のケースでは創業時の法人格のまま親会社が異動するのみとなり、足利ホールディングス側の意向で、地域におけるネームバリュー等を考慮して現行名を維持する方向となった。足利銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣共立銀行

    大垣共立銀行から見た東京スター銀行東京スター銀行

    2005年(平成17年)3月より、サークルKサンクス、ピアゴ、ラフーズコアと共に、愛知県・岐阜県にある同社約1,300店舗に、現金自動支払機利用手数料無料のATM「ゼロバンク」を展開している。当時、愛知県及び岐阜県にはセブン銀行(当時はアイワイバンク銀行)のコンビニATMを設置するセブン-イレブンがドミナント戦略で大量出店しており、同地域を地盤とするサークルKサンクスは危機感を抱いていた。こうした中、前述にある十六銀行のATM相互無料提携に対する対抗策を模索していた、大垣共立銀行との思惑が一致したものである(2005年7月1日付朝日新聞「コンビニ競争、東海に熱-地元勢・サービスで応戦」)。その後、三重銀行・東京スター銀行も参加している。大垣共立銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七島信用組合

    七島信用組合から見た東京スター銀行東京スター銀行

    1957年9月 - 東京中央信用組合(後に経営破綻し、東京スター銀行が譲受)より島嶼地区の営業区域を譲受され、東京都島嶼信用組合設立七島信用組合 フレッシュアイペディアより)

  • 七島信用組合

    七島信用組合から見た東京中央信用組合東京スター銀行

    1957年9月 - 東京中央信用組合(後に経営破綻し、東京スター銀行が譲受)より島嶼地区の営業区域を譲受され、東京都島嶼信用組合設立七島信用組合 フレッシュアイペディアより)

  • 南九州ファミリーマート

    南九州ファミリーマートから見た東京スター銀行東京スター銀行

    このような現状下では、転勤族や旅行客などは、都銀や転勤族の親元や旅行客の地元の地銀・第二地銀利用者には引出時の手数料負担などの不便を強いられている。特に鹿児島県については、コンビニATMが野村證券鹿児島支店内のセブン銀行と南九州サンクスにあるBankTime(りそな銀行)のみである。引き出し手数料無料で利用できるATMは、三菱東京UFJ銀行以外なら、ダイエーなどに設置された東京スター銀行、三菱東京UFJ銀行を含む一部銀行はイオン九州のイオン及びマックスバリュに設置されたイオン銀行を利用することになる。南九州ファミリーマート フレッシュアイペディアより)

  • イオン銀行

    イオン銀行から見た東京スター銀行東京スター銀行

    ATMは、2011年(平成23年)12月31日時点で47都道府県で1,926台が稼動している。イオングループ店舗を中心に展開しており、イオングループ店舗以外への設置は限定的である。逆にイオングループの店舗でも、ミニストップ(主にイーネットATMを設置)やダイエー(OMCカードCD機置換の東京スター銀行ATMを設置)など、他の金融機関のATMを中心に設置している商業ブランドもある。他に、元々JR西日本管内主要駅にあった子会社のジェイアール西日本ファイナンス(現:ジェイアール西日本商事)運営の現金自動支払機(CD機)を全廃し跡地にイオン銀行ATMを設置した。イオン銀行 フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「東京スター銀行」のニューストピックワード