117件中 81 - 90件表示
  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たJ-Debit

    J-Debit - 現在でも利用可東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たベルギー

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た合同会社

    APは買収資金の一部を新生銀行・あおぞら銀行・地方銀行などとローンスターからの融資で賄い、傘下のファンドが保有する東京スター銀行の株式配当を返済資金の原資とする契約であったとされた。しかし世界金融危機の影響で赤字決算が続き配当が低迷したことで、ファンドは利払いするメドが立たなくなり、2011年(平成23年)1月にAPは買収資金を融資した銀行団へ債務不履行を通告した。このため、ローンスター・新生銀行を始めとする融資先が組成した特別目的会社「シャイニング・スター合同会社」と「アライド・ホールディングス合同会社」がAPの所有する投資ファンド全株式を取得し、結果的に最大の融資元であったローンスターが再度筆頭株主になった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たMICS

    この施策について、自行ATMの利用者を増やすことで提携行から徴収する手数料をATMの運営費用に充てる東京スター銀行の手法に不満を持った三菱東京UFJ銀行 (BTMU) が2008年(平成20年)11月4日より東京スター銀行との間のATM・CDオンライン提携契約を解約する事態となり、東京スター銀行のATMではBTMUのキャッシュカードが利用できなくなった。このBTMUの方針に対して、逆に東京スター銀行は、BTMUがMICSの規約に違反しているとして、BTMUに対してATM・CD提携の再開と損害賠償を求める訴訟を提起する事態となっている。BTMUとの訴訟は、一審の東京地方裁判所(福井章代裁判長)ではBTMU側が東京スター側に支払う銀行間手数料が著しく不均衡であったこと、銀行間手数料引き下げについて2年以上協議が行われた上での解約であることから「(BTMUの措置は)不誠実な対応とは言えず解約は有効」として東京スター銀行の請求を棄却する判決が下され、東京スター銀行が東京高等裁判所に控訴していたが、2011年12月21日にATM提携再開に向けた協議を開始することなどを骨子とした和解が成立し、控訴を取り下げている。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た機関保証

    当初は自宅を抵当権(順位は住宅ローン以下)設定する有担保型ローンであったが、2006年(平成18年)頃よりTSBキャピタルの信用保証による無担保融資となったため、自家保有者以外でも申込できるようになった。申込にあたっては、審査の結果次第で融資額が決定される流れとなっている。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た株主

    当初はアメリカのバイアウトファンド企業であるローンスターが組成したベルギー籍の株式合資会社形態のファンドを通じて筆頭株主として積極的な支援を行い、東京信用組合・東京中央信用組合・千葉県商工信用組合・中部銀行の営業の全て若しくは一部を譲り受け、東京スター銀行に継承させた他、西友のノンバンクで1990年代からの多額の不良債権により破綻状態であった(西友の経営不振とそれに伴うセゾングループ解体の元凶ともされる)「東京シティファイナンス (TCF)」グループ3社、りそなショックに伴うリストラ策でりそなグループの「総合住宅ローン」を買収。これを統合し「TSBキャピタル」となった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たリテール

    日本初24時間稼働のATMとテレホンバンキングなどで認知された東京相和銀行の一部店舗を大幅改装、または新規出店による「ファイナンシャル・ラウンジ」という新型店舗を全国主要都市を中心に順次展開し、高利回りの円定期預金、預金連動型住宅ローン、カードローン、外貨預金、投資信託・年金保険など新生銀行と似通いながらもリテールに特化したサービスの提供で業容を拡大している。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見た監理ポスト

    2月4日 - 東京証券取引所が東京スター銀行の株式を監理ポストに割り当て。この日、2月5日から国内の投資ファンドアドバンテッジ パートナーズが株式公開買い付け(TOB)を実施し、発行済株式と新株予約権の全ての取得を目指すことを発表したが、これが東証の上場廃止基準に該当する恐れが出たため。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たケイマン諸島

    2007年(平成19年)12月、国内資本の投資ファンド会社であるアドバンテッジ パートナーズ(AP)が東京スター銀行の買収を発表。APが組成したケイマン諸島籍の4つの特別目的会社形態の投資ファンドを通じて同行の株式1株あたり36万円で株式公開買い付け (TOB) を実施すると発表した。ローンスターがTOBに応じ、更に定款変更による全部取得条項付与によりアドバンテッジ パートナーズのファンドが東京スター銀行を完全子会社化する事とした。これに伴い、東京スター銀行は2008年(平成20年)7月27日付けで東京証券取引所を上場廃止になった。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スター銀行

    東京スター銀行から見たBankTime

    また、2006年からサークルKサンクスとの提携によりコンビニATM「ゼロバンク」を展開していたが、当社側が契約更新を行わなかったことに伴って、2012年の7月から12月にかけて順次撤去され、BankTimeへリプレースされた。東京スター銀行 フレッシュアイペディアより)

117件中 81 - 90件表示

「東京スター銀行」のニューストピックワード