117件中 41 - 50件表示
  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た預金

    預金残高を超える金額がオーソリ(承認行為)を経ずに請求されることで発生した立て替え分が、回収に至らず損失になってしまうケースが発生」したことが撤退の原因と、経済誌『ZAITEN』2009年1月号が報じた。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た株式

    2月4日 - 東京証券取引所が東京スター銀行の株式を監理ポストに割り当て。この日、2月5日から国内の投資ファンドアドバンテッジ パートナーズが株式公開買い付け(TOB)を実施し、発行済株式と新株予約権の全ての取得を目指すことを発表したが、これが東証の上場廃止基準に該当する恐れが出たため。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た中国地方

    2009年(平成21年)5月20日 - 中国地方初の支店となる広島支店ファイナンシャル・ラウンジを開設。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た特許

    なお、日本国内で同様の住宅ローンを追随して発売しているのは2008年(平成20年)10月現在北日本銀行1・関西アーバン銀行2がある。このシステムが導入されて特許申請を行って以降、他行からかなりの数の導入希望があったが、東京スター銀行はそれを拒否し、独自性を守った。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たバイアウトファンド

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た三井住友信託銀行

    なお、旧長銀系の不動産担保融資大手のファーストクレジット (FC) は、同じローンスター傘下として同行と提携関係にあったが、ローンスターが2006年(平成18年)12月にFCの全株式を住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)へ譲渡したため、FCはローンスターの傘下を離れた。FCは現在、三井住友トラスト・グループの一員として、同社と提携関係にある。なお、現・代表執行役社長の入江優は旧住信出身である。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た承継銀行

    2003年(平成15年)3月3日 - 日本承継銀行から中部銀行の営業の一部を譲り受ける。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たファーストクレジット

    なお、旧長銀系の不動産担保融資大手のファーストクレジット (FC) は、同じローンスター傘下として同行と提携関係にあったが、ローンスターが2006年(平成18年)12月にFCの全株式を住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)へ譲渡したため、FCはローンスターの傘下を離れた。FCは現在、三井住友トラスト・グループの一員として、同社と提携関係にある。なお、現・代表執行役社長の入江優は旧住信出身である。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たシティバンク銀行

    3月3日 - 北海道初の支店、札幌支店ファイナンシャル・ラウンジを開設(空中店舗)。北海道への銀行支店の進出は、シティバンク、エヌ・エイ(現・シティバンク銀行)の札幌支店以来9年ぶり。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た三菱東京UFJ銀行

    この施策について、自行ATMの利用者を増やすことで提携行から徴収する手数料をATMの運営費用に充てる東京スター銀行の手法に不満を持った三菱東京UFJ銀行 (BTMU) が2008年(平成20年)11月4日より東京スター銀行との間のATM・CDオンライン提携契約を解約する事態となり、東京スター銀行のATMではBTMUのキャッシュカードが利用できなくなった。このBTMUの方針に対して、逆に東京スター銀行は、BTMUがMICSの規約に違反しているとして、BTMUに対してATM・CD提携の再開と損害賠償を求める訴訟を提起する事態となっている。BTMUとの訴訟は、一審の東京地方裁判所(福井章代裁判長)ではBTMU側が東京スター側に支払う銀行間手数料が著しく不均衡であったこと、銀行間手数料引き下げについて2年以上協議が行われた上での解約であることから「(BTMUの措置は)不誠実な対応とは言えず解約は有効」として東京スター銀行の請求を棄却する判決が下され、東京スター銀行が東京高等裁判所に控訴していたが、2011年12月21日にATM提携再開に向けた協議を開始することなどを骨子とした和解が成立し、控訴を取り下げている。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「東京スター銀行」のニューストピックワード