126件中 81 - 90件表示
  • アエル (貸金業者)

    アエル (貸金業者)から見た東京スター銀行東京スター銀行

    2003年9月30日、グループ会社のナイス(消費者金融)、サリ(酒類ディスカウントストア)と共に会社更生法の適用を申請。同年10月に米国の投資ファンド・ローンスターグループ(東京スター銀行の親会社として知られる)が会社再建のスポンサーとして名乗りを上げ、同年11月からローンスターグループ傘下となる。その後、2004年7月12日にナイスを吸収合併して、2005年にはアエル・ナイスの両ブランドをアエルに一本化し、「AEL2010」と称して5ヵ年計画をスタートさせ、全国の店舗数を500店舗にまで増やすことを目指した新たな拡大路線を推進し、2007年8月に更生手続を終結した。自動契約機は「ひタッチくん」の愛称があり、現社名に変更後も使われていたが、ローンスターグループ傘下で廃止された。アエル (貸金業者) フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見た東京スター銀行東京スター銀行

    西友子会社のノンバンク。個人向けには消費者金融業(サラ金カード)と「SEIYUキャッシュポイント」という貸金業者のカードのみ利用可能なキャッシュディスペンサーを設置していた。バブル期にリゾート開発など事業者向けの不動産抵当融資を積極的に行った結果、1兆円前後の不良債権が発生。1999年に経営が行き詰まり2000億円の債権放棄を第一勧銀へ要請するも、負債総額が西友の重荷となり経営不振へ陥る元凶となった。2000年代にローンスターグループに買収され、東京スター銀行の子会社となりTSBキャピタル。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たTSBキャピタル東京スター銀行

    西友子会社のノンバンク。個人向けには消費者金融業(サラ金カード)と「SEIYUキャッシュポイント」という貸金業者のカードのみ利用可能なキャッシュディスペンサーを設置していた。バブル期にリゾート開発など事業者向けの不動産抵当融資を積極的に行った結果、1兆円前後の不良債権が発生。1999年に経営が行き詰まり2000億円の債権放棄を第一勧銀へ要請するも、負債総額が西友の重荷となり経営不振へ陥る元凶となった。2000年代にローンスターグループに買収され、東京スター銀行の子会社となりTSBキャピタルセゾングループ フレッシュアイペディアより)

  • コンビニATM

    コンビニATMから見た東京スター銀行東京スター銀行

    ゼロバンク(大垣共立銀行・三重銀行) - サークルKサンクス、99イチバ、ピアゴ(東海3県で展開。管理はゼロネットワークスに委託。かつては、東京スター銀行管轄のものも存在したが、2012年までにBankTimeにリプレースされている)コンビニATM フレッシュアイペディアより)

  • 仙台トラストシティ

    仙台トラストシティから見た東京スター銀行東京スター銀行

    東日本大震災での被災に伴い、東京スター銀行仙台支店ファイナンシャル・ラウンジが5Fに移転しており、ATM稼働時間は平日銀行窓口営業時間のみだが、現在は1Fに店舗外ATM(コンビニATM筐体のもの)が、セブン銀行ATMと並ぶ形で別途設置されている。仙台トラストシティ フレッシュアイペディアより)

  • ドン・キホーテ (企業)

    ドン・キホーテ (企業)から見た東京スター銀行東京スター銀行

    東京スター銀行ATM - 長崎屋から転向した一部の店舗。東京スター銀行の単独設置扱いになる為、ホームページ上には記載されない。ドン・キホーテ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ICカード

    ICカードから見た東京スター銀行東京スター銀行

    東京スター銀行 : (10月1日)キャッシュカード単独型、生体認証なしICカード フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た東京スター銀行東京スター銀行

    東京スター銀行 - 主要駅構内に、ATM網「駅の銀行ATM・ひきだし上手」を展開。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ中部

    マックスバリュ中部から見た東京スター銀行東京スター銀行

    電子マネーWAONへのチャージ機能を備えたイオン銀行ATMが設置されている店舗が多い。また、東京スター銀行の店舗外ATM(小型機種)が設置されている店舗もある。マックスバリュ中部 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・シラク

    ジャック・シラクから見た東京スター銀行東京スター銀行

    フランスの週刊紙カナール・アンシェネはシラクが大統領を退任した直後の2007年5月23日に、シラクが日本の旧東京相和銀行(現東京スター銀行)に巨額の隠し口座を持っていたとされる問題で、近くフランス捜査当局から事情聴取を受ける可能性が高いと報じた。5月16日に退任したシラクは1か月後に訴追免除の特権が切れたため、同年7月19日に聴取された。この疑惑にシラク本人はマスコミの取材に対し、「真実と名誉のために戦う」と宣言。「事件に関する好き勝手な発言は認めない。(有罪と立証されるまでは無罪であると定めた)推定無罪の原則を踏みにじるものだ」と述べた。ジャック・シラク フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示

「東京スター銀行」のニューストピックワード