117件中 51 - 60件表示
  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たセブン銀行

    4月1日 - 仙台支店ファイナンシャル・ラウンジを、仙台トラストタワー(正確には、トラストシティプラザの区画内)5Fへ移転し、空中店舗化。営業時間は窓口のみ平日の9:00から17:00までとなり、仮設店舗設置前まで窓口営業していた土曜日は以後休業となる。ATMは非設置のため、窓口営業時間外はトラストシティプラザ1Fに単独設置されているセブン銀行ATMを有料で利用する形となる。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たりそなショック

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た株式合資会社

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たセゾングループ

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たシティバンク、エヌ・エイ (在日支店)

    3月3日 - 北海道初の支店、札幌支店ファイナンシャル・ラウンジを開設(空中店舗)。北海道への銀行支店の進出は、シティバンク、エヌ・エイ(現・シティバンク銀行)の札幌支店以来9年ぶり。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たみずほ銀行

    伊豆大島(東京都大島町)に大島支店が存在していた。人口が8500人程の大島町に存在していた理由として、中部銀行大島支店が存在し、譲渡時に島内唯一の第二地方銀行であった(都市銀行ではみずほ銀行の出張所が存在する。地銀は所在しない)ことからしばらくは引き継がれたが、後に2009年(平成21年)6月19日の営業をもって窓口・ATMともに廃止された。業務継承店は本店営業部(本店フィナンシャル・ラウンジ)となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た北日本銀行

    なお、日本国内で同様の住宅ローンを追随して発売しているのは2008年(平成20年)10月現在北日本銀行1・関西アーバン銀行2がある。このシステムが導入されて特許申請を行って以降、他行からかなりの数の導入希望があったが、東京スター銀行はそれを拒否し、独自性を守った。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た東京証券取引所

    2007年(平成19年)12月、国内資本の投資ファンド会社であるアドバンテッジ パートナーズ(AP)が東京スター銀行の買収を発表。APが組成したケイマン諸島籍の4つの特別目的会社形態の投資ファンドを通じて同行の株式1株あたり36万円で株式公開買い付け (TOB) を実施すると発表した。ローンスターがTOBに応じ、更に定款変更による全部取得条項付与によりアドバンテッジ パートナーズのファンドが東京スター銀行を完全子会社化する事とした。これに伴い、東京スター銀行は2008年(平成20年)7月27日付けで東京証券取引所を上場廃止になった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た第二地方銀行

    株式会社東京スター銀行(とうきょうスターぎんこう、英称:The Tokyo Star Bank, Limited)は、東京都港区赤坂に本店を置く第二地方銀行である。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た都市銀行

    伊豆大島(東京都大島町)に大島支店が存在していた。人口が8500人程の大島町に存在していた理由として、中部銀行大島支店が存在し、譲渡時に島内唯一の第二地方銀行であった(都市銀行ではみずほ銀行の出張所が存在する。地銀は所在しない)ことからしばらくは引き継がれたが、後に2009年(平成21年)6月19日の営業をもって窓口・ATMともに廃止された。業務継承店は本店営業部(本店フィナンシャル・ラウンジ)となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「東京スター銀行」のニューストピックワード